ブラックリストの方が賃貸契約に必要な保証会社の審査を通す超簡単な方法!!

家賃保証
3dman_eu / Pixabay
この記事は約6分で読めます。

お部屋を借りるのに必要な賃貸借契約。

その、賃貸借契約を結ぶにあたって、今は保証会社の加入を条件にしている賃貸物件が増えています。

そして、賃貸保証会社へ加入する際は事前の審査が必ずあります。

お部屋を貸す側である賃貸人の大家さんも

『賃貸保証会社の審査が通ったらお部屋を貸す!!』が一般的にもなってきました。

いわゆる、入居審査を賃貸保証会社へ全て委ねている状態です。

しかし、誰でも審査に通してくれるほど甘くもない面も賃貸保証会社は持ち合わせています。

賃貸保証会社の審査を受けられる方にも色々な方がいます。

『その中でブラックリストの方は賃貸保証会社の審査は通るのでしょうか?』

例えば、ブラックリストの方が住宅(持家)を購入する際に受ける住宅ローン審査は100%通りません。(言い切ってしまいましたが何か方法があったら教えて下さい)

では、賃貸である保証会社の審査はどうでしょう?

結論!!

ブラックリストの方であろうと賃貸保証会社の審査は通ります。

『必ず通ります!』

しかし、どこでも審査に通るって訳ではありません。

正しい方法で審査を受ければ通ると言う事です。

今回はブラックリストの方が賃貸保証会社の審査を通す為の超簡単な方法を紐解きます!!

【2019年版】完全網羅!賃貸保証会社の審査を通す!極めつけの方法を大公開!!
以前、記事にした【2016年最新版】賃貸保証会社の審査を通す!知らなきゃヤバイ極め付けの3ヶ条!! が皆さんにかなり読まれていますので、今回は【最新版】をリリースする事にしました。 『やはり、賃貸保証会社の審査の...
スポンサーリンク

信販系の家賃保証より独立系の保証会社を選ぶべし!

先に述べておきますが、ブラックリストと言ってもそもそもそんなリストは存在していません。(この記事ではブラックリストの名称で一応すすみます。)

しかし、自己破産や任意整理、はたまたカードキャッシングでの不払い情報はCICと言う個人の信用機関で情報共有されています。

この情報共有は審査をする上で非常に有効活用されており

■銀行
■信販系カード会社(クレジット会社)
■消費者金融

などが加盟しておりCIC情報を共有しています。

ですので、信販系の保証会社も当然にしてCICの情報を審査時に活用していますので、ここで言うブラックリストの方は審査に通りません

ではどうするか?

 

独立系の賃貸保証会社であればブラックリストの方も審査に通る!

ブラックリストの方が賃貸保証会社の審査を通すには信販系の保証会社ではなく独立系の保証会社で審査を通せば良いのです!

そうすれば審査に通ります。

これは何故かと言うと、独立系の賃貸保証会社各社は先程のCICの機関情報を審査時に利用していないからです。

ですからブラックリストだろうがなんだろうが現状の内容に問題がなく賃貸保証会社の審査基準をクリアしてしまえば審査に通ります。

ブラックリストの方で賃貸保証会社へ加入したい方は独立系の保証会社を利用しましょう!

 

独立系の賃貸保証会社はそれぞれの会社で審査基準が異なる!

独立系と言われている賃貸保証会社と言えば

●リクルートフォレント(現在、オリコフォレントインシュアへ名称変更)
●全保連
●日本セーフティー
●CASA(カーサ)
●日本賃貸保証(JID)
●ジェイリース
●近畿保証サービス
●ナップ
●新日本保証
●エルズサポート
●フォーシーズ
●エルズサポート

あたりが良く聞く名前です。

この名前に該当している保証会社の保証審査であればブラックリストの方でも大丈夫!

しかし、それとは別に各賃貸保証会社独自の審査基準はあるのでご注意を!!

独立系の審査が緩い賃貸保証会社をランキングにした記事も是非、参考にしてみて下さい。

参考:賃貸保証会社の審査がゆるい会社ランキング!(*一覧表付き!!)

 

自分はブラックリストだからと言って、臆する事はありません!

 

賃貸保証で良く見かける信販系の各社はコレだ!!

