信販系

JACSS(ジャックス)カードの家賃保証審査を受ける際に気をつけたい事!

スポンサーリンク

悩んでいる人
今度のお部屋を借りる際に、ジャックスの家賃保証会社へ加入しないといけない』

 

このような方もいらっしゃるでしょう。

この悩みを解決します。

 

レント君!!
何故なら、私自身も現役にて賃貸保証業界へ身を置いており、ジャックスの審査を熟知しているからです。 

 

実際に、プロである不動産会社さんからもジャックスの家賃保証については質問を受ける事もあり、日々対応させていただいています。

 

この記事を読み進めて頂くと、ジャックスの審査基準、審査に通す方法を十分に理解して頂けます。

 

JACCS(ジャックス)の審査はゆるいのか?厳しいのか?

参考:アレンジ可能な家賃保証(サポートレントシステム)

 

そもそも、ここが重要になってきますが、結論から言うと、クレジットカードで事故を起こしている方には非常に厳しくなります。

 

もっとハッキリ言うと、100%ジャックスの審査に通すのは不可能です。

 

何故なら、ジャックスの審査自体はクレジットカードを作る時と同じ審査になるからです。

 

皆さんのイメージとしても、クレジットカードで事故を起こしていて、ジャックスのカードが新規で作れるか?どうか?を考えた時に、さすがに審査に通ってカードが作れるイメージはないですよね。

 

それと一緒です。

 

クレジットカードなどの事故でジャックス審査が落ちる理由

 

こうなってしまう1番の要因は、信用情報機関に照会されて審査をされてしまうが為です。

 

信用情報機関とは、

信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報のこと。 個人情報の一つ。

 

主な機関は、CIC・JICになります。

 

勿論、ここには自己破産や任意整理などの個人情報なども集約されます。クレジットカードやローンなどを組むと、必然的に個人情報が吸い取られているんですね。

 

重複してしまいますが、クレジットカードや金融関係で事故を起こしてしまうと、ジャックスの審査を始め、その他の信販系保証会社の審査に通らないことを認識しておきましょう。

 

尚、この記事では、ブラックの方がいとも簡単にジャックスの審査に通せるミラクルな方法を書いている訳ではありませんが、万が一審査に落ちてしまった後の対処方法を詳しく書いています。

 

ご興味ある方は、このまま読み進めて頂くと幸いです。

 

さあ!ジャックスの審査についての知識を深めよう!!

家賃保証会社はまだまだ新規参入している企業も多く、今後も賃貸市場での利用ニーズは伸びてくるでしょう!

 

その中で、

ジャックス(JACCS)

の家賃保証も根強く管理会社や不動産会社に利用されています。

特に大手と言われる管理会社にも利用されているので、今後お部屋探しをされる方は、もしかしたら今後?ジャックスへの保証加入機会に直面するかもしれません!!

 

実は何度も言うように、ジャックスの家賃保証加入では、クレジットカードで事故を起こしていると審査に通りません。

 

なぜならば、CICと言う個人情報機関で審査をしている一面があるからです。

今回の記事でわかること

  • ジャックスの家賃保証審査に落ちてしまう方の特徴
  • 審査を受けるに当たって気をつけるべき注意点
  • ジャックスの審査をスムーズに通す方法

記事を読み終えた後は、ジャックスの審査方法や審査基準、又審査に通す方法を理解して頂けると思います。

 

信販会社(クレジットカード)の家賃保証が急増!!

geralt / Pixabay

賃貸物件を借りる際に、信販系の家賃保証会社へ保証加入しないといけない!いわゆるクレジットカード会社の賃貸保証加入を不動産会社より勧められるケースが増えています。

 

家賃保証会社は全国でも一時だけで300社以上あると言われていますが、この信販系の家賃保証会社で賃貸保証サービスを提供している会社も約10社以上はあると言う事で数多く存在しています。

 

信販系である保証会社の代表的な会社と言ったら

  • ジャックス
  • オリコ
  • アプラス
  • セディナ
  • エポス

あたりが有名です。

 

これからお部屋を借りようと思っている方も、この信販会社(クレジットカード)の家賃保証会社へ加入しないといけない状況は充分にありますので、ある程度の知識は身に付けておいた方が無難です!

 

では、いったい独立系の家賃保証会社と信販系(クレジットカード会社)に加入するのとでは、入居者にとって何が違ってくるのでしょうか?

 

今回は、この両者(独立系、信販系)の違いを細く比較していきたいと思います。

 

レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の...
1970.01.01
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!
https://tainoukaisyou.com/post-92/
賃貸物件に住もうと言う人に、今や必須になった家賃保証会社!気になる審査や詳しい実態も?知って得する情報発信!!

 

入居者側で賃貸保証会社は選べない!

 

実は物件を借りようとされている方が家賃保証会社へ加入しないといけない場合、自身の加入する家賃保証会社を選ぶ事はできません。

 

いわゆる、自分で『この家賃保証会社へ加入したい!』と、選ぶ事が出来ないのです。これには、各不動産会社、管理会社、物件オーナーが自分達に合う会社を指定している現状がある為です。

 

ですので、あなた自身が借りようというお部屋を管理している、管理会社や個人オーナーの考え方によって指定される会社は様々になってしまいます。

 

万が一、お部屋を借りようと思っている方が自身で探された『家賃保証会社を利用したい!』と言っても100%受け入れられないと思いますので注意が必要です。

 

不動産会社や個人オーナーが賃貸保証会社を選ぶポイントはその会社やオーナーの考えによってことなりますが、ほとんどがこのようなケースになります。

 

  1. 金額が安いか?(家賃保証会社へ払う費用)*ちなみに費用負担は入居者ですが、、、。
  2. 審査は厳しくないか?
  3. 利用する不動産会社がこうむる手間はないか?
  4. 家賃以外の保証もしてくれるのか?(退去精算費用etc)
  5. 会社の財務状況

以上が最大の選ぶポイントになります!

 

家賃保証会社を指定されれば従うしかない!

 

恐らく、家賃保証会社を選んでいる賃貸人や管理会社、又は不動産会社は各賃貸保証会社の営業マンよりしっかりと保証内容の説明を聞いて、納得して導入していると思いますので、お部屋を借りようとしている方が何を言っても意味がないです。

 

家賃保証会社加入必須物件では、自分自身が気に入ったお部屋を借りる条件で、指定された保証会社への加入は避けては通れない状況であり、必ず必要になります。

不動産賃貸業者が勧めてくる「賃貸保証会社への加入要」の意味!!

 

ここは文句を言わず、指定された保証会社へ加入する事を承諾してしまいましょう!但し、どうしても嫌であるのであれば、違うお部屋を探されるしかありません!

 

①物件自体を変えるか?
②素直に不動産会社が指定した保証会社へ加入するか?

二者選択になります。

 

ジャックス(JACCS)による賃貸の家賃保証への入居者対策は重要

mohamed_hassan / Pixabay

今では、信販系家賃保証で加入条件になっている物件の中でジャックス(JACCS)』も各不動産会社の利用率が高いです。

 

もしあなたが、ジャックスの家賃保証に加入しなければならない状況が生まれた際の、対処方法をお教えしていきたいと思います。

 

『ジャックス(JACCS)』と聞いて、ある程度の方が名前位は知っているのではないでしょうか?

 

もしくは既にジャックスのクレジットカードを所有していて『日頃からショッピングなどで利用している!!』なんて方も少なからずいると思います。知名度は不動産会社の利用率に直結しています。

 

利用する側からしてみれば、名前が売れているって言う知名度は安心感があるんでしょうね!

 

さて、ジャックスさんも以前はあまり家賃保証分野には力を入れていた感じはしなかったのですが、今では充実した保証内容を武器に各不動産会社さんを魅了ある保証プランにて取り囲んでいます。

 

ジャックスの家賃保証審査には気をつけよう!!

 

ジャックス家賃保証で一番気をつけたい事がなんと言っても審査になります。信販系の全体に言える事なので、憶えておいた方が絶対に有利です!

 

では、ジャックスの保証はどのような審査をしているか?独立系と信販系では、そもそも審査の基準が違います。

 

一番重要ポイントなので、再度振り返りますが、ジャックス(JACCS)を含めCICの個人信用機関データーを利用した審査を実施している事です。

この機関?ざっくり言うと、クレジットカードで事故を起こされた方が、事故歴となってデーター保管されている機関です。

 

だいだいの目安として、5〜7年は事故歴のデーター保管がされますが、ほぼ5年で消えると思います。

ブラックリストの方が賃貸契約に必要な保証会社の審査を通す超簡単な方法!!

