広告 ビレッジハウスの評判

ビレッジハウスの"やばい"を集めました!住むべき?住まないべきか!!

スポンサーリンク

悩んでいる人

  • ビレッジハウスの賃貸物件について、詳しく知りたい。
  • 実際に住んでいる方々の口コミや評判を聞いてみたい
  • ビレッジハウスが『やばい』と言われる理由を知りたい

 

このようなユーザー様の悩みを解決します。

 

家賃保証コンサルタント

何故なら、私自身も賃貸業界に15年以上身を置いており、ビレッジハウスの賃貸物件については"口コミ"・"噂"についても熟知しているからです。

 

しかしながら、正直に前もって伝えさせていただきますが、私自身は実際にビレッジハウスの賃貸物件に住んだ事はありません。ですので経験からの「生の意見」を言える立場でもありません、、、。

 

ですが、一部の意見や声にとどまらず、業界経験を生かして全体感を持ってお伝えできるので皆様には「検討しやすい内容記事」になっています。

 

今回は、業界人としてお部屋を紹介する不動産会社の実際の声や私自身が持つビレッジハウスについての情報と照らし合わせ、「やばい」を追求していきます。

 

家賃保証コンサルタント
今回、何故?「やばい」や「悪評」についてまとめたかと言うと、ビレッジハウスについてのやばい・悪評は非常に多いからです。(笑  

 

実際にビレッジハウスに住んでいる住民からこれほどまでに出るやばい・悪評も珍しいのかなぁと…。

 

これから、ビレッジハウスの賃貸物件を借りようと思われる方・悩んでいる方には当記事は「借りる・借りない」の十分な判断材料になるかと思います。

 

家賃保証コンサルタント
但し、ビレッジハウスの賃貸物件は人によっては、『やばい』や「悪評」を上回る、絶大的なメリットもあることを前置きさせていただき、この記事を進めて参りたいと思います。

Contents

「ビレッジハウスとは?」をまずは簡単に説明

参照:https://www.villagehouse.jp/chintai/chugoku/hiroshima/fukuyama-shi-342076/seto-6053/

 

簡潔に言って、ビレッジハウスの物件はいわゆる昔に国の事業で建てられた『雇用促進住宅』を指します。

 

全国エリアにて10万戸の賃貸物件を運営しており、2017年に制度廃止された『雇用促進住宅』を買収して低価格な賃貸物件の『ビレッジハウス』として賃貸を募集しています。

 

この雇用促進住宅を綺麗にリフォーム・リノベーションして提供し、低価格な家賃の賃貸マンション・アパートとして提供しているのが今回の『ビレッジハウス』の賃貸物件になります。

 

家賃保証コンサルタント
ビレッジハウスのお部屋で古い物件になると1960年代築~なんて物件もあります。今から築60年近く経過している古い建物も多く存在しています。

 

ビレッジハウスのお部屋

 

ビレッジハウスマネジメントが運営する『ビレッジハウス』の賃貸物件。実際の室内一部を見てみましょう。

 

古い、汚いなどの口コミが目立つビレッジハウスではありますが、部屋の中はリノベーションがしっかりされていてキレイです。

 

一部の方には非常に人気なビレッジハウスの物件

 

ビレッジハウスの賃貸物件は全国エリアにありますが、実は敢えてビレッジハウスの賃貸物件に住みたい方も多くいらっしゃいます。

 

理由としては、

 

  • 家賃が安い
  • 入居審査がゆるい(保証会社の加入もない)
  • 初期費用が安い

 

などのメリットが他の賃貸物件に比べて非常に良いからです。

 

なんだかんだ言われる事が多いビレッジハウスの物件ですが、エリアによっては「空室待ち」が出るほどの人気物件もあります。

 

ビレッジハウスの賃貸物件はやばい?

qimono / Pixabay

 

家賃保証コンサルタント

結論、ビレッジハウスの賃貸物件は''やばい"です。(笑

でもやばいなりのメリットも多大にあり!

 

具体的に「ビレッジハウス」の何がやばい?のかと言うと、、、。

 

  1. 物件建物がとにかく古い
  2. 入居者の属性が悪い(外国人、生活保護、高齢者、訳ありの方)
  3. ビレッジハウス側の対応が悪い

 

上記のような内容が挙げられます。

 

賃料も安く、入居審査にも通りやすく、さらには賃貸保証会社にも加入しないでも良い「ビレッジハウス」ではありますが、それなりのマイナス面も考慮しないといけません。

 

①物件が古い

 

ビレッジハウスはとにかく昔に建てられた物件でありますので、建物外観は勿論、室内の作りも古いです。

 

お部屋の中を実際に内覧してみると、すぐに違和感は感じるかもしれません。

 

賃貸物件が古い場合のデメリット

 

ビレッジハウスのような賃貸物件が古い場合、以下のようなデメリットが考えられます。

 

  • 建物が古いと、建材の劣化が進み、壁や天井、床などの耐久性が低下します。また、水漏れや断熱性の低下など、建物自体の問題が発生しやすい。
  • 古い物件は、設備の老朽化が進んでいる場合があります。たとえば、古いキッチンやお風呂、トイレなどは、使用感が悪く、故障のリスクが高い
  • 古い物件は、断熱性が低く、冬場は暖房費が高くなりがちです。また、設備の劣化により、電気代やガス代が高くなることもある。
  • 建物の古さにより、気密性が低下し、騒音や換気不良が発生しやすくなるため、生活環境が悪くなることがある。

 

上記に挙げた内容に関するネガティブな口コミは事実多くあります。

 

お部屋の内見時にはしっかりと確認が必要です。

 

②入居者の属性が悪い(外国人、生活保護、高齢者)

 

実際にビレッジハウスの口コミを見ていると、外国人の騒音や変な人とのトラブル事例は目にします。

 

物件によると思いますが、やはり家賃が安い・低価格なビレッジハウスではありますので、低所得者が集まります。これらの方が全て悪い訳では決してありませんが、近所付き合いや共用部分の利用の仕方など少なからずデメリットになっている点も注意が必要です。

 

家賃保証コンサルタント
物件を仲介される不動産会社さんも、低所得者(どこも相手にしない方)の方を中心におすすめしているのは否めません。

 

入居者の属性が悪い場合のデメリット

 

賃貸物件の「入居者の属性が悪い」場合、以下のようなデメリットが考えられます。

 

  • 入居者の属性が悪い場合、騒音やトラブルの発生率が高くなることがあります。例えば、夜間に大音量の音楽を流すなどの問題が起こる可能性がある
  • 入居者の属性が悪い場合、賃料の滞納が発生することがあります。こうなると犯罪につながる可能性もあります。
  • 入居者の属性が悪い場合、窃盗や壊し行為などの悪質な行為が発生する可能性があります。これらの行為は、賃貸物件そのものの状態を悪くするでしょう。
  • 入居者の属性が悪い場合、入居者の入れ替わりが激しくなることがあります。
  • 入居者の属性が悪い場合、信頼性の低い入居者が増加することがあります。

 

上記内容のようなデメリットがあるため、賃貸物件の入居者の属性が悪い場合は通常の生活を脅かす可能性も少なからずある事を事前に認識しておきましょう。

 

ビレッジハウスの物件は外国人の方が多い

 

又、ビレッジハウスの賃貸物件には外国人の方が多いです。何故なら、外国人の方が今の日本で賃貸のお部屋探しをするとなると、多少の壁にはぶち当たってしまうのが現状です。

 

しかし、ビレッジハウスの賃貸物件では、冒頭ではお話ししているように外国人の方でもスムーズに入居できる体制があります。

 

こうなると外国人の方が集中して多くなるのは必然的と言えます。

 

ビレッジハウスの治安

ビレッジハウスの賃貸物件に住まわれている方で、周辺の治安について気になされている方が多々いらっしゃいます。

 

実際に、住んでからの治安に不安を覚えていらっしゃる方もいるのが現実です。物件エリアにもよりますが、見過ごすこともできないでしょう。

 

理由は入居審査が低水準で通りますので、様々な方が入居してくることが挙げられます。このことからも、ここでの治安による評判も見過ごしてはいけません!

