広告 審査

賃貸保証会社審査のポイントとは?通過のために必要な情報を解説

スポンサーリンク

賃貸物件を借りる際には、多くの方が賃貸保証会社の利用を検討されることでしょう。

 

しかし、賃貸保証会社が審査を行う際にはどのようなポイントを重視しているのでしょうか?

 

今回は、賃貸保証会社の審査基準について詳しく解説します。

 

信憑性

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社歴が15年になります。賃貸保証会社の審査に不安を感じる方々に寄り添い、わかりやすいサポートを提供しています。

 

賃貸保証会社の審査基準はどのようなポイントを重視しているのか?

geralt / Pixabay

 

賃貸保証会社の審査基準は、借主の信頼性と返済能力を評価するためにさまざまな要素を考慮します。

 

以下に、具体的なポイントをより専門的に掘り下げて解説します。

 

ポイント

  • 収入と雇用状況
  • 信用履歴
  • 前借りの有無
  • 保証会社の要件
  • 賃貸物件の条件

 

 

 

収入と雇用状況

 

賃貸保証会社は審査上では特に、借主の収入と雇用状況を重要視してみています。

 

具体的には、次の点に注目します。

 

  • 収入の安定性: 借主は安定した収入源を持つことが求められます。不安定な収入ではなく、安定した月収があることが重要" です。
  • 十分な収入額: 借主の月収が家賃の3倍以上であることが望ましいです。これにより、借主が家賃を支払う余裕を持っているかどうかを判断できます。
  • 正規の雇用契約: 借主には正規の雇用契約があることが好ましいです。長期的な雇用歴を持つことも信頼性の指標となります。

また、正規の雇用契約や長期的な雇用歴も信頼性の判断基準となっています。

 

 

信用履歴

 

信用履歴は、賃貸保証会社が借主の返済能力を評価する上で非常に重要な要素です。具体的には、以下の点に注目しています。

 

  • クレジットスコア: クレジットスコアは、借主の信用力を測る指標の一つです。このスコアは、過去の債務履行状況やクレジットカードの利用履歴、返済の滞納状況などに基づいて算出されます。
  • 過去の債務履行状況: 賃貸保証会社は、借主が過去の債務をきちんと履行しているかどうかを確認します。返済期日に遅れたり、滞納があった場合は、信用履歴に悪い影響を与える可能性があります。
  • クレジットカードの利用履歴: 借主のクレジットカードの利用履歴も重要視されます。定期的に支払いを行い、借り入れ額をコントロールしているかどうかが評価されます。

賃貸保証会社の中でも主に『信販系』保証会社は信用履歴を重視した審査を行います。

 

前借りの有無

 

賃貸保証会社は、借主が他の賃貸保証会社や金融機関からの借入れ(※家賃の滞納残)や保証(※督促)を現状で受けているかどうかも注視します。

 

多重債務状態は、借主の返済能力に影響を与える可能性があります。

 

保証会社は、借主の全体的な債務負担や返済能力を評価するため、借入額や返済スケジュールを確認することがあります。

 

 

 

保証会社の要件

 

異なる保証会社は、独自の審査基準を持っています。保証会社ごとに要求される条件や基準には違いがありますので、借主は複数の保証会社を比較し、自身の状況に最も適した会社を選ぶ必要があります。

 

一部の保証会社は、特定の職業や収入源を優先する場合があります。例えば、公務員や正規の雇用契約を持つ借主は、一部の保証会社から好ましい評価を受ける傾向があります。

 

また、フリーランスや自営業者の場合、安定した収入の証明や確定申告書の提出などが求められることがあります。

 

 

 

賃貸物件の条件

 

賃貸保証会社は、借りる家やアパートの条件も考慮します。具体的には、家賃や場所、大きさ、状態などが審査に影響することがあります。

 

たとえば、高い家賃や都心の物件は、借りる人のお金の返し方や経済的な負担を評価する上で大切な要素になるでしょう。

 

総じて言えることは、賃貸保証会社の審査基準は複数の要素から構成され、それぞれの要素が借主の信頼性と返済能力を評価するために重要です。

 

家賃保証コンサルタント
借主は、自身の収入や信用履歴を整理し、要件を満たすために必要な手続きや書類を準備することが重要です。また、異なる保証会社の基準を比較し、自身に最も適した保証会社を選ぶことも大切です。

 

 

 

賃貸保証会社の審査に通らなかった場合、どのような対処法があるのか?

