ビレッジハウスの評判

【最新版】ビレッジハウスは今でも本当にやばいのか?徹底検証!

スポンサーリンク

ビレッジハウス やばい」こんなキーワードでネット検索される方が多いです。

 

予想するに、、、。

 

「家賃が安い、審査がゆるいとの情報は得たけど、悪い噂も聞くし、もう少し情報を得てから検討するか、、、。」

 

「こんな考えをされる方が多いんだろうなー」とイメージします。

 

結論、ビレッジハウスの物件はやばいです!何がやばいか?

 

  • とにかく物件が古い
  • 住んでいる方の属性
  • ビレッジハウスの対応悪い

 

以上。

 

ちょっとやばいですよね(笑

 

アドバイザー
しかし、中にはこんなやばいデメリットを軽く超えて大きなメリットを感じる方もいらっしゃるのも事実です。(だから人気で空室がなかなかない)



 

今回はビレッジハウスの"やばい"を検証するとともに、どんな方に向いているかも合わせて徹底解説していきます!

 

ビレッジハウスはやばい?を感じる口コミの数々

geralt / Pixabay

 

アドバイザー
結論、口コミで唯一良い口コミは家賃が安い、、、。と言うことだけ。

 

以下、最近の口コミに絞って掲載!

 

これが現状です。

 

ビレッジハウスのやばい(その他編)

 

アドバイザー
結論、ビレッジハウスの''やばい''はまだまだある!

 

ビレッジハウスに入居を決めようか?悩まれている方!ビレッジハウスの賃貸物件での「やばい」口コミはまだまだあります!

 

こんなに''やばい''があるのに人気(入居率は高く空室少ない)なのは疑問ですが、、、。

 

他には騒音についてのやばさが垣間見える口コミがいくつかありますのでご紹介します。

 

どの賃貸物件にも騒音問題はありますが、ビレッジハウスの場合は住民の素行での騒音トラブルもいくつかあります。

 

そもそも住んでいる方の問題であればかなりやばいですね。

 

ビレッジハウスのやばいを物語る契約内容の中身

Aymanejed / Pixabay

 

アドバイザー
結論、ビレッジハウスとの契約には早期違約金がある!

 

ビレッジハウスと結ぶ賃貸借契約の中には「早期違約金」の記載があります。

これを簡潔に解説すると

  • 1年未満で退去するなら家賃の2ヶ月分払って退去してね!
  • 2年未満で退去するなら家賃の1ヶ分払って退去してね!

 

上記のような契約になっています。

 

ビレッジハウスのお部屋に住んでみたけど、口コミ通りで嫌になった!ってなっても違約金の兼ね合いで泣く泣く住み続けている方は多くいらっしゃいます。

 

この辺もビレッジハウスの"やばい"を象徴する部分ですね。

 

こんなビレッジハウスでも人気の理由

 

あまり宜しくない口コミが多いビレッジハウスですが、実は人気があります。

  • 「現在までに約7万世帯の新規入居者の申し込みを受け付け、入居率は65%まで上昇している」
  • 家賃は主に月額3万円台から設定。このため、新規入居申し込み者の5割近くが年収250万円未満。65歳以上の高齢者は1割、外国人は2割を占めるなど、賃貸住宅が借りにくいとされる低所得者や高齢者、外国人などへのセーフティネットとしての役割を果たしている。

参照:ビレッジハウス・マネジメント 「ビレッジハウス」の入居率が65%に

 

 

新規の入居者は後を立たないと言った所でしょうか?

 

旧雇用促進住宅をリノベーション!家賃は3万円から設定!

 

アドバイザー
結論、ビレッジハウスの物件はボロボロの旧雇用促進住宅をリフォームして低価格家賃での入居を可能にしているから人気!

 

ビレッジハウスのお部屋は

こんな感じ

さらには

 

どれもキレイにリフォームされています。

 

確かに、これで家賃が3万円代ならお得感はありますね。どんなに''やばい''と騒がれていようが、家賃の安さを1番重視している方にはオススメな賃貸物件と言わざる終えません。

 

新規入居申し込み者の5割近くが年収250万円未満

 

アドバイザー
結論、収入が低い方でも簡単に通る入居審査が強み!

 

ビレッジハウスの賃貸物件を借りる方はほとんどが低所得者になります。通常では入居審査で弾かれてしまう方でも簡単に入居審査が通る点は強みです。

 

他の賃貸物件では、なかなか入居審査に通らない方にとってはビレッジハウスの入居審査のゆるさは強みになるでしょう。

 

家賃保証会社に入らないでOK

 

アドバイザー
結論、今ある賃貸物件で家賃保証会社への加入条件がないのはビレッジハウスだけ!

 

ビレッジハウス以外の賃貸物件を借りる際に、場合によっては大きな壁になるのが「家賃保証会社の審査」です。

 

今ではほとんどの賃貸物件で家賃保証会社への加入が義務つけられています。又、そうなると家賃保証会社の審査基準に通過しなければなりません。

 

その点、ビレッジハウスの入居条件には家賃保証会社への加入条件が一切ありませんので、スムーズな入居を実現できる点は強みになります。

 

初期費用がとにかく安い

 

アドバイザー
結論、敷金・礼金は0円!又、仲介手数料も0円!

 

ビレッジハウスの賃貸物件は初期費用が0円で入居できる為、引越しに費用をかけられない方でも負担なくお部屋の契約ができます。



アドバイザー
ビレッジハウスは問い合わせ〜内覧〜契約までを不動産会社を介さずに自分自身で手続きできてしまうので、余計な出費がない点が強みになります。
初期費用としてかかるのは、前家賃と火災保険料のみ

 

 

ビレッジハウスはやばいが強くあるもののメリットも多大にあり!



それでは最後にもう一度、やばい点と強みであるメリットをまとめます!

 

やばい点

  • 物件が古い
  • 入居者の属性が悪い
  • 騒音問題
  • 契約に違約金の縛りあり
  • ビレッジハウス側の対応イマイチ

 

アドバイザー
逆にビレッジハウスの強みやメリットは

メリット

  • 初期費用が安い
  • 入居審査がゆるい
  • 家賃保証会社への加入がない
  • 家賃が安い
  • 仲介手数料が0円

 

ビレッジハウスの入居をご検討されている方は、やばい点とメリットをしっかり比較しながら検討することをオススメします。

 

又、ビレッジハウスでお部屋を借りる際は不動産会社に頼んでも紹介してもらえますが、仲介手数料がかかってしまうので、自負自身で手続きすることを合わせてオススメします!

\全国エリア対応可!初期費用0円入居/



 

ab

スポンサーリンク

-ビレッジハウスの評判