賃貸保証会社

ビレッジハウスのゴキブリ問題を賃貸保証会社の社員が解決します!

スポンサーリンク

悩んでいる人
ビレッジハウスで『ゴキブリ』のキーワードをネットでよく見るけどやばい?

 

こんな悩みを解決していきます。

 

アドバイザー
賃貸保証会社歴15年!様々な経験を得てビレッジハウスについても熟知しています!



 

ビレッジハウスはゴキブリがやばい?

 

結論から申し上げれば、ビレッジハウスの賃貸物件でゴキブリは出ます!おおよそ高い確率です。

 

ビレッジハウスのゴキブリ問題は『物件の築年数の古さ』が大きく影響しています。

 

メモ

ビレッジハウスの物件

旧雇用促進住宅で物件はかなり築年数が古い。築年数が古いもだと建てられてから60年前と言うのもあり。部屋の中はリノベーションしているが、そもそもの作りが古い為、現代風の賃貸物件と比べても違和感を覚えるかも。又、水回りを見てもらうと、誰しもが古さを感じる。

比較的新しい物件も中にはあるが、全体的に築年数の古さは否めない。

 

 

ビレッジハウスのゴキブリ口コミ

アドバイザー
ちなみに、ビレッジハウスの賃貸物件といえども、出ない所は出ないので悪しからず。確率は高いと思いますが、、、。

 

築年数が古い賃貸物件でゴキブリが出る理由

そもそもゴキブリは湿気を好みます。こうなると時期によってはゴキブリが集まりやすい条件がそろいます。

 

また、古くなった木造物件は経年劣化による亀裂が生じ、そこからゴキブリが侵入します

 

こうなるとゴキブリも生息しやすい環境でもあるため、大量発生につながります。

 

アドバイザー

ビレッジハウスの構造はすべてが『鉄筋コンクリート』になりますが、ゴキブリ問題が出るのはやはり築年数の古さからくるのが大きいのでしょう。部屋にひび割れや亀裂、押し入れに謎の隙間などが原因になっているのでしょう。

ちなみにビレッジハウス以外での古い物件でも基本的にゴキブリは出ます。

 

古いアパートのゴキブリ対策

つまるところ、ゴキブリが出ようが、対策をしっかりと施せばまったく問題ありません。

 

住んでからでも簡単にできる対策は以下になります。

 

  • 隙間という隙間をテープで塞ぐ
  • 燻煙駆除剤を使う
  • 毒エサを置く

 

アドバイザー
対策さえしっかりと行えば誰でも快適な賃貸生活を送れますよ!

 

隙間という隙間をテープで塞ぐ

 

とにかく、古い物件には部屋中に隙間が多く存在します。ここからゴキブリは侵入してくるんです。

 

まずはゴキブリが侵入してきそうな場所に「隙間テープ」などを貼って隙間を埋めると効果的です。

アドバイザー
ビレッジハウスへ入居したらすぐに!ドアや窓の隙間を埋める事でゴキブリの侵入を防げますよ!100均でも売っていますので低価格での対応が可能です。

 

燻煙駆除剤を使う

燻煙駆除剤とは、「バルサン」などの煙が出るタイプの駆除剤です。

又、燻煙駆除剤を使う場合は入居前の何も荷物が入っていない状態の時が最適です。この時に部屋の隅々まで煙を行き渡らせると効果的です。

しかし、燻煙駆除剤を使用する際は、火災報知器が作動しないようにカバーをかけてから行うようにしましょう。

 

毒エサを置く

毒エサは、食べたゴキブリが巣に戻って、他のゴキブリも一緒に駆除する事が出来る優れものです。

 

万が一、ゴキブリが増えてしまった後でも、家具の後ろや冷蔵庫の下などに置いておけば簡単にゴキブリを駆除することが出来ます。

 

また、外からの侵入を防ぐために、玄関などに置いておいても効果的です。

 

アドバイザー

個人的にも毒エサでおすすめなのが、「ゴキちゃんグッバイ」理由としては業務用の本格派!くぐり抜けてきた場面が家庭用と比較しても違います。毒エサはそもそもの食いつきが悪ければ意味がないので食いつき4倍は十分な効果を発揮します!値段も安価で購入可能です。



ゴキちゃんグッバイ

 

対策さえバッチリ行えば快適な賃貸ライフを送れるでしょう。

 

ビレッジハウスはやばい?

