ランキング

【厳選】審査が通りやすい賃貸保証会社ランキング

スポンサーリンク

 

悩んでいる人
『賃貸保証会社の審査に落ちたけど、何が理由なのか?』

『以前に保証会社で滞納歴があるけど、審査に通るのか?』

『賃貸保証会社の審査に落ちたら、これから先も同じ保証会社では審査に通らないのか?』

 

これら全てを解決します。

 

レント君!!
何故なら、私も賃貸保証会社へ在籍10年以上になり、審査についてはこれまで色々と経験しており熟知しているからです。

 

 

実際に、賃貸保証会社の審査については、利用している不動産会社さんでさえ知らない領域です。

 

この記事を読み進めて頂くと、賃貸保証会社の審査に落ちてしまう理由から過去に家賃滞納してしまった方が審査に通す方法を理解して頂けます。

 

読み終えた後には、賃貸保証会社の審査に対して、どなたでも正しく通す方法がわかります!

 

 

審査が通りやすい賃貸保証会社の見極め方

賃貸保証会社の審査に残念ながら落ちてしまう理由はいくつかありますが、代表的なものを並べると

 

  • 以前に家賃滞納をしている
  • 虚偽の申込書を記入している
  • 家賃を支払っていける根拠が薄い

 

上記のような理由が挙げられます。賃貸保証会社も審査をしている手前、誰でも審査に通すなんて事はありません。

 

以前に家賃滞納してしまった方が賃貸保証会社の審査に通す方法

 

以前に家賃滞納してしまっていても、賃貸保証会社の審査に通す方法はありますので安心してください。

しかし、注意点があります。

 

それは、以前と同じ賃貸保証会社の審査を受けないことです。『どこの保証会社で家賃滞納してしまったか?』ここをしっかりと事前に把握しておいて下さい。

 

そして、以前と同じ賃貸保証会社の審査を入居条件として受けなければならないのであれば、希望されているお部屋を諦めましょう。

 

審査を受けるだけ時間の無駄です。残念ながら審査を通すことが難しいのを理解してください。

 

しかし、心配はいりません。

 

他のお部屋へ目を向ければ、違う保証会社への加入条件になっている賃貸物件なんて多々あります。家賃滞納していても、以前とは違う保証会社で審査を受ければ通る可能性大です。

 

該当される方は是非、試してください。

 

賃貸保証会社を変えれば何故?家賃滞納していても審査に通るのか?

 

結論を言ってしまうと、保証会社が変われば、申込者が家賃滞納しているか?どうか?なんてわからないからです。

 

ですので、保証会社が違えば家賃滞納履歴もわからないのを認識しておいてください。

 

間違っても自ら家賃滞納履歴があることを審査条件に申し出れば審査に落ちます。

 

審査が通りやすい賃貸保証会社で審査を通す

 

『賃貸保証会社は数多くありそうだが、一体?どこの保証会社が審査に通りやすいのか?』

 

賃貸保証会社は全国を見渡しても、現在では150〜160社存在していると言われています。

 

しかしながら各エリアの都道府県にて、シェアを伸ばしている賃貸保証会社は?となるとエリアごとで異なります。関東方面は知名度があるが、関西方面は弱いとか、、、。

 

そして、お部屋を借りる入居者が賃貸保証会社を選ぶと言うことは現状では難しいでしょう。

 

必ず、『◯◯保証会社へ加入してください!』と指定されます。

 

賃貸物件を借りる際は保証会社への加入が条件

 

実際に賃貸物件へ入居する際の条件で、賃貸保証会社へ保証加入しないといけない確率は今ではほぼ100%に近くなっています。

 

賃貸のお部屋を借りるに当たっては、賃貸保証会社の存在は避けては通れない存在です。又、賃貸保証会社への保証加入に当たっては、審査があります。

 

この審査に通らなければ、そもそも保証加入できません。そして、お部屋の契約もできなくなるでしょう。実は賃貸保証会社の各社によって審査基準が異なります。

 

いわゆる、審査に通りやすい保証会社か?審査が厳しい保証会社か?と言うことです。

 

気にならない方は良いのでしょうが、実際に賃貸保証会社の審査に通らず、『せっかく気に入ったお部屋に住めなかった!』

 

なんて方は多くいるのが現状です。

 

この記事を読み進めて頂くにあたってわかることとして今回は、審査に通りやすい賃貸保証会社を厳選してまとめ、さらにランキング化してみました。

 

記事を読み終えた時には、どの?賃貸保証会社の審査が通りやすいか?を、完全に網羅できるでしょう!

