賃貸保証会社

賃貸保証会社の審査を業歴15年が暴露!これを見ればすべて解決!

スポンサーリンク

アドバイザー
賃貸保証会社の審査について業歴15年の私がすべて暴露していく記事になっています!なかなか審査に通らない方も、これから審査を受ける方で不安に思われている方、事前にしっかりと情報を入れておきたい方は必見です。

 

錯乱している賃貸保証会社の審査情報について、経験者が解説していきますので、信憑性には負けないのでご安心を!

 

又、今まで記事にしてきた内容を最新情報に修正、追記してお届けもしていきます。さらに今回の審査については『独立系』の賃貸保証会社の審査に限ります。

 

賃貸保証会社の審査に落ちる理由

賃貸保証会社の審査に落ちると言う事は理由がきっちりあるので審査に落ちます。

 

しかし、審査に落ちる理由を賃貸保証会社から教えられないので、審査に落ちた方は『???』になってしまうんですね。

 

代表的な審査に落ちる理由はこちら

  • 家賃滞納がある
  • 収入が少ない
  • 同居人、緊急連絡先、連帯保証人が理由で審査に落ちる

 

家賃滞納がある

家賃滞納がある中で賃貸保証会社の審査を受けても、審査に通りません。又、過去に家賃滞納していても同様です。

 

どれだけ内容がよくても家賃滞納履歴に引っかかれば一発アウト!賃貸保証会社には『家賃滞納履歴』の情報がしっかりと残っているので注意

 

賃貸保証会社は『家賃滞納履歴』にかなり敏感です。家賃滞納をしてしまうとかなり面倒なので、なるべく保証会社へ加入された方は保証会社へ家賃を立替されないようにしましょう。

 

アドバイザー

家賃を滞納してしまったけど、引っ越しに伴って再度、『賃貸保証会社の審査を受けないといけない!』なんて方に向けて過去記事をまとめています。該当する方は是非、ご参考に!

 

収入が少ない

そもそも、家賃を支払っていけない方を賃貸保証会社も審査には通しません。自身の収入をきちんと理解した上で適正な家賃価格の物件を選びましょう。

 

賃貸保証会社が審査でみる収入は家賃の3倍〜4倍の収入が申込者にあるか?ないか?を重要視しています。

 

無職の方はどうなるの?ってなりますが、この場合は『預金通帳』の残高で判断していきます。賃貸保証会社によって異なりますが、平均で半年分〜1年分の預金残高があれば審査に通る確率は高くなります。

 

アドバイザー

 

同居人、緊急連絡先、連帯保証人が理由で審査に落ちる

賃貸保証会社の審査に落ちる理由で実は、その元凶が申込者本人ではなく、周辺の方の理由で審査に落ちてしまう事があります。

 

特に一緒に住もうと思っている同居人だったり、お願いした緊急連絡先の方、せっかくなってもらった連帯保証人が家賃滞納していたり、過去にしていた、他の連帯保証人にもなっていたりすると審査に落ちるケースがあります。

 

なかなか見えないポイントになるので、事前に調べる事は困難を極めます。

 

 

賃貸保証会社の審査は何を調べるか?

賃貸保証会社が申込者に対して調べるポイントに関しては『審査に落ちる理由項目』と重なる所が多々あります。

 

それ以外のあまり知られていない『調べる』ポイントを解説していきましょう!

  • 勤務先を調べる
  • 転居理由を調べる
  • 人間性を調べる

 

勤務先

勤務先に信憑性があるか?ないか?は調べられます。例えば、賃貸保証会社の中には『電話連絡』を入れてわざわざ在籍確認をする保証会社もあるくらいです。

ちなみに在籍確認で申込者の勤務先へ電話連絡を比較的に入れてくる保証会社は?

  • 全保連
  • ジェイリース

 

アドバイザー
さらにはホームページで調べて、勤続先として記載されている会社名の確認が取れないようであれば審査に落としていました。

 

転居理由

転居理由も調べます。怪しい転居理由は審査に落ちます。例えば、職場は北海道なのに住まいを東京で借りるとか!あり得ません。でも、実際にあった事例です。(笑

 

このような『ちょっとおかしくない?』は保証会社もプロなので感づきます。

 

アドバイザー
基本的な転居理由って、『手狭になった』『職場が変わった』などが多いですね。

 

人間性

人間性を調べる?と言ってもピンッ!とこない方が多いと思いましが、賃貸保証会社中には審査時に『電話連絡』を入れて申込者の審査を進める場合があります。

 

この時に保証会社に対して最悪な態度を取る事は避けましょう。

 

