広告 審査

賃貸保証会社の審査が通りやすい人の特徴とポイントまとめ!業歴15年

スポンサーリンク

賃貸保証会社への保証加入に向けての『審査!!』は、審査を受ける申込者にとって最重要問題になります。

 

特に今のご時世では、賃貸保証会社の審査が通らないと賃貸のお部屋を借りれないのも当たり前化してきました。

 

家賃保証コンサルタント
このような保証会社の審査問題で皆さんがよく思われる事として『いったい?どんな内容だったらスムーズに審査が通るんだ!?』って思いますよね?

 

審査が通りやすい人は?審査が通りやすい方は共通している事があります。『一言で言えば、安定した仕事をして毎月収入がある方であれば、問題なく審査に通ります。』安心してください。

 

既に賃貸保証会社の審査を受けた方!または、これから受けられる方!今回は、『賃貸保証会社の審査が通る方は?』をシンプルに紐解いていきます!!

 

月に一定の収入があれば審査は通る!

『賃貸物件に住もう!』『引っ越そう!』そんな考えを持たれている方では今現在、何かしら働いている方がほとんどだと思います。

 

家賃保証コンサルタント
いわゆる会社勤めの人。そして、会社から給料を毎月もらい生活していく。こんな方は賃貸保証会社の審査に対して何ら躊躇する必要はありません!

 

審査は通りやすいです。何故なら?働いていて毎月の給料をもらっている方を賃貸保証会社はほとんど審査に通します。賃貸保証会社の審査で一番重要視されるのは『この人?きちんと家賃を払えるか?』です。

 

賃貸保証会社の審査で収入目安は家賃の4倍!

ですから毎月の収入がきちんとあるような方は大丈夫です。ちなみに目安として捉えて頂きたいのですが、賃貸保証会社の審査上では『家賃の4倍は毎月の収入がほしい!』

 

ですからこれを参考に賃貸物件選びには気をつけましょうね!

 

ここを守れば賃貸保証会社の審査は安心です。

 

勤続年数が1年以上あったらベスト!

会社勤めで働いていて、毎月の収入がある!このような方は賃貸保証会社の審査に臆する事なく望んでもらえればと思いますが、もう一つ、確実に審査が通りやすい方の特徴として

 

勤続年数が1年以上あるとベスト!というのがあります。

 

これは、1ヶ月や半年で仕事を辞められている方だと『この人?また仕事辞めて毎月の収入が途絶えたら家賃滞納しちゃうんじゃないか?』と賃貸保証会社より見られてしまう傾向にあるからです。

 

こうなると審査上では減点材料になってしまいます。1年の勤務と言っても中々、長く感じてしまう方もいるでしょう。アルバイトやパートの方だっていますしね。

 

家賃保証コンサルタント
ただ、これはあくまでもどの保証会社でも審査が通りやすい方の特徴になります。上記内容を満たしていなくとも賃貸保証会社の審査基準が緩い所であれば問題ありません!

 

過去に家賃滞納が無い人が審査に通る!

賃貸保証会社も馬鹿ではありません!過去に家賃を滞納している方に対して『審査に通します!!』なんて簡単には言ってはくれません。

 

賃貸保証会社の審査上で申込者が家賃滞納があるか?ないか?は非常に審査をしていく中で最重要視しています。

 

この判断は全て保証会社のデーター管理で行われていきます。保証会社からしてみればデーターを見れば全て判断出来てしまうと言う事です。ですから、賃貸保証会社のデーターに滞納履歴が載っていない方は審査に通りやすいと言えます。

 

審査時の対応を紳士にこなせば大丈夫!

賃貸保証会社の審査方法として、架電審査というのがあります。この架電審査とは、賃貸保証会社が保証加入者に対して審査時に電話連絡を入れる行為です。

 

保証会社からの電話タイミングに対して時間指定できる所もあれば、唐突にかかってくるパターンと様々です。

 

そんな賃貸保証会社からの架電審査ではありますが、保証会社に対しての対応は十分に気をつけましょう!

 

賃貸保証会社の審査時に非協力的な態度はNG

イライラして、保証会社からの審査聞き取りに対して非協力的な方は審査が通りません。

 

審査が通る方はしっかりと保証会社の架電審査に協力されている方です。基本は保証会社からの質問事項に『ハイ!』と同調するだけの流れになります。

 

確認事項が主な目的になっていますので、間違いなければ

『ハイ!』

で終わってしまいます。

 

基本的に賃貸保証会社の審査をする人はマニュアルに沿った機械的な言動で電話連絡を入れてきます。

 

中には『イラッと!』来る事があるかもしれませんがここは真摯に対応する方が賃貸保証会社の審査に通りやすい人になるので肝に命じておきましょう!

 

審査に通りやすい保証会社を利用しよう!

万が一、賃貸保証会社の審査が通らなくても大丈夫!他の保証会社で審査をお願いしたらいとも簡単に審査に通った!なんて話しはよくある話しです。

 

賃貸保証会社の審査基準は会社によって様々です。

当然、審査が緩い保証会社に審査をお願いすれば審査に通りやすくなります。残念ながら申込者(入居者)側で賃貸保証会社を指定する事は原則できません。

 

賃貸保証会社が代理店契約を結んでいる不動産会社を経由しての申込しか出来ない為です。

 

『審査が緩い保証会社で審査が受けれるか?受けれないか?』は、相手の不動産会社が審査の緩い保証会社と代理店業契約を結んでいるか?どうか?によります。

 

お部屋探しを任せる不動産会社の選定材料にしてください!審査が通りやすい方は不動産会社選びからしっかりとやっています。

 

緊急連絡先は自分の身内を付けておこう!

賃貸保証会社の審査で連帯保証人を付けない替わりに保証会社への加入を求められるわけですが、審査申込時には必ず緊急連絡先は付けないといけません。

 

これは必ずです!

 

この緊急連絡先も賃貸保証会社の審査では重要になってきます。誰でもなれるのが緊急連絡先と言う立場ですが、身内(親、兄弟、子)の方を付けるのがベストです!

 

『自分自身に身内がまったくいない』って方は別として身内の方を付けると賃貸保証会社の審査は通りやすくなります。

 

スムーズに賃貸保証会社の審査を通している方は緊急連絡先に身内の方を付けています!

 

可能であればなるべく賃貸保証会社の審査に対して、自分自身の身内の方を付けるようにしていきましょう。

 

まとめ

賃貸保証会社の審査をスムーズ且つスピーディーに進めるのは決して悪い事ではありません。

 

むしろ、スムーズに事が進んだ方が気も楽ですし、入居日が早い方なんかは早目に結果を出して引っ越し準備をはじめたいですよね!

 

やり方次第で賃貸保証会社の審査は通ります。又、逆に誤った知識で臨むと意外にも審査に落ちます。

家賃保証コンサルタント
これから賃貸保証会社の審査を受けられる方は特に参考にしてもらいたいですね!

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-審査