信販系の会社で家賃保証をしている会社はそう多くはありませんが、大手と言われている管理会社は信販系の保証を利用しています。

管理会社は大家さんから委託を受けて賃貸物件の入居窓口を一任されている立場です。

そこで良く目にするのは

●オリコ
●ジャックス
●アプラス
●エポス

ですね。

大手の管理会社はその名の通り、多くの物件をオーナーさんから預かっており、その中で入居までの賃貸借契約の窓口も行なっています。

その事からお部屋を探されている入居者の方やブラックリストの方も上記のような信販系の保証会社への保証加入にぶち当たってしまう機会が多くなるかもしれません。

入居者に対する保証会社指定は管理会社が指定する機会が多い為です。

管理会社も家賃保証を使えば使うほどキックバック手数料を保証会社からもらえたり、家賃滞納以外にも手厚く保証してくれる賃貸保証会社と付き合いたいと思っています。

信販系の家賃保証は保証こそ手厚くないものの、キックバック手数料や信販系と言う会社の信用性規模で大手管理会社と付き合っている傾向は否めません。

 

ブラックリストの方が信販系の家賃保証を勧められたらその部屋を諦めよう!

ブラックリストの方が、気に入った賃貸物件をみつけ、

いざ!入居申込をしようとした際、信販系の家賃保証を勧められたらどうするか?

これは

『その部屋は諦めて違うお部屋を選んじゃおう!』

入居申込の時に信販系の賃貸保証会社へ加入してほしい案内が不動産会社から出された場合は、ほぼ加入するしかお部屋に入居できませんし、当然!審査が通らないとお部屋の契約をしてくれません。

先にも述べているようにブラックリストの方が信販系保証会社の審査が通るのは皆無です。

他の物件を探しましょう!

今では賃貸物件の数は場所やエリアにもよりますが、意外に多くあります。

他を見渡せばきっと又、良い物件に巡り会えます。

なければお部屋探しの窓口である不動産会社自体を変えてみるのもアリです!

不動産会社によって紹介できる物件も多々ことなりますからね。

そして、独立系の保証会社を入居条件に指定される賃貸物件であればブラックリストの方だって快適な賃貸ライフを送れます!!

だって審査にとおりますから!(笑

 

まとめ

自分がブラックリストの対象者だ!

と思われている方は引け目が少なからずあると思います。

特に審査となればなおさらでしょう。

ブラックリストの方が賃貸保証会社の審査を通すには別に難しい問題ではないのです。

だって審査を受ける保証会社さえ間違わなければ審査に通るんですから!

問題は今をどう生きているか?です!

過去の話しであれば尚更ですよね。

しかし、ブラックリストで無職で以前も家賃滞納して賃貸保証会社に追い出されたなんて方はブラックリスト関係なく審査に落ちるのでご用心を、、、。

過払い請求・債務整理に強い『司法書士法人杉山事務所』

『今現在、借金をしている!』
なんて方は早めの完済を断然お勧めします。
何故かと言うと、消費者金融などでお金を借りていたり、しかも返済を滞ってしまうと・・・
ブラックリスト対象になり、あなたの今後の人生が崩れていきます。
返済に送れたりしながら仮に借金問題を解決してもその後5~7年はあなた自身の個人信用の傷は残り生活が不便になります。

例えば
・住宅ローンが組めない
・車のローンが組めない
・クレジットカードが利用できない
・賃貸物件で信販系の保証会社審査が通らない
などなどその数は多くあります。
しかもこのような間に結婚なんてできますか?

今後の日本はキャッシュレス化が急速に進みます。このような時に『クレジットカードが使えない!』なんて悲惨すぎます。
杉山事務所は全国的に事務所を展開しており、過払い請求・債務整理の月間実績3,000件以上取り組んでいる為、非常に安心です。
又、WEB相談申込もあり気軽に相談できる点もありがたいです。
借金問題に強い所と実績があるところは安心して任せて良いと思います。
まずは相談してみましょう!!

家賃保証
rentokunをフォローする
スポンサーリンク
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

コメント

  1. […] 参考:ブラックリストの方が賃貸保証会社の審査を通す超簡単な方法!! […]

プロフィール

rentokun

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

rentokunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました