広告 賃貸保証会社

賃貸保証会社を変更された!に、対応する術を業歴15年が解説します!

スポンサーリンク

賃貸保証会社に既に加入をされている方で、稀に賃貸保証会社の変更に関する通知を受け取る場合があります。「○○保証会社から何月何日に△△保証会社へ変更になります。」と言うイメージです。

 

これは、賃貸物件を管理している管理会社が変更されたり、賃貸人(物件オーナー)の所有者が変わると起こる現象です。

 

例えば、管理会社も賃貸人も必ず気に入っている保証会社があり、そこをメインで利用している節があります。

 

  • 自分の所に入る手数料が高い
  • 保証内容が充実している
  • 審査が早い
  • 審査が通りやすい
  • 企業規模が安心できる

 

それぞれの考えで変わりますが、上記いづれかの項目で優先的に利用したい保証会社が必然的に決まってくると言う感じです。

 

家賃保証コンサルタント
今回は賃貸保証会社の変更について、賃貸保証業歴15年以上の私が知見・経験をもとに皆さんに最新の情報を発信していきます!

 

 

 

賃貸管理会社や賃貸人変更で賃貸保証会社の変更がある

geralt / Pixabay

賃貸保証会社に加入されており、家賃滞納もなく健全に生活していても、突然に保証会社の変更を通告されるケースがあります。

 

家賃保証コンサルタント
管理会社や賃貸人は、自身や自社で既にメイン利用している保証会社を持ち合わせているからです。誰でもそうですが、「これだっ!」って言う自分だけのお気に入りは必ずありますよね。

 

賃貸物件の管理は管理会社同士の激しい取り合いの合戦が続いていますし、賃貸物件の売買も数多く行われていますので、所有者が変わる事も決して珍しいものではなくなりました。

 

ですので、今住んでいる賃貸物件が「明日にでも管理会社や賃貸人が変わるかも知れない?」なんて認識は誰しもが持っておくべきだと思います。

 

管理会社の変更を希望する賃貸人は多い

参照:こんな時、投資家は「管理会社」を変えたくなる

 

上記をみていただくとわかるように、一定数の方は管理会社を変更したい考えをもたれています。

 

理由としては

 

  • 客付けが弱い(空室が多い)
  • 当たり前のことができない
  • 勝手に割高な修繕をされた

 

このような不満を管理会社に対し持たれている賃貸人の方がいらっしゃると言う事です。又、例えばこのような声もあがっていたりしています。

 

ですので、入居者としても今住んでいるお部屋の管理会社が変われば、新たな保証会社に加入すると言う流れが同時についてきてしまうと言う事です。

 

賃貸保証会社を変更されても審査は基本的にある

 

管理会社や賃貸人都合によって勝手に保証会社を変更されても、残念ながら審査はあります。入居者にとっては迷惑でしかありませんが、、、。

 

理由としては賃貸保証会社も自社の審査基準に見合わない方の保証はしたくない考えが強いからになります。

 

例えば、審査基準が非常に高い保証会社がもともと審査基準が低い審査で通っている入居者を保証したいか?と問われれば、したくないのが本音でしょう。

 

特に審査基準が高い保証会社の特徴として家賃以外の保証内容が充実している傾向が強い為、なるべく滞納しない良質な入居者を保証したいと言う考えをもっています。

 

ですので、賃貸保証会社の変更がなされる通知や連絡が来た場合も入居者は原則、審査が改めて行われる認識をしておきましょう。

 

賃貸保証会社の変更に伴う審査に落ちる確率

参照:https://ieagent.jp/blog/chie/jid-shinsa-336602

 

賃貸物件に住まわれている入居者様の方で、管理会社が変わり、さらに保証会社を変更された場合は基本的に再審査が行われます。又、場合によっては新たな保証会社の審査に落ちる方もいらっしゃるかもしれません。

 

なぜなら、保証会社によって審査基準はそれぞれ異なる為です。

 

例えば、もともと審査基準が低い保証会社に加入しており、保証会社変更に伴って審査基準が高い保証会社へ加入しないといけない場合は当然にして、審査が厳しくなることが想像できるかと、、、。思います。

 

審査基準が比較的に高い保証会社

 

賃貸保証会社には

 

  • 独立系
  • 信販系

 

上記保証会社があります。特に信販系保証会社の審査基準は高く、理由として個人信用情報が審査に大きく影響を及ぼす事が挙げられます。

 

信販系の保証会社では例えば、クレジットカード事故、自己破産、消費者金融事故などがあると審査に通りません。

 