 

代表的な所でいけば、外国人の方が多く入居されている物件もビレッジハウスの賃貸物件には多くあると言うことです。

実際に住んでみて思うのは、住んでる半分は外国人なんじゃないかな?ってことです。聞こえてくる言葉は外国語が多いですし、厳つい車が止まってたりもします。

だからといって治安が悪いのか?というと、まだ実感はありません。治安というよりもマナーが悪いという印象ですね。

上記の口コミのようにやはり、物件によっては外国人の方が多くいらっしゃいます。

 

マナーの悪さは否めないかも?

 

ビレッジハウスの入居審査が甘いのが理由になります。だからと言って一方的に治安が悪いと決めつけるのはどうか?ですが、マナーの悪さは文化の違いもあり、否めない状況です。

 

ビレッジハウスへ入居を希望される方は、その物件にどの程度の外国人の方がいらっしゃるか確認してみてましょう。

 

又、ポジティブに考えれば色々な交流を楽しめる環境でもある!ってことですね!!

※ちなみに、物件によってはご高齢者さんが大半を占めている物件もあります。

 

③ビレッジハウス側の対応が悪い

 

ビレッジハウスの賃貸物件を運営しているのが『ビレッジハウスマネジメント』です。

 

株式会社ビレッジハウスマネジメントは、若者や外国人留学生向けのシェアハウスや、シニア世代向けの共同生活型住宅などを運営しています。

 

また、不動産開発やリフォーム、不動産コンサルティングなども手がけており、豊富なノウハウを持っているとされています。

 

しかし、室内の設備不良による問い合わせや、その他入居者の問いにもかなり時間を費やされる口コミが目に止まります。

 

家賃保証コンサルタント
私の方でもビレッジハウスマネジメントで働く社員はかなり忙しいらしく、対応もままならない悲鳴にも近い声を聞いています、、、。とは、言うもののなんですが。

 

ビレッジハウスの悪評の数々(住民談)

ビレッジハウスに実際に住んでいる方による、悪評についていくつかご紹介していきましょう!

 

ビレッジハウスって昔の雇用促進住宅だよね? 隙間風対策とか窓にプチプチであったない!とか見ると雇用促進住宅だもんなあ寒いよなぁってなる

 

窓の防寒対策してサーキュレーターも使ってるけど室温が全然上がらない。 ビレッジハウスが寒すぎるって動画作ろうかな。

 

ビレッジハウスって実際には廃墟みたいなとこ多いよね…。家賃が安いのも納得なんだけど。

 

真夜中のクラクション連打とデカイ音楽と外国語…勘弁してくれ ビレッジハウス…

⇨ビレッジハウスの騒音についての詳細記事

ビレッジハウス住んでるけど、本当に楽でない管理ですよ。退去時にかなり退去金払わされるし

⇨ビレッジハウスの退去についての詳細記事

実際に住んでみると……
・水圧がものすごく低くいため、シャワー中にお湯が水に変わることが多く、なんども点火しなおす感じでした。シャワーのお湯が、そよそよとした感じでしが出ないので、シャワーで体をあたためるとか無理でした。冬は無理と思いました。
管理会社に言っても、建物が古いのでなおせないとのことでした。

【2ちゃんねる含む】その他ビレッジハウスの口コミはコチラ

このように、ビレッジハウスの賃貸物件に住んでいる方のやばい・悪評については、かなり多く存在します。

 

皆さんが口にする全ての悪評が正しいのか?』はひとまずおいておきまして、ネガティブな口コミ自体に目を見張るものがあるのは事実です。

 

これからビレッジハウスの物件を借りる方においては、これらの口コミを参考に慎重なご判断が必要と言うことを認識しておいた方がよいと思います。

 

ビレッジハウスの風呂

 

