ビレッジハウス

ビレッジハウスは貧乏人の集まり?賃貸保証会社の社員が解説!

スポンサーリンク

悩んでいる人
ビレッジハウスって貧乏人が集まっているイメージ、、、。

物件もあまり良い評判を聞かない、、、。

 

こんな悩みを解決します!

 

アドバイザー
賃貸保証会社に15年在籍。入居者目線で最新の情報を日々、発信中です!



 

ビレッジハウス=貧乏人の集まり

 

ここは正直、間違いではないでしょう。理由としては?ビレッジハウスへ実際に住まわれている民度の関係が深くあるからです。

 

  • 生活保護の方が多い
  • 外国人の方が多い
  • 母子家庭の方が多い
  • 高齢者の方が多い
  • 何かしらの問題を抱えた方が多い

 

上記のような方が多く住んでいる為に、ビレッジハウスは『貧乏人』と言うイメージが付いているのだと思います。

 

アドバイザー
無論、上記のような方以外にも『目的』をもってビレッジハウスを敢えて選ぶ方もいらっしゃいます。ここは履き違えないように!

 

ビレッジハウスに住んでいる人

ビレッジハウスの実際の口コミを引用して、ビレッジハウス内の状況を調べてみると

住民の方の何かしらの不満は多々あるような状況がわかるかと思います。

 

ビレッジハウスは家賃が安い

ビレッジハウスの魅力の一つとして挙げられるのが、『家賃がとにかく安い!』です。

 

この家賃の安さを求めてビレッジハウスを選ぶ方が冒頭に挙げた方々とも言えます。普通に2DK、3DKの間取りでも家賃2万円〜なんて言うのもありますから、その安さに惹かれるものは往々にしてあるでしょう。

 

アドバイザー
例えば家賃6万円からビレッジハウスに引っ越しをして毎月3万円浮いた!なんて事になればかなり大きいです!

 

家賃のコストダウンにも使える

とにかく家賃が安いビレッジハウスではあるので、生活の立て直しにも利用できそうです。

 

例えば、今いる賃貸物件から家賃のコストダウンを図りたい場合にも検討できるでしょう。もしかしたら、今より広く間取りも取れて、さらに家賃を数万円減額なんて事も可能です。

 

初期費用が0円

2K、駐車場込みで家賃3万円以下なんて言う物件もごろごろあるビレッジハウス。

 

さらには初期費用も0円なので、お金がない方でも引っ越しを実現させる事ができます。

 

アドバイザー
敷金、礼金、更新料は0円!又、自分で契約の手続きを行えば仲介手数料も0円です。

 

ビレッジハウスのデメリット

ビレッジハウスでの『貧乏人』イメージは、費用面に関わる事が大きな要因になっています。確かに安い賃貸物件のイメージは私自身にもあります。

 

こんなビレッジハウスにもデメリットはあります。借りる決断をしていくにはしっかりとデメリットを把握してから判断していく事をおすすめします。

 

ビレッジハウスの騒音問題

ビレッジハウスのデメリットを語る上で『騒音問題』は避けては通れません。

 

例えば

  • 隣の部屋からの水の音が響く
  • 隣の部屋の生活音(話し声・テレビ音)
  • 外国人のマナー音

 

とにかく、『騒音』についてのデメリットは後を絶ちません。

 

もっと詳しく下調べしたい方は下記の記事もご参照に!

 

まとめ



 

とにかく『貧乏人』イメージがあるビレッジハウスですが、最後にまとめてしまえば、どこまで気にするか?だけだと言えます。

 

周りからの見え方やイメージを気にしないと言うのがあれば、ビレッジハウスの賃貸物件は良い方には良い物件と言わざる追えません。

 

ビレッジハウスに実際に住まわれている方も、不満がない訳ではないでしょう。しかし、一方では賃料等の節約が出来ていて、かつとてもコスパが良いと感じている方もいるのが事実です。

ab

スポンサーリンク

-ビレッジハウス