ビレッジハウスの悪評を集めました!住むべき?住まないべきか!!

ビレッジハウスの評判
この記事は約8分で読めます。

ビレッジハウスの賃貸物件について、詳しく知りたい。』

『実際に住んでいる方々の口コミを聞いてみたい』

このような悩みを解決します。

 

何故なら、私自身も賃貸業界に10年以上身を置いており、ビレッジハウスについては熟知しているからです。

しかしながら、私自身は実際にビレッジハウスの賃貸物件に住んだ事がないので、生の意見を言える立場でもありません。

今回は、私自身が持つビレッジハウスについての情報と照らし合わせ、実際に住まわれた方の悪評についてまとめました。

何故?今回、悪評についてまとめたかと言うと、ビレッジハウスについての悪評は非常に多いからです。(笑

実際に住まわれた住民からこれほどまでに出る悪評も珍しいのかなぁと…。

これから、ビレッジハウスの賃貸物件を借りようと思われる方には、十分な判断材料になるかと思います。

但し、ビレッジハウスには人によっては、これを上回る多大なメリットもあることを前置きさせていただき、進めて参りたいと思います。

誰でも簡単!!ビレッジハウスでのお部屋探し手順流れ! - ガリ勉ガリクソン

 

スポンサーリンク

ビレッジハウスの悪評の数々(住民談)

まずは早速ながら、ビレッジハウスに実際に住んでいる方による、悪評についてご紹介していきましょう!

ビレッジハウスって昔の雇用促進住宅だよね? 隙間風対策とか窓にプチプチであったない!とか見ると雇用促進住宅だもんなあ寒いよなぁってなる

 

窓の防寒対策してサーキュレーターも使ってるけど室温が全然上がらない。 ビレッジハウスが寒すぎるって動画作ろうかな。

 

ビレッジハウスって実際には廃墟みたいなとこ多いよね…。家賃が安いのも納得なんだけど。

 

真夜中のクラクション連打とデカイ音楽と外国語…勘弁してくれ ビレッジハウス…

⇨ビレッジハウスの騒音についての詳細記事

ビレッジハウス住んでるけど、本当に楽でない管理ですよ。退去時にかなり退去金払わされるし

⇨ビレッジハウスの退去についての詳細記事

 

実際に住んでみると……
・水圧がものすごく低くいため、シャワー中にお湯が水に変わることが多く、なんども点火しなおす感じでした。シャワーのお湯が、そよそよとした感じでしが出ないので、シャワーで体をあたためるとか無理でした。冬は無理と思いました。
管理会社に言っても、建物が古いのでなおせないとのことでした。

【2ちゃんねる含む】その他ビレッジハウスの口コミはコチラ

 

このように、ビレッジハウスの賃貸物件に住んでいる方の悪評については、かなり多く存在します。

『全ての悪評が正しいのか?』はひとまずおいておきまして、目を見張るものがあるのは事実です。

これからビレッジハウスの物件を借りる方においては、慎重なご判断が必要と言うことを認識しておいた方がよいと思います。

 

ビレッジハウスの審査に助かる方は多い

悪評も多いビレッジハウスではありますが、その中でもメリットになり得る項目もいくつかあります。

1番に目を見張るのが審査の柔軟性です

ビレッジハウスの審査はゆるく、連帯保証人を付けずとも、ほとんどの方が審査に通ります。

具体的には、

  • 生活保護の方
  • 外国人の方
  • 高齢者の方
  • 母子家庭の方
  • 無職の方
  • 自己破産している方

年収が低かろうが、年金生活であろうが審査にはスムーズに通ります。

すべての方が連帯保証人なしの緊急連絡先で入居できます。

さらには、今では賃貸物件の入居条件になっている『賃貸保証会社』への加入も必要ありません。

ここまでの入居条件を持ち合わせている賃貸物件を探そうと思っても、中々見つかる物でもありません。

しかも、全国に約100,000戸の管理物件を擁しており、すべての物件でこのような取り組みをされている会社としては、非常に珍しいと言えます。

ですので、ビレッジハウスの物件へ入居を希望される方はあとを経ちませんし、エリアによっては空室がない状況も多々あるのが現状です。

ビレッジハウスの審査!プロが伝授するチェック項目で簡単通過!
『ビレッジハウスも審査基準を知りたい』 『ビレッジハウスの審査の流れを知りたい』 このような悩みを解決します。 何故なら、賃貸保証業界歴10年以上の私が業界内で情報を掻き集めて公開させて頂くからです。 ...

 

ビレッジハウスのキャンペーンが凄い!

ビレッジハウスの審査がいくらゆるくても、費用面での懸念は少なからず出てきます。

初期費用や家賃など…。

そんな中、ビレッジハウスは初期費用(敷金・礼金・更新料・仲介手数料)が0円で入居できます!(条件あり)

あくまでも一例ではありますが、下記のように引越しには多々、初期費用がかかってしまいます。

https://hikkoshizamurai.jp/price/initial-cost/

 

平均でも、なんだかんだで初期費用は30万くらいはかかってしまいます。

しかし、ビレッジハウスであれば初期費用が0円抑えられますので、通常と比べても引越し時の費用負担がかなり抑えられるのは言うまでもありません。

 

ビレッジハウスの初期費用は0円

上の図はビレッジハウスの公式サイトで掲載されている他社との比較図ですが、お部屋を借りる際に必要な初期費用を最大で93%のカットが実現できます。

ちなみに家賃は45,000円を想定とされて、金額が算出されています。

ビレッジハウスのキャンペーンを駆使すれば、たった16,500円の初期費用で入居ができてしまうのは、ビレッジハウスの物件の凄さですね。

 

最大30,000円引っ越しサポートとフリーレント1ヵ月

https://www.villagehouse.jp/

ビレッジハウスのキャンペーンを利用すれば、かなりお得に入居できちゃうのがなんとなくおわかりになったと思いますが、

もう少しわかりやすくシュミレーションしてみましょう!