最近のビレッジハウス物件で、口コミなどからお風呂を気になさる方が多くいます。これはビレッジハウスの物件は古く、中にはかなり見た目にも厳しいお風呂があるからでしょう。

 

 

どうでしょうか?一応、リノベーションしていますが、お部屋の構造上の問題もあって、狭いし古臭い感は正直、否めませんね、、、。

 

家賃保証コンサルタント
家賃相応と思うか?妥協するか?ビレッジハウスでお部屋を借りようとしている方にとって最も求められる課題でもあるでしょう。

 

ビレッジハウスのお風呂が古い場合のデメリット

 

賃貸物件のお風呂が古い場合、以下のようなデメリットが考えられます。

 

  • 古いお風呂は、汚れが付きやすく、カビや黒ずみが発生しやすいため、清潔感が低下します。
  • お風呂が古い場合、排水管が詰まりやすく、不快な臭いが発生することがあります。
  • 古いお風呂は劣化が進んでおり、水漏れが起こりやすいため、隣の部屋や下の階への影響が出ることがあります。
  • 古いお風呂は、水道設備が古く、節水効果が低くなっている場合があります。

 

実際の口コミでもビレッジハウスのお風呂については多数の方がネガティヴに言及しているので、借りる際は十分に注意が必要です。

 

しかし、下記のように物件によって追い焚き機能も付いたフルリノベーションできれいなお風呂もあります。

 

ビレッジハウスのメリット!「ゆるい入居審査」に助かる方は多い

 

悪評も多いビレッジハウスではありますが、一方で大きなメリットに感じる項目もいくつかあります。

 

中でも一番に目を見張るのが「入居審査面」の柔軟性ですビレッジハウスの審査はゆるく、連帯保証人を付けずとも、ほとんどの方が審査に通ります。

 

具体的には、

  • 生活保護の方
  • 外国人の方
  • 高齢者の方
  • 母子家庭の方
  • 無職の方
  • 自己破産している方
  • 借金がある方

 

上記のような方でも安心して入居審査を受けることができます。

 

緊急連絡先のみで可能

 

仮に申込者の方の年収が低かろうが、年金生活である高齢者の方であろうが、ビレッジハウスの審査には基本的にスムーズに通ります。勿論、すべての方が連帯保証人なしの緊急連絡先のみで入居できます。

 

※但し最近は入居審査面も厳しい状況になりつつあります。恐らくこれは、今まで入居審査をゆるく入居させてきた事による「家賃滞納」が多く発生してきた事が大きな要因であると思慮してます。

 

ビレッジハウスの「審査」口コミ

 

そうとは言え、他の賃貸物件と比較しても入居審査はゆるい傾向であると捉えてます。又、賃貸保証会社の加入も必要ない為、家賃滞納を経験された方でも安心して審査を進める事ができるでしょう。

 

 

家賃保証コンサルタント
他の賃貸物件で入居審査がなかなか通らない方であれば、ビレッジハウスのお部屋を検討してみるのも一つの手ですね。

 

 

ビレッジハウスは保証会社への加入が不要

 

ビレッジハウスの賃貸物件では入居条件になっている『賃貸保証会社』への加入すら必要ありません。ここまでの入居条件を持ち合わせている賃貸物件を全国で探そうと思っても、中々見つかる物でもありません。

 

しかも、全国に約100,000戸の管理物件を擁しており、すべての物件でこのような取り組みをされている会社としては、非常に珍しいと言わざるおえません。

 

こう言った意味でも、ビレッジハウスへの物件に入居を希望される方はあとを経ちませんし、エリアによっては空室がない状況も多々あるのが現状です。

 

 

ビレッジハウスの入居審査での「アプラス」の存在

参考

アプラスは、日本の消費者金融会社であり、主にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどの金融商品を提供しています。また、アプラスは、生活向上型クレジットカードの発行や、ポイント交換サービス、ショッピングモールの運営なども手がけています。