 

是非、参考にしてみてください♪

 

審査に通りやすい賃貸保証会社ランキング(1位〜10位)

  1. フォーシーズ
  2. 日本セーフティー
  3. ジェイリース
  4. casa
  5. 日本賃貸保証(jid)
  6. エルズサポート
  7. 新日本信用保証
  8. 全保連
  9. ラクーンフィナンシャル
  10. アルファー

 

ご注意

■ランキングをもとに審査が必ず通るをことを確約しているものではありません。

■賃貸保証会社の審査基準は良く変動します。市場状況によっては、ランキング順位が上下変動いたします。

■審査承認率、利用率に関しては私自身の主観も入っています。ご了承ください。

≧≧その他のランキングもさくっと見たい方はこちら

 

 

 

ランキング外のその他保証会社

 

主に大手保証会社と言われる保証会社で審査に通りやすいランキングを作成しました。しかし、冒頭でもお話ししたように、賃貸保証会社は全国で150社以上あると言われています。

 

当然、上記のような大手保証会社を追随する形でまだまだたくさんの保証会社があります。

 

追加で作成した賃貸保証会社の審査に通りやすいランキングは、どの保証会社も基本的には審査に通りやすいです。

 

なぜならば、大手保証会社のおこぼれをもらっているような所も多大にあり、審査を通さなくては売上があがらないからです。

 

審査に強い『株式会社フォーシーズ』の存在はありますが、その他ランキング内の保証会社さんで万が一、審査が通らなかった場合に勧められる保証会社さんとして、もしかしたらお名前を聞く事になるかもしれません。

 

是非、参考にしてみてください♪

 

  1. オーロラ
  2. 近畿保証
  3. ほっと保証
  4. ナップ
  5. CIZ

 

ご注意

■ランキングをもとに審査が必ず通るをことを確約しているものではありません。

■賃貸保証会社の審査基準は良く変動します。市場状況によっては、ランキング順位が上下変動いたします。

■審査承認率、利用率に関しては私自身の主観も入っています。ご了承ください。

≧≧その他のランキングもさくっと見たい方はこちら

 

賃貸保証会社の審査基準は変わりやすい!

 

賃貸保証会社の各社、審査に通りやすいランキングを作成しましたが、実は賃貸保証の審査基準は変わりやすいんです。

 

なぜならば、例えば保証契約を増やすにあたって、出口である立替金額、いわゆる代位弁済金額が増えてくると入口部分を締め付けるしかありません。

 

この出口を垂れ流しにしてしまうと、すぐに保証会社として維持ができずに破産します。

 

ですから、状況次第では『前には審査が通っていた方が、今は審査にまったく通らない』なんて事象が発生しています。

 

審査が通りやすい賃貸保証会社は家賃督促が厳しい!

 

賃貸保証会社へ保証加入して、家賃滞納がなければ関係ない話しにはなってしまいますが、審査が通りやすい賃貸保証会社は督促が厳しくなる傾向が強いです。

 

これは、審査が通りやすいって事は、通常では審査に通らなかった方を引き受けている面が強いので、家賃滞納発生率がどうしても高くなってしまいます。

 

家賃滞納が出れば家賃を立替ないといけないので、それだけ回収を強化しないと会社として傾きます。必死に回収をするあまりに、そこは人間?

 

言葉や威圧的な行動に出てしまう場面は多々あると思います。

 

又、会社としての雰囲気や家賃督促に対する方針も、回収できればOK!なんて感じはしますね。

 

まあ、最終的には家賃を滞納してしまう方が悪いので、どうこうできる事ではありませんが、大手保証会社と言われている賃貸保証会社各社はまだ?家賃督促に関する行為も『なるべく家賃滞納者よりクレームを出さない』感はありますね。

 

どうしても納得できない!相談したい!って方は消費者生活センターへ相談してみるのも一つの手です。

 

 

しかも、賃貸保証会社の件で入居者からの消費者生活センターへの相談は年々増加傾向になっている為、以前の事例も踏まえた的確なアドバイスをもらえるかもしれません!!