実際にこのような方が信販系保証会社の審査に落ちている声が多くあります。

 

ですので万が一、審査基準が高い信販系保証会社に変更になる際は場合によっては十分な注意が必要になります。

 

 

管理会社が変更されても保証会社が引き継がれる場合もある

 

管理会社が変わったとしても、そのまま現在の保証会社への加入のままのケースもあります。(※これが一番多いパターン)

 

理由としては、基本的にはどの保証会社も、管理会社が変更されても保証を引き継ぐ方針を持っています。

 

例えば、管理会社もお部屋に住まわれている入居者全員に保証会社を変更してもらおうとすると

 

  • 入居者全員に保証会社の変更案内を送らなければならない。
  • 入居者全員分の申込書を再作成して新たな保証会社の審査をしなければならない。
  • 審査が通った入居者から契約書を順次巻き直さなければならない。

 

このように、管理会社側にも一言で面倒くさい事務手続きが発生してしまうのです。

 

ですから、ここにリソースを割くのであれば今加入の保証会社でいいや!と言う考えも出てくると言う事なんです。

 

管理会社の変更があっても保証会社変更がなされなければ特に何もする必要なし

 

入居者の方が管理会社が変わるみたいだけど、保証会社は変わらないらしい、、、。と言う事であれば何もする必要はありません。

 

この理由は管理会社と保証会社でうまく調整が図れ、そのまま保証継続なされたからだと思います。

 

この場合は当然にして

  • 再審査の必要なし
  • 契約書の巻き直しも必要なし
  • 追加の費用負担なし

 

と、なります。

 

しかし、中には契約書の巻き直しだけは必要だったり、更新料を追加で徴収したりする場合もあるので、こればかりは案件で異なるので注意しましょう。

 

賃貸保証会社は選べるか?

 

賃貸保証会社の変更を何らかの形で打診された場合でも、保証会社選びの選択肢は入居者にはないと思っておきましょう。

 

私の今までの経験の中でも、一度も入居者に選ばせる事はどの管理会社もありませんでした。

 

その理由としても、いちいち入居者に保証会社を選択してもらっていたのでは「面倒くさくてやってられない!」と言う意見が大半を占めています。

 

例えば、各お部屋の入居者様に対し、一人づつ保証会社変更のお願いで訪問しないといけない事を想定すると、お部屋の戸数にもよりますが労力と時間の負担は大きくかかるのは避けられません。

 

ですので、大半の管理会社は入居者さんに保証会社を選ばせないであくまでも自己都合で保証会社を選ばせない選択をしている現状が少なからずあります。

 

選べない場合の注意点

 

保証会社を選べない場合には、その保証会社の審査基準や条件をよく理解し、提供される情報を正確に把握することが重要です。

 

選択の余地がない場合でも、信頼性や安定感のある保証会社を選ぶことも大切です。

 

賃貸保証会社に入りたくない

 

賃貸保証会社へ入りたくない方は、入居条件に保証会社加入を義務づけていない賃貸物件を選ぶ事がベストです。

 

実はこのご時世でも保証会社への加入を必須にしていない賃貸物件は少なからずあるからです。

 

例えば、「ビレッジハウス



全国エリアに10万戸の管理物件を持っており、入居条件に保証会社へ加入する事が条件になっていません。

 

ですので、「保証会社へ入りたくない」って方には「ビレッジハウス」でのお部屋探しがおすすめです。

 

 

ビレッジハウスのメリット

 

ビレッジハウスには入居者側にとっては嬉しいメリットが多々あります。

 

  • 初期費用が0円
  • 仲介手数料0円
  • 毎月家賃が0円(フリーレント対象で約1ヶ月分程度)

 

これだけ安い理由として、物件が古いという難点はあるものの、それを上回るメリットがあります。

 

例えば、毎月家賃が0円について、ビレッジハウスはフリーレントのサービスでかなりお得になっていたりします。

参照:https://lsk-sanin-hanbai.com/lent_campaign/villagehouse.php

 

家賃を払わないでお部屋に住めるなんて、ちょっと考えられません。

 

ですので、費用をかけずに引越しをされたい方にもビレッジハウスはかなりおすすめな賃貸物件と言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

賃貸保証会社を変更されてしまう場合は変更に伴う手続きや情報提供を丁寧に行い、新しい保証会社への移行をスムーズに進めることで、安定した賃貸契約を築くことができるでしょう。

 

皆様の賃貸契約変更が、快適な住まいと安心した生活への一歩となることを願っています。

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-賃貸保証会社