全体を通しまして、『ビレッジハウスはやばいのか?』の考えもでてくるかと思います。

 

アドバイザー
やばいか?やばくないのか?と言えばその方の考え方次第と言うのが結論です。

 

例えば、ビレッジハウスの良さはいくつかあります。

  • 初期費用が0円で入居できる
  • 入居審査がゆるくどなたでも借りやすい
  • 賃貸保証会社への加入がない
  • 家賃が2万円〜と、破格な家賃設定が多い
  • 間取りが広く2DK〜3DKのお部屋が主流

 

このようにお部屋を借りる入居条件で『何を優先するか?』によってビレッジハウスの賃貸物件は人によっては魅力的なお部屋になります。

 

初期費用が0円で入居できる

ビレッジハウスは敷金、礼金、更新料なとすべて0円で入居できます。

 

仮にお金をかけられない状況で引っ越しを検討する際に下記のような費用でも引っ越しが可能です。

 

 

アドバイザー

他のお部屋を借りていれば20万弱の初期費用がかかるのに対し、ビレッジハウスであれば当月分家賃の日割りと翌月分の家賃を納めれば引っ越し可能!しかも、3万円を負担してくれる引っ越しサポートを利用すれば実質2万以下でも引っ越しが可能です。

敷金なし・礼金なし・更新料になし・全国47の都道府県に100,000室以上!

 

入居審査がゆるくどなたでも借りやすい

ビレッジハウスの入居審査はゆるいです。例えば、下記のような方でも、他のお部屋では断られてもビレッジハウスなら気兼ねなく入居できます。

 

  • 母子家庭
  • 高齢者
  • 外国人
  • 無職
  • 生活保護

 

アドバイザー
ビレッジハウスは独自の入居審査をしています。審査基準も低所得者に対する入居を推進もしているので安心です。又、中には『連帯保証人』を求められるケースもありますが、基本的には『緊急連絡先』でほぼ入居できます。

 

賃貸保証会社への加入がない

最近は賃貸保証会社への加入が入居条件になっている賃貸物件が普通になってきました。当然、保証会社へ加入となると、保証会社から審査をされます。

 

その点、ビレッジハウスは今時珍しく、保証会社への加入を入居条件にしていない数少ない賃貸物件になります。

 

あくまでもビレッジハウス側による独自審査を貫いています。又、保証会社への加入となると入居者側が負担をしないといけない費用の問題もでてきますが、こちらも負担なく入居できるので安心です。

 

家賃が2万円〜と、破格な家賃設定が多い

ビレッジハウスの魅力として、家賃が安い点は必ずあがってくる魅力です。

 

中には家賃2万円で2DKのお部屋が借りれるなんて事も珍しくありません。これだけの条件で他を見てみても中々ないのが現状です。

 

全体的にも家賃は低価格帯になっていますので、中には生活の立て直し目的で『一定期間をビレッジハウスを利用する』なんて方もいらっしゃる位です。

家賃20,000円台! 賃貸界の革命児

 

間取りが広く2DK〜3DKのお部屋が主流

中には一人暮らし予定でも気1Kの狭いお部屋には住みたくない!』って方もいらっしゃるでしょう。どことは言いませんが、某大手ハウメーカーが建てる賃貸物件は入居者を押し込んでいるようにしか見えません。

 

ビレッジハウスのお部屋に1Kなんて言う間取りは存在せず、いづれも2DK〜3DKのお部屋多いので、伸び伸びと賃貸生活を満喫されたい方には打ってつけのお部屋になるでしょう。

 

まとめ

今回はビレッジハウスのゴキブリ問題を取り上げました。

 

再度、簡単にまとめさせていただくと

まとめ

  • ビレッジハウスの賃貸物件でゴキブリは出る
  • 対策をしっかりと行えば他にはない魅力的なお部屋に生まれ変わる
  • 一定期間の目的で借りてみるのもメリットあり

皆様の賃貸ライフを応援しております。少しでもご参考になれば幸いです。

 

ab

スポンサーリンク

-賃貸保証会社