広告 賃貸保証会社

「賃貸保証会社への加入を避ける方法を業歴15年のプロが解説!」

スポンサーリンク

みなさんは、賃貸物件を探す際に、家賃保証会社に加入することを避けたいと考えたことはありませんか?

 

家賃保証コンサルタント
家賃保証会社は便利なサービスでもありますが、費用や条件面で入居者側には懸念点があることも多々ありますよね。

 

そこで、今回は家賃保証会社に入らずに、安心して賃貸生活を送るためのポイントや代替手段について、プロ目線でご紹介します。

 

賃貸保証会社は入居者が家賃を支払えない場合のリスクをカバーするサービスを提供しますが、一方で加入にはコストや条件面での課題があります。そのため、入居者とオーナーが信頼関係を築き、相互に納得できる方法を選ぶことも重要だと思っています。

 

信憑性

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社に15年以上在籍中。プロとしての経験・知見を活かし、入居者さんに向けた情報発信を中心に中の人だからわかる情報をわかりやすく解説します!

 

 

入居者としての信頼性をアピールしよう

Thomas-Suisse / Pixabay

 

家賃保証会社に加入しない代わりに、入居者自身の信頼性をアピールすることが大切です。具体的にはオーナーや不動産業者へ自分自身の収入の安定性や前の賃貸経歴、連帯保証人の有無などを示していくと良いでしょう。

 

入居者自身も、これらの要素を明確に示すことで、家賃保証会社に頼らなくても信頼性の高い入居者であることをアピールできます。

 

家賃保証コンサルタント
オーナーや不動産会社が入居者に保証加入してもらいたい最大的理由が「家賃を滞納されるのが怖い」からです。

 

 

連帯保証人をつける

 

連帯保証人をつけることは、入居者が家賃保証会社に加入する代わりになる一つの方法です。

 

連帯保証人とは、入居者が家賃やその他の債務を滞納した場合に、その債務を一緒に保証する人のことです。連帯保証人は入居者の信用力を補完し、オーナーや不動産業者にとって入居者の信頼性を高める助けとなります。

 

このことから、連帯保証人を付けることによって、オーナーや不動産会社に安心をしてもらい保証加入をしなくてもよい状況が作れるかもしれません。

 

収入の安定性を見せる

 

収入の安定性を示すことは、入居者として信頼性を高める上で重要なポイントです。

 

以下は、自分自身の収入の安定性を示すための具体的な方法とアドバイスです。

 

収入証明書の提出

 

収入の安定性を示すためには、収入証明書の提出が一般的な方法です。収入証明書には、給与明細、源泉徴収票、確定申告書などが含まれます。これらの書類を提出することで、自分自身の収入が安定していることを証明することができます。

 

雇用契約書や雇用保証書の提出

 

収入証明書以外に、雇用契約書雇用保証書を提出することも有効です。これらの書類には、雇用期間や給与条件が明記されており、自分自身の収入の安定性を示す助けになります。

 

収入の多様性をアピール

 

収入が一つの源泉に依存している場合、オーナーや不動産業者にリスクを感じられる可能性があります。収入の多様性をアピールすることで、収入の安定性を強調することができます。副業や投資収入など、複数の収入源を持っているのであれば、それらを全面的にアピールすると良いでしょう。

 

オーナーや不動産会社に交渉する

 

家賃保証会社に入りたくないのであれば、「交渉」するのが一番手っ取り早いでしょう。

 

以下、保証加入したくない場合の具体的な交渉方法を解説していきます。

 

不動産会社へ入りたくない旨を交渉する

 

まず、「入りたくない」と不動産会社へハッキリ伝えてください。そうすると間違いなく「なぜ?」がかえってきます。

 

ほとんどの不動産会社が「過去にやましい事があったのかな?」と思うと思いますが、まずは自らが切り出して言うことが大切です。

 

理由は伝えた方が良いので、コスト面などのネック点を素直にあげておくと良いと思います。

 

信頼性の高い入居者をみせる

 

勿論、家賃保証会社へ加入してもらうのが当たり前化している昨今、「はい。わかりました。」とはなかなかなりません。

 

ですので、自分自身が家賃滞納するわけがない信頼性の高い入居者と言うのをオーナーや不動産会社へ示さなければなりません。

 

信頼性を示す方法は冒頭でお伝えした方法が一番伝わりやすいと思います。

 

物件オーナーや不動産業者と良好なコミュニケーションを図る

 

オーナーや不動産会社と信頼関係を築いていくのは重要です。今回のタイトルも信用を勝ち取れば何ら問題ないと思っています。

 

この信用をいかに物件オーナーや不動産会社から勝ち取るか?が賃貸保証会社への加入を避ける近道です。

 

そう言った意味では、コミュニケーションは非常に重要なポイントになるでしょう!例えば不動産会社も自分の味方になってくれて、物件オーナーへ保証加入しない交渉を代わりにやってくれたら最高ですよね。

 

不動産会社とのコミュニケーションの取り方

 

不動産会社とのコミュニケーションの図り方を具体的に解説します。

 

積極的に質問をする

 

不動産会社とのコミュニケーションは、積極的に質問をすることから始めましょう。物件に関する疑問や不明点があれば、遠慮せずに尋ねることで納得のいく情報を得ることができます。また、相手の説明を理解するために質問を繰り返すことも大切です。

 

要件を明確に伝える

 

なぜ?保証会社に加入したくないのか?具体的な要件を明確に伝えることで、的確なサポートを受けることができます。

 

メールや電話だけでなく、直接訪問する

 

コミュニケーションは、メールや電話だけでなく、直接不動産会社に訪問することも大切です。対面で話すことで、相手の表情や態度を読み取ることができ、より深いコミュニケーションを築くことができるでしょう。

 

まとめ

 

賃貸保証会社への加入を避ける方法を業歴15年のプロが解説した内容をまとめます。

 

  1. 家賃収入の安定を重視する:オーナーや不動産会社とのコミュニケーションをしっかりと行い、家賃保証会社への加入を未然に防ぐことが必要です。
  2. 自分自身の信頼性:信頼性の高いところを見せることで、家賃収入のリスクを低減することをオーナーや不動産会社へアピールできます。過去の履歴や収入状況などを提出しましょう。
  3. 連帯保証人の確保:入居者から連帯保証人を付けることで、オーナーは家賃滞納時のリスクを軽減することができます。連帯保証人の確保は慎重に行い、信頼性のある人物を選びましょう。

 

 

これらの方法を実践することで、賃貸保証会社への加入を回避しつつ、安定した入居生活を行うことができます。ただし、リスクを完全にゼロにすることは難しいため、入念な準備と慎重な対策が不可欠です。

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-賃貸保証会社