 

例 – 9/15より45,000円の部屋に入居する場合

当月日割り家賃(9月分)        24,000円
翌月分前払い家賃(10月分) 45,000円
引っ越しサポート      -30,000円
※別途保険料がかかる場合が有り
10,000円
初期費用合計        49,000円

初期費用合計 | 49,000円

これだけの費用負担で一つのお部屋が借りれます。
他社と比較してもかなりお得に引越しできるのは誰しもがわかって頂けるのではないでしょうか。
又、引越しサポートのキャンペーンに加えフリーレントがさらに1ヶ月付いているのも見逃せません!
フリーレント適用で1ヶ月は家賃が0円になるので、初期費用を支払って入居後、入居者さんの実質の初回の家賃支払いは3ヶ月先になります。
大分、家計にも楽ですね。
※引っ越しサポート適用外の物件もあります。
※フリーレント適用外の物件もあります。
※ペット飼育の場合、別途敷金が必要な場合もあります。

ビレッジハウスのオプションも桁外れ!

お部屋へ住む際に、最初の最初に必ず必要になってくる『カーテン&リーシングライト』

実はこれもビレッジハウスのキャンペーンを利用しちゃえば実質0円で揃えちゃえます。

例えば、ビレッジハウスから貰える引越しサポートの3万円を生活スタートに必要な入居者限定価格で購入できるカーテンやリーシングライトの購入費用に充てれば、入居者さんの費用負担がありません!

既に持っている方は別としても、どのみち必要な生活必需品なので、入居者限定でお得にゲット!できるのであれば、利用してみても良さそうですね。

 

ビレッジハウスの仲介はどこの不動産会社で出来る?

全国に100,000戸もの管理物件を擁しているビレッジハウス。

ビレッジハウスのお部屋は、町の不動産会社のほとんどが取り扱いできますので、お近くの不動産会社に行って

『ビレッジハウスのお部屋を紹介して!』と、言えばすぐにでも紹介してくれるでしょう。

しかし、不動産会社を介してお部屋の仲介をお願いすると、【仲介手数料】がかかります。

基本的には、家賃の55%〜100%を仲介手数料として不動産会社へ支払わないといけません。

仮に100%であれば家賃の1ヶ月分になりますので、中々の費用負担を余儀なくされます。

 

ビレッジハウスは仲介手数料も0円に出来る!

実はビレッジハウスのお部屋へ入居する際に、仲介手数料を0円に出来る方法があります。

それは、ビレッジハウスの公式サイトから自ら問い合わせ〜内覧〜契約する方法です。

ビレッジハウスの賃貸物件は、街の不動産会社も取り扱いがあるものの、お部屋を探されているユーザー自ら契約できるようになっています。

誰でも簡単!!ビレッジハウスでのお部屋探し手順流れ! - ガリ勉ガリクソン

 

身構える程の難しい手続きではないので、誰でも簡単にできちゃいます。

例えがあまり良くないないかも?ですが、スマホを借りる感覚で気軽にできるので安心してください。

 

まとめ

① ビレッジハウスの賃貸物件に住んだら住んだで、物件によっては多少たりとも支障がでる可能性あり

② 審査がゆるく、保証会社の審査もないので、審査に自信がない方にはおすすめ

③ 初期費用や家賃(エリアによる)が圧倒的に安い!費用コストをかけたくない方には充分に満足できる

結論、ビレッジハウスの賃貸物件は誰にでもおすすめ出来る!と言うよりは、お部屋選びのポイントが合致すれば、人によっては圧倒的なパフォーマンスをしてくれる!と言った所ですね。

 

ビレッジハウスの安さの秘密を知りたい方はコチラ

ビレッジハウスのお部屋が気になる方はコチラ

ビレッジハウスのお部屋を借りる手順を詳しく知りたい方はコチラ

 

入居審査ゆるい!初期費用0円を実現できる『ビレッジハウス』

全国エリアに1,000棟100,000室を要している賃貸物件の『ビレッジハウス』圧倒的な安さで入居募集中!!

-■賃貸保証会社不要
-■入居審査ゆるい(基本的に誰でも可)
-■連帯保証人不要
-■初期費用0円
-■仲介手数料0円

今なら3万円〜引越しサポートキャンペーン実施中!!

※モデルケース※
【家賃:45,000円】
→入居初期費用すべて込み/16,500円で入居できる!

しかも、フリーレントも付いて入居してから最初の家賃支払いが翌々月(3ヶ月)と言う圧倒的安さ!!

コメント

プロフィール

Rinp

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

Rinpをフォローする
タイトルとURLをコピーしました