アプラスは、2006年に設立され、以来、積極的な広告展開を行い、知名度を高めてきました。アプラスの特徴は、即日融資や最短30分での審査結果の通知など、手軽に利用できるサービスを提供していることです。

 

ビレッジハウスの入居審査では度々「アプラス」の存在が取り出されます。アプラスは「信販系」の家賃保証会社でもありますので、「入居審査に大きく影響されるのではないか?」のユーザーからの心配が出てくる為です。

アプラスのような信販系の家賃保証会社はクレジットカード系の審査になる為、クレジットカード事故、自己破産、任意整理、携帯料金支払い滞納、消費者金融での借金があると審査に通らない

 

家賃保証コンサルタント
しかしながらご安心を!ビレッジハウスはアプラスの入居審査を導入している訳ではありません。あくまでも独自審査を貫いています。

 

ビレッジハウスでの「アプラス」の存在は、入居者が毎月の家賃支払いをする際に、口座振替をするためだけの『収納代行会社』の役割をしているに過ぎません。

 

ですので、「アプラスの保証に加入しないといけない、、、。」と言う訳ではありませんのでご勘違いされないように!

 

最近はビレッジハウスの入居審査に落ちる方も増加傾向

 

審査がゆるいイメージのビレッジハウスではありますが、最近は厳しいとの口コミが増加しています。

家賃保証コンサルタント
以前は、本当に誰でも通るイメージ!まさに来るもの拒まずの精神イメージでした。

 

確かに、私個人的な目線で見てもビレッジハウスの物件内では家賃滞納はかなり多く発生していると思います。(今まで誰でも入居させているので、、、。)

こうなると入り口の入居審査を見直すのは必然的な流れ!気になる方はお早めに抑えておいた方がいいでしょう!恐らく今後はさらに厳しくなる可能性もあります。

 

家賃保証コンサルタント
さらに、審査が通りやすいとは言え、家賃を支払っていける根拠がなければいくらビレッジハウスでも審査に通さないってことだけは認識しておきましょう。

 

ビレッジハウスのキャンペーンが凄い!

 

ビレッジハウスの審査がいくらゆるくても、費用面での懸念は少なからず出てきます。

 

例えば初期費用や家賃など…。

 

そんな中、ビレッジハウスは初期費用(敷金・礼金・更新料・仲介手数料)が0円で入居できます!(条件あり)

 

あくまでも一例ではありますが、下記のように引越しには多々、初期費用がかかってしまいます。

 

参照:https://hikkoshizamurai.jp/price/initial-cost/

 

平均でも、なんだかんだで初期費用は通常ですと30万くらいはかかってしまいます。

 

家賃保証コンサルタント
しかし、ビレッジハウスであれば初期費用が0円で抑えられますので、通常と比べても引越し時の費用負担がかなり抑えられるのは言うまでもありません。

 

ビレッジハウスの初期費用は0円

 

上の図はビレッジハウスの公式サイトで掲載されている他社との比較図ですが、お部屋を借りる際に必要な初期費用を最大で93%のカットが実現できます。ちなみに家賃は45,000円を想定とされて、金額が算出されています。

 

ビレッジハウスのキャンペーンを駆使すれば、たった16,500円の初期費用で入居」ができてしまうのは、ビレッジハウスの物件の凄さですね。

 

最大30,000円引っ越しサポートとフリーレント1ヵ月

参照:https://www.villagehouse.jp/

ビレッジハウスのキャンペーンを利用すれば、かなりお得に入居できてしまうのがなんとなくおわかりになったと思いますが、

 

もう少しわかりやすくシュミレーションしてみましょう!

 

ココがポイント

例 - 9/15より45,000円の部屋に入居する場合

  • 当月日割り家賃(9月分)        24,000円
  • 翌月分前払い家賃(10月分) 45,000円
  • 引っ越しサポート      -30,000円

※別途保険料がかかる場合が有り

10,000円

初期費用合計:79,000円−30,000円(引越サポート差し引き)

初期費用合計 | 49,000円

 

これだけの費用負担で一つのお部屋が借りれます。他社と比較してもかなりお得に引越しできるのは誰しもがわかって頂けるのではないでしょうか。(※ビレッジハウスの賃貸物件は基本的に敷金、礼金は無し)

 

 

ビレッジハウスの引越しサポートも見逃せない!

 

又、引越しサポートのキャンペーンに加えフリーレントがさらに1ヶ月付いているのも見逃せません!

 

フリーレント適用で1ヶ月は家賃が0円になるので、初期費用を支払って入居後、入居者さんの実質の初回の家賃支払いは3ヶ月先になります。

 

大分、家計にも楽ですね。

※引っ越しサポート適用外の物件もあります。
※フリーレント適用外の物件もあります。
※ペット飼育の場合、別途敷金が必要な場合もあります。

 

ビレッジハウスのオプションも桁外れ!

お部屋へ住む際に、最初の最初に必ず必要になってくる『カーテン&リーシングライト』実はこれもビレッジハウスのキャンペーンを利用しちゃえば実質0円で揃えちゃえます。

 

例えば、ビレッジハウスから貰える引越しサポートの3万円を生活スタートに必要な入居者限定価格で購入できるカーテンやリーシングライトの購入費用に充てれば、入居者さんの費用負担がありません!

 

家賃保証コンサルタント
既に持っている方は別としても、どのみち必要な生活必需品なので、入居者限定でお得にゲット!できるのであれば、利用してみても良さそうですね。

 

ビレッジハウスの仲介はどこの不動産会社で出来る?

 

全国に100,000戸もの管理物件を擁しているビレッジハウス。ビレッジハウスのお部屋は、町の不動産会社のほとんどが取り扱いできますので、お近くの不動産会社に行って

 

『ビレッジハウスのお部屋を紹介して!』と、言えばすぐにでも紹介してくれるでしょう。

 

しかし、不動産会社を介してお部屋の仲介をお願いすると、【仲介手数料】がかかります。

 

基本的には、家賃の55%〜100%を仲介手数料として不動産会社へ支払わないといけません。仮に100%であれば家賃の1ヶ月分になりますので、通常では中々の費用負担を余儀なくされます。

 

ビレッジハウスは仲介手数料も0円に出来る!

 

実はビレッジハウスのお部屋へ入居する際に、仲介手数料を0円」に出来る方法があります。

 

それは、ビレッジハウスの公式サイトから自ら問い合わせ〜内覧〜契約する方法です。

 

ビレッジハウスの賃貸物件は、街の不動産会社も取り扱いがあるものの、お部屋を探されているユーザー(入居者)自ら契約できるようになっています。

 

身構える程の難しい手続きではないので、誰でも簡単にできちゃいます。

抽選なしですぐ住める格安物件探しなら、今すぐ検索!

ビレッジハウスで仲介手数料を0円にする!

 

ビレッジハウスのホームページは充実していますし、スマホからでも誰でも簡単に物件検索できるようになっています。

 

又、忘れてはならないのが不動産会社を通してお部屋を契約すると仲介手数料が必要になる為、自分自身で手続きすれば余計な出費も抑えられます!

 

是非、一度ご自身でビレッジハウスのサイトを覗いてみては如何でしょうか?

 

〉〉 家賃20,000円台! 賃貸界の革命児

 

ビレッジハウスが底辺と言われる理由

 

ビレッジハウスの賃貸物件に住まわれる方は底辺の方が多いと言う噂が多くあります。

 

この理由は、入居審査にも関わっているのですが、社会の中でも弱者といわれてしまうような方達も、ビレッジハウスに住める事から来ていると思います。

 

実際、入居審査はゆるく、基本的にはどなたでも審査に通るものと思います。そう言った意味では様々な方々がビレッジハウスには住んでいる為、このような評判に波及しているものと思います。

 

ビレッジハウスの民度

 

ビレッジハウス賃貸物件の特徴は

  • 家賃が安い
  • 入居審査が通りやすい
  • 保証会社への加入が必要ない
  • 初期費用がかからない
  • 仲介手数料もかからない(※不動産会社を介さずに自分で契約できます。)

