広告 審査日数

賃貸保証会社の審査日数!ポイント解説!賃貸保証業歴15年!

スポンサーリンク

賃貸保証会社の審査日数や期間については、皆さんから見てなかなかつかめない所が多くあります。

 

悩んでいる人

一体?賃貸保証会社の審査って何日かかるんだろう、、、。

賃貸保証会社の審査期間が何だか長くて不安、、、。

 

こんな悩みをお持ちの方もいるでしょう!

 

家賃保証コンサルタント
ご安心ください!賃貸保証業界15年以上在籍している私が皆さんの悩みを解決させていただきます!

 

 

賃貸保証会社による入居審査の時間がかかりすぎている場合の対処方法

MaeM / Pixabay

 

ここでは、賃貸保証会社へ加入しないといけない前提でお話しを進めていきますね。

 

と、言うより今は基本的にどの賃貸物件も保証会社加入は必須になっていますが、、、。

 

賃貸保証会社の審査で『入居審査の時間がかかりすぎる!』って誰でも不安になりますよね。しかし、皆さんに覚えて欲しいのは、保証会社の審査は基本的には申込をしたその日には審査回答されていきます。

 

 

要チェック
【現役社員】賃貸保証会社を不要にしたいなら!この記事がおすすめ!

この記事はこんな方におすすめ!! 一般的になりつつある「家賃保証会社への加入」って絶対的に入らないといけないの?と思われている方 すすめられた家賃保証会社へ入らないで良い方法はあるのかな?と思われてい ...

続きを見る

 

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社の入居審査に時間がかかっているのは何らかの理由があるからです!

 

賃貸保証会社の審査日数

 

保証会社によりますが、審査の期間は最短では30分程で審査回答されていきます。(10分で審査の回答が出た!なんてことも)

 

時間がかかりすぎる例として、長ければ2日〜3日と言うのもあります。

 

家賃保証コンサルタント
まずはこの差を解説していきますね。

 

賃貸保証会社は審査時に電話連絡を入れてくる場合がある

 

賃貸保証会社の中には審査時にわざわざ申込者へ電話連絡をしてくるケースがあります。

 

この?保証会社からの本人確認電話!

 

しっかり対策しておかないと審査に落ちるケースもありますので要注意!

 

意外に大事!
賃貸保証会社から電話がきた!絶対にやってはいけないNG行動!!

  このような悩みを解決します。   本記事内容 賃貸保証会社からの電話で言ってはいけない言動 賃貸保証会社からの電話に出ないと審査に落ちる 賃貸保証会社からの電話がくるタイミング ...

続きを見る

 

家賃保証コンサルタント
適当な対応をしてしまうと、『審査落ち』と言う状況に陥るかも!

 

電話に出ないと審査が遅くなる

 

話しを戻すと、保証会社からの電話連絡に出ないと審査が進まない為、審査日数も必然的に長くなります。

 

主に電話連絡が来るケースは、保証会社側で『審査を通す上でどうしても確認しておきたい!』何かしらの強い思いがあります。もっと簡潔に言うと、スムーズに審査を通せない判断をされているとも言えます。

 

なので、電話対応に関しては非常に大事になります!

賃貸保証会社の中には審査時に申込者への架電(電話連絡)を必須にしている保証会社もあります。

 

賃貸保証会社の審査で連絡が来ない理由

PaliGraficas / Pixabay

 

今では大半の保証会社が電話連絡するまでもなく、審査回答をしている!と思慮します。

 

家賃保証コンサルタント
いわゆる申込書の書面だけで審査判断し回答していると言うことですね。

 

しかし、ここで電話連絡もなければ回答(審査結果)もなく1日〜2日経っている!となれば、さすがに審査期間が遅すぎます。

 

家賃保証コンサルタント
理由は色々とありますが、順に説明していきましょう!

 

不動産会社に確認

 

あまりにも保証会社の審査期間が長いと感じるようであれば、まずは不動産会社に確認してみるのをおすすめします。

 

私の経験上でも、不動産会社側が審査結果が保証会社より既に出ているにも関わらず、入居者への連絡を単純に忘れていて審査案件が放置されていた!は意外に多くあります。

 

過去にこんな事例があります。

 

  1. 保証会社から申込者の追加書類を求められているのに不動産会社の対応が遅かった。
  2. 社員が多く、保証会社から担当者へ伝言をお願いしていたが共有されず。
  3. 既に不動産会社へ回答がされているにも関わらず、申込者への連絡を怠っていた。

 

家賃保証コンサルタント
実際にある事例です!まとめると不動産会社さんが審査結果が既に出ているのにも関わらず申込者へ連絡をしていない為に審査が遅くなることも!

 

保証会社から電話連絡もない!回答もない!もう2日も経っている!

 

こんな時は不動産会社を疑ってみるべきですね。(不動産会社さんすいません、、、。)

 

入居審査が早いけど?審査に落ちた!なんで!!

yogendras31 / Pixabay

 

賃貸保証会社からの審査結果が早いけど審査に落ちた!って方がいらっしゃいます。

 

理由は以下のケースが多くあります。

 

  1. 家賃滞納
  2. 不信感
  3. 収入面

 

これらを見られて速攻で保証会社の審査に落とされているかも?

 

今一度、ご自身を振り返ってみましょう。

 

要チェック
「賃貸保証会社の審査は何を調べる?」を中の人が徹底解説!!

このような悩みを解決します。   本人記事内容 賃貸保証会社が審査で最初に見るポイントは「あなたは家賃滞納してる?してない?」 収入バランス(家賃とあなたの収入) 申込者の人間性も見る &n ...