 

まとめ

 

審査が通りやすい賃貸保証会社は、

  1. フォーシーズ
  2. 日本セーフティ
  3. カーサ

この3社で決まりです。

 

しかし、審査基準は水ものでもありますのでいつ?何時変わるかも知れません。現状では問題ありませんので、審査が通りやすい保証会社をお探しの方を是非、参考にしてください。

 

又、そもそも『賃貸保証会社に加入したくない』『審査に自信がないので受けたくない』なんて方には『ビレッジハウス』をおすすめします!

ビレッジハウスの賃貸物件であれば、

  • 賃貸保証会社不要
  • 審査ゆるい
  • 家賃も3万円〜

と条件よく入居できます。

何故ならビレッジハウスは独自の審査を実施しており、さらには審査基準をそもそも低く設定しているからです。

今なら3万円の引越しサポートキャンペーンを実施していますので、宜しければチェックしてみてください!

 

 

賃貸物件を借りるあたっては、思いもよらぬ費用がかさみます。

  • 敷金・礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料

中には火災保険の費用や住んでから必要なカーテンやシーリングライトなど家具・家電など、1DKのお部屋でなんだかんだ平均30万くらいかかると言われています。

 

初期費用は家賃の4.5倍〜5倍が平均

 

不動産ポータルサイト大手のsuumoでも家賃の4.5倍〜5倍はかかってくるデーター統計を示しています。

参考:賃貸契約に必要な初期費用の相場はどのくらい? 安くする方法は? 

 

こうなると気軽に引越しをしたくても、中々できない方はできないですね。そこで、賃貸保証業歴10年の僕がおすすめするのは、『ビレッジハウス』さんです。

https://www.villagehouse.jp/

  • 初期費用0
  • 仲介手数料0
  • 引越しサポート3万円付き

低額の費用負担で引越しが実現できます。

 

一例でいくと

45,000円の家賃

-フリーレント1ヶ月

- 引っ越しサポート適用(3万円)

-当月日割1日分の 日割り

---------------------------------

敷金:0円   礼金:0円

仲介手数料:0円

鍵交換:0円

当月日割り:1500円

翌月賃料 :15,000円

翌翌月賃料:0円

----------------------------------

合計:16,500円

しかも、お部屋に住んでからの最初の家賃支払いが翌々月の3ヶ月後になります。

初期費用が安く住むだけでなく、家賃支払いまでの3ヶ月間で蓄えもできますので、生活じたいも楽になりますね。

ビレッジハウスは他社と比較しても93%カットの初期費用としており、とにかく費用を抑えた引越しを実現したい方には、打ってつけの賃貸物件です。

又、家賃も2万円〜と低価格な家賃帯の物件も多々そろっているのも特徴的です。

今なら3万円の引越しサポートを実施していますので、お早目に問い合わせしてみましょう。

(エリアによっては適用外の物件もあり)

又、ビレッジハウスの賃貸物件はエリアによっては空室が出たとたんに埋まってしまうほど、、、。

早い者勝ちな所もあるので、早目に物件の詳細資料をもらって検討してみましょう!

家賃2万円〜、初期費用も0円!

ビレッジハウスは不動産会社を介さずに直接契約ができるので、仲介手数料も0円になります。

問い合わせもメールで簡単に問い合わせが可能なので、物件資料をもらってじっくり検討してみましょう。

『とにかく、費用負担をかなりお得に抑えて引越ししたい!』なんて方はビレッジハウスに早速、問い合わせしてみましょう!

『ビレッジハウス』単身者、ファミリー、高齢者、外国人など、どなたでもお住まいいただける低賃料の住宅!

ビレッジハウスマネジメント

北海道から九州まで全国7カ所の支社と住まい相談センター、契約事務センターを展開し、入居募集から受付、審査、物件管理まで一貫したサポート体制で、入居希望者や入居者の安心を支えてくれています。

  1. 不動産会社さんを介さない『お問い合わせ』で仲介手数料0円。
  2. 最大30,000円の引越しサポートやフリーレント
  3. 抽選なしでの入居、保証人・保証会社不要

 

スポンサーリンク

-ランキング

Copyright© レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.