 

このようなメリットがある為、正直、他物件では入居できないような方が多く住まわれています。

 

具体的には

  • 高齢者
  • 外国人
  • 生活保護者
  • 母子家庭
  • 訳ありの方

 

このような様々な方々が住まわれている事を認識しておいた方が良いでしょう。

 

ビレッジハウスとURの賃貸

 

ビレッジハウスを検討される方がよく比較されるのが、「URの賃貸」になります。

 

審査面、家賃、保証会社不要など入居条件がビレッジハウスと似ている点が主に挙げられるからです。

 

結論的にURの賃貸も検討できる賃貸物件には変わりないのですが、メリット・デメリットは当然のように出てきます。しっかりと自身の状況に合わせた判断をするべきでしょう。

 

ビレッジハウスの良い口コミ

 

ネガティブな悪評も多くあるビレッジハウスですが、一方ではこんな口コミも多く目にします。

 

 

メリット・デメリットをしっかりと比較するのは勿論、現在ご自身がおかれている状況を加味しても判断がしやすいかも知れません!

 

ビレッジハウスの契約までの流れ

 

ビレッジハウスの賃貸物件を借りたい際に契約するまでの流れを簡潔に解説します。

 

お部屋の内見を申込

 

ビレッジハウスの内見は、公式サイトの「問い合わせはこちら」アイコンから申し込めます。管理会社の人が立ち会うため、日程調整が必要です。内見の日程は1~2日で決まります。申し込みは電話でも可能ですが、メールがスムーズです。

 

実際にお部屋を見てみる

 

内見当日、管理会社の人が部屋で待っています。質問などがあればこのタイミングでどんどん聞いてみると良いでしょう。

 

実際の住人の雰囲気や年齢層などについても聞くことができるかもしれませんが、詳しい契約内容はビレッジハウスに問い合わせてください。

 

申込

 

部屋が気に入ったら、入居申し込みを行います。申し込み用紙には、名前、住所、連絡先、勤務先や年収などを記入し、管理人さんに提出します。加えて入居審査のために、身分証明書や収入証明書の写しをメールかFAXで提出します。審査結果は通常2日から1週間ほどかかり、通過すれば契約の連絡があります。

 

賃貸契約書の提出

 

入居審査が通過したら、賃貸契約書を提出します。コンビニでプリントアウトして必要事項を記入し、メール添付またはFAXでビレッジハウスに送信します。

 

日割り家賃・翌月家賃を前払い

 

契約が完了したら、入居日から月末までの分と次月の家賃を指定口座に振り込みます。その後、ビレッジハウスでは最初の支払いのみ振込みで、以降は自動引き落としとなります。

 

ビレッジハウス内見の予約について

 

ビレッジハウスの公式ページでは近隣の物件を検索し、内見予約を行うことができます。24時間対応のお問い合わせフォームもあり、手続きが簡単です。気になる点はメッセージで残せます。不動産会社経由だと仲介手数料がかかる可能性があるので、公式ページからの手続きがお得です。

 

まとめ

 

ビレッジハウスの賃貸物件に住んだら住んだで、物件によっては多少たりとも支障がでる可能性あり

② 審査がゆるく、保証会社の審査もないので、審査に自信がない方にはおすすめ

③ 初期費用や家賃(エリアによる)が圧倒的に安い!費用コストをかけたくない方には充分に満足できる

 

正直、世の中には古い賃貸物件はたくさんあります。さらに低家賃の賃貸であれば尚更です。たまたまビレッジハウスは管理戸数が思い為に目立ってしまっているだげの所は多大にあるかと思います。

 

家賃保証コンサルタント
結論、ビレッジハウスの賃貸物件は誰にでもおすすめ出来る!と言うよりは、お部屋選びのポイントや優先順位が合致すれば、人によっては圧倒的なパフォーマンスをしてくれる!と言った所ですね。

 

\圧倒的なコスパの良さ/

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-ビレッジハウスの評判