続きを見る

 

家賃滞納

 

これは一発アウトな案件になります。賃貸保証会社も家賃滞納履歴がある方を審査に通すことはありません。

 

しかし、家賃滞納履歴が審査を受ける保証会社側でわからないようであれば審査に通ります。

 

 

不信感

 

例えば、『何故?そんな所に引っ越すの?』『何で名義が奥様の方になっているの?』『勤務先が怪しいな』申込書の内容からこんな不信感を保証会社へ持たれてしまうと審査に落ちるケースがあります。

 

経験上の事例を引き合いに出すと、勤務先が東京なのに北海道でお部屋を借りようとされていた方が審査に落ちています。これはわかりやすい事例ですが、確かにおかしいですよね。

 

家賃保証コンサルタント
申込者の名義が仕事をしている旦那様ではなくて、無職の奥様になっているような案件も不信感は持たれそうです。

 

収入面

 

賃貸保証会社の審査を受けるにあたっては、家賃の3倍〜4倍の毎月収入が必要になります。

 

あまりに自身の収入とかけ離れた家賃になると速攻で審査落ちになります。又、無職の方であれば『預金通帳』の提出で審査に通ることがあります。

 

家賃保証コンサルタント
収入バランスは保証会社の審査では重要項目として審査されます。

 

賃貸保証会社の審査で気になる土日の対応

Basti93 / Pixabay

 

ほとんどの賃貸保証会社では土日の審査は可能になっていますのでご安心ください。

 

但し、一部の小規模な保証会社は土日の審査をしていないケースがあります。

 

家賃保証コンサルタント
そもそも小規模な保証会社に加入しないといけないケースは稀かも?

 

ちなみに大手保証会社である以下の保証会社は土日も審査が行われています。勿論、土日での審査回答もしっかり出るのでスピードは早いです!

 

土日の審査可能

  • 日本セーフティー
  • 全保連
  • casa
  • 日本賃貸保証会社(jid)
  • エルズサポート
  • フォーシーズ
  • ジェイリース

 

家賃保証コンサルタント
加えて『信販系』と言われている保証会社もほとんど土日は問題なし!です。

 

賃貸保証会社の審査時間を短縮する方法

 

審査に必要な書類や情報が適切に提供され、スムーズな対応が行われることで、審査日数を短縮することができます。

 

  • 必要な書類を早めに準備する
  • 正確な情報を提供する
  • コミュニケーションを円滑に行う
  • 賃貸保証会社の信頼性を考慮する

 

 

必要な書類を早めに準備する

 

審査に必要な書類や情報を事前に準備しておくことは、審査時間を短縮する鍵です。

 

身分証明書、収入証明書、職場情報などを早めに用意しておき、スムーズな提出を心がけましょう。又、不足する情報がないか確認し、審査が進む際に遅れが生じないように注意する事でスムーズな審査が実現できます。

 

正確な情報を提供する

 

審査申し込み時に提供する情報は正確であることが重要です。虚偽の情報を提供してしまうと、審査が遅れるだけでなく、不利な結果に繋がる可能性もあります。

 

必ず正直な情報を提供し、保証会社に信頼性を示すことで審査の信頼度が高まります。

 

コミュニケーションを円滑に行う

 

賃貸保証会社とのコミュニケーションを円滑に行うことも審査時間を短縮するポイントです。必要な情報や状況の変更などがあれば、迅速に連絡を取り、対応してもらえるように努めましょう。

 

保証会社からの問い合わせに素早く返信することは、賃貸保証会社の審査プロセスをスムーズに進めるために欠かせません。

 

賃貸保証会社の信頼性を考慮する

 

賃貸保証会社の信頼性や対応力も審査時間に影響を与える要因です。

 

長年の業界経験や迅速な対応が期待できる会社を選ぶことで、審査プロセスがスムーズに進行する可能性が高まります。しかし、今ではどの?保証会社も審査時間はスピーディーにやっています。

 

なぜなら、審査時間が遅いほど、保証会社を利用する側である不動産会社にそもそも利用されなくなるからです。

 

家賃保証コンサルタント
実は保証会社を利用する立場の不動産会社は審査スピードをかなり重要視しています。次から次へと案件を捌いていかなければならない不動産会社の心境を考えれば当たり前ですね。

 

 

まとめ

 

賃貸保証会社の審査について、最後にまとめます。

 

まとめ

  • 通常の審査期間は遅くても当日中
  • 保証会社から電話連絡来てない?
  • あまりに遅い場合は不動産会社を疑う

審査回答は保証会社から申込者へ直接こないのでご勘違いしないように!あくまでも不動産会社へ審査結果は通達されています。

 

この辺はしっかり認識しておいてくださいね。

 

賃貸保証会社の審査日数と審査ポイントは、借り手の収入・信用情報・保証料の支払い能力などが重要な要素になります。

 

審査日数を短縮するためには、必要な書類を迅速に提供し、適切なコミュニケーションを心がけることが大切です。

 

それでは、当記事が皆さんの参考になれば幸いです!

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

レント君!

◎家賃保証業界で15年以上在籍中(複数社経験) ◎当ブログでは常にユーザーファーストで執筆(保証加入される方に向けて) ◎今まで1000社以上の不動産会社・管理会社・大家さんと接しています!又、業界の最新動向を誰よりも早く察知するのが好き ◎知識のスキルマーケット「ココナラ」に家賃保証会社を利用している・これから利用する方向けの相談解決サービスを出品中(【スマイル家族】で検索してね♪)

-審査日数