アドバイザー
過去の例を引き合いに出すと、申込者が審査に協力しない・暴言を吐いてくる・電話連絡にまったく出ないなどはすべて審査に落ちます。

 

賃貸保証会社の審査日数

賃貸保証会社の審査日数は早ければその日中に結果が出ます。いづれにしても、そんなに時間がかかるものではないので認識しておきましょう。

 

  • 基本的には30分ほど
  • 電話連絡が入る審査には注意
  • 審査結果は代理店

 

どの保証会社も平均30分で回答

今はどの賃貸保証会社も審査に関してはスピードを重視しています。平均で30分回答を不動産会社さんに対して資料上で説明している保証会社が多いです。

 

ココに注意

  • 記載不備があると審査が遅くなる
  • 添付書類漏れがあると審査が遅くなる
  • 不動産会社さんが申込書をFAXできていないと審査が遅くなる

 

電話連絡が入る審査には注意

賃貸保証会社の中には審査時に『電話連絡』を入れてくる保証会社があります。この際になかなか電話連絡を取らないと当然ながら審査日数は長くなります。

 

ココに注意

  • 仕事中に保証会社から電話連絡が来るケースもあるので、着信があればなるべく折り返す
  • 着信拒否を解除しておく。どの番号からかかってくるか?確認しておく
  • 電話連絡が入るか?どうか?を事前に担当の不動産会社へ確認しておく

 

審査の結果は代理店である不動産会社にしかいかない

勘違いされている方も多いので、念のため申し上げておけば賃貸保証会社のすべての審査結果は代理店になっている不動産会社さんにしか伝えられません。申込者本人に直接伝えられる事はないので認識しておきましょう。

 

ココに注意

  • 申込者本人は審査の結果を代理店である不動産会社経由で聞く事になる
  • あまりに審査結果が遅い場合は不動産会社へ確認してみる
  • 審査NG理由は不動産会社にも伝えられないので、聞いても無駄

 

賃貸保証会社の審査時に必要な書類まとめ

賃貸保証会社の審査を受ける際には『本人確認書類』を提出しないといけません。特に提出として多いのが

  • 免許証
  • 健康保険証

 

アドバイザー
上記2点、どちらかを本人確認書類として提出されるケースがほとんど!ほとんどの方が常日頃、携帯していると思うので、提出しやすいのが理由です。

 

その他の本人確認書類として認められる書類

免許証も保険証もない!って方はこの他にも『本人確認書類』として認められる書類があります。

 

  • 本人確認書類
    (運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・住民票のいずれか)
  • 外国人登録証明書
    ※外国籍で在留資格がある場合

 

審査の状況によって提出を求められる書類

審査の状況によって賃貸保証会社が追加書類として提出を求めていく書類が下記です。

  • 収入証明書類
    (給与明細書・源泉徴収票・失業保険受給資格者証・年金支払い通知書・確定申告書など)
  • 学生証
  • 内定通知書

 

アドバイザー
追加書類を求められた時はネガティブに考えないように!なぜなら賃貸保証会社も審査に通したいから追加書類を求めているからです。

 

保証会社の審査が厳しいを業歴15年がランキング化!

各々の賃貸保証会社は審査基準がそれぞれ違います。又、そこには審査がゆるい・厳しいが存在します。

 

特に業界内にいる私が『ここは審査が厳しいな』をランキング化してみました。

 

審査が厳しい保証会社:第1位

第1位

全保連

審査基準 高め
本人確認電話 基本的に入れてくる
勤務先への電話連絡 基本的に入れてくる
アドバイザー
業界内でも審査が厳しい印象が強く持たれている全保連。これは、審査に落ちてしまう事が多い為にくる印象でしょうね。

 

審査が厳しい保証会社:第2位

第2位

ジェイリース

審査基準 高め
本人確認電話 基本的に入れてくる
勤務先への電話連絡 基本的に入れてくる
アドバイザー
以前に赤字に転落。今では立て直してきているが、この苦い経験からか一気に審査基準が高くなり審査が厳しいと評判です。

 

審査が厳しい保証会社:第3位

ココがダメ

エルズサポート

審査基準 一部で高め
本人確認電話 基本的に入れない
勤務先への電話連絡 基本的に入れない
アドバイザー
審査基準はそこまで高くはありませんが、緊急連絡先は必ず『日本国籍の身内でなければならない』など変な縛りがある保証会社です。

 

まとめ

最後にここまで読んで『やっぱり賃貸保証会社に入りたくない!』と感じている方は以下の記事をご参照ください。

 

ab

スポンサーリンク

-賃貸保証会社