 

賃貸保証会社の審査に通らなかった場合、以下の対処法があります。

 

ポイント

  • 他の保証会社を探す
  • 共同契約者を見つける
  • 家賃の保証人を見つける
  • 修正や改善を行う
  • 物件や条件の見直し

 

他の保証会社を探す

 

審査基準は保証会社によって異なるため、別の保証会社を探すことが選択肢となります。

 

他の会社の基準に合う可能性が高く、通ることができるかもしれません。

 

共同契約者を見つける

 

共同契約者を見つけることで、保証会社の審査基準をクリアするチャンスが増えます。

 

共同契約者は、収入や信用履歴が優れている場合に特に役立ちます。

 

家賃の保証人を見つける

 

家族や信頼できる友人から家賃の保証人を見つけることも考慮してください。

 

保証人は、あなたの代わりに家賃の支払いを保証することで、保証会社の要件を満たせます。

 

修正や改善を行う

 

審査に落ちた理由を理解し、改善策を見つけることが重要です。

 

例えば、信用履歴の改善や収入の安定化を目指すなど、問題を解決するための努力をしましょう。

 

物件や条件の見直し

 

審査に通るためには、家賃を下げたり、別の物件を選んだり、場所やサイズを見直すなど、条件を変えることも考えられます。

 

賃貸保証会社の審査に通らなかった場合でも、必ずしも諦める必要はありません。他の保証会社を探したり、共同契約者や保証人を見つけることで解決策を見つけることができます。

 

また、改善策を採りながら審査に再度チャレンジすることも可能です。柔軟なアプローチを持ちながら、自身の状況に最適な解決方法を見つけることが重要です。

 

審査が甘いと言われる保証会社の中でも特におすすめのランキングを紹介!

 

賃貸保証会社の中でも審査が緩いと評判の保証会社をランキング形式でご紹介します。以下の保証会社は、一般的に審査基準が厳しいとされる他社に比べて、より柔軟な審査を行っていることが知られています。

 

 

 

1位:株式会社フォーシーズ

 

審査基準が緩く、多くの借主が審査に通過していると評判の保証会社です。収入や信用履歴に加えて、物件の条件にも目を向けるため、条件が揃っていれば通過しやすいと言われています。

 

2位:日本セーフティー株式会社

 

審査の際に個別の事情を考慮し、柔軟な対応をしてくれる保証会社です。他社で審査に通らなかった場合でも、特別なケースや改善策があれば審査を受けることができる場合があります。

 

3位:株式会社casa

 

審査基準が他社に比べて緩く、返済能力や信用履歴に関する要件を緩和しています。特に初めての借主や学生など、条件が不十分な場合でも審査を受けることができる可能性が高いです。

 

以上が審査が甘いと評判の保証会社のおすすめランキングです。

 

ただし、審査が緩いからといって無責任な会社ではありませんので、借主自身も責任を持って契約を進めることが重要です。それぞれの会社の詳細な情報や審査基準については、公式ウェブサイトやカスタマーサポートにお問い合わせいただくことをおすすめします。

 

 

賃貸保証会社の審査に通るためには、具体的にはどのような条件が必要なのか?

 

賃貸保証会社の審査に通るためには、以下の具体的な条件を満たす必要があります。

 

ポイント

  • 安定した収入源
  • 十分な収入額
  • 信用履歴
  • 物件の条件

 

安定した収入源

 

審査では、借主の収入の安定性が重視されます。

 

正規の雇用契約や長期的な雇用歴があることが好ましいです。

 

十分な収入額

 

借主の月収が家賃の3倍以上であることが一般的な基準とされます。

 

保証会社は、返済能力を評価するために借主の収入額を確認します。

 

信用履歴

 

借主の信用履歴も審査の重要な要素です。

 

クレジットスコアや過去の債務履行状況、クレジットカードの利用履歴などが評価されます。

 

物件の条件

 

借主が借りる物件の条件も考慮されます。家賃や物件の立地、サイズ、質などが審査に影響を与えることがあります。

 

高額な家賃や都心部の物件は返済能力や経済的な負担を評価する上で重要な要素となります。

 

以上が賃貸保証会社の審査に通るための具体的な条件です。各保証会社の審査基準は異なる場合がありますので、借主は自身の条件をしっかりと把握し、審査に向けて準備をすることが大切です。

 

 

 

賃貸保証会社の審査はどのくらいの日数がかかるのか?

 

賃貸保証会社の審査にかかる時間は、保証会社や個別のケースによって異なります。一般的には、数日から数週間かかることがあります。

 

保証会社は、借主の情報や提出書類を確認し、収入や信用履歴の確認、物件の条件の審査などを行います。審査の範囲やスピードは、保証会社の体制や応対力、申し込みの時期や需要の状況によっても影響を受けます。

 

 

 

場合によっては時間がかかることも

 

一部の保証会社では、オンライン審査や即時審査のサービスもありますが、複雑なケースや追加の審査が必要な場合は時間がかかることもあります。

 

借主は、契約前に保証会社の審査にかかる時間を考慮し、余裕を持ったスケジュールを組むことが重要です。また、審査の進行状況や予想される審査時間については、保証会社に直接問い合わせることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

 

保証会社の審査基準は会社ごとに異なることを忘れずに注意しましょう。自身の条件に合った保証会社を選び、審査に通過するために必要な情報を提供することが重要です。

 

賃貸保証会社の審査は借主の信頼性や返済能力を評価する重要なプロセスです。適切な情報の提供と条件の準備を行い、スムーズな審査通過を目指しましょう。

 

安心して理想の物件を見つけるためにも、審査に向けた準備を万全に行うことが大切です。

 

当記事がみなさまのご参考になれば幸いです♪

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-審査