 

しかし、あくまでもキャッシング等で支払い遅れがある場合、完済してからが条件なので気をつけましょう!

 

そして、事故歴(カード事故)がある方はジャックスにとどまる事なく、他の信販会社(クレジットカード系)の審査にも通りません。

 

自己破産した人が賃貸保証会社の審査を通す!すぐに実践できる具体的な方法!!

 

こうなってしまっては、せっかく気に入ったお部屋を借りようとしても、ジャックス家賃保証の加入条件を不動産会社から勧められる以上、そのお部屋に入居する事は難しいです。審査に通りませんので、、、。

 

賃貸市場に多く出回るようになった信販系家賃保証ですので、大きなハンディキャップを課せられないよう、日頃からクレジットカードの取り扱いには気をつけましょう!

 

又、この信販系の会社が賃貸借契約にCICを利用する審査に関し、以前に問題なのでは?』と社会的にも取り上げられた事があります。

 

賃貸借契約にクレジットカードの事故歴などを調べあげるのなんて、『個人情報の観点からおかしいのでは?』てな事なんですが、今では沈静化、、、。どうこうなる事もなく、現状通りの運用でやられている現状。

 

まだまだ改善されていくには、時間がかかるるでしょうね!

 

クレジットカードも使い方次第では審査メリットが得られる!!

 

しかし、意外なメリットもあります。

 

例えば、ジャックスカードもそうですが、クレジットカードをよく利用しているものの、その利用方法は健全で当然にして支払いに関しては遅れなどはない!

 

こうなるとカード会社としては、良くカードを利用してくれる上顧客に見てくれます。

 

この取引履歴があなた自身の信用を生み出し、意外にもこの履歴で審査が通りやすくなると言うメリットもあります。

 

又、ジャックス(JACCS)もそうですが、信販系の審査は連帯保証人を付けない、本人のみの審査になるので、審査落ちしたらそこで終了になります。

 

ジャックスもしかり、今では賃貸市場で信販系は大手管理会社中心に利用が増えていますので、お部屋を借りる際に加入条件となる確率は高いでしょう!

 

ジャックス等の信販会社審査が落ちてしまったら?

geralt / Pixabay

不動産会社や管理会社も、お部屋を空けておくよりは入居してもらった方が当然良いとは思ってますので、それぞれ色々な策を講じてます。

 

例えば、信販系の審査に落ちるようであれば、独立系の賃貸保証会社に加入してもらうとか!審査基準は独立系の方が、緩くなる感はありますからね。これは今でもそうですね!!

 

それだけ、クレジットカードで事故を起こされている方が多いって事もあるのですが、、、。

 

審査方法は独立系、信販系と変わらない審査の流れになると思いますので、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

 

 まとめ

 

家賃保証は、賃貸物件を借りる際に加入条件として絶対に入らなけれざならない状況が多く生まれています。信販会社の家賃保証。

 

クレジットカードを所有されている方は、その使い方にも気をつけたいものですね!

次の引越しにあまり費用をかけたくない…。

賃貸物件を借りるあたっては、思いもよらぬ費用がかさみます。

  • 敷金・礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料

中には火災保険の費用や住んでから必要なカーテンやシーリングライトなど家具・家電など、1DKのお部屋でなんだかんだ平均30万くらいかかると言われています。

初期費用は家賃の4.5倍〜5倍が平均

不動産ポータルサイト大手のsuumoでも家賃の4.5倍〜5倍はかかってくるデーター統計を示しています。

参考:賃貸契約に必要な初期費用の相場はどのくらい? 安くする方法は? 

 

こうなると気軽に引越しをしたくても、中々できない方はできないですね。

そこで、賃貸保証業歴10年の僕がおすすめするのは、『ビレッジハウス』さんです。

https://www.villagehouse.jp/

  • 初期費用0
  • 仲介手数料0
  • 引越しサポート3万円付き

低額の費用負担で引越しが実現できます。

 

一例でいくと

45,000円の家賃

-フリーレント1ヶ月

- 引っ越しサポート適用(3万円)

-当月日割1日分の 日割り

---------------------------------

敷金:0円   礼金:0円

仲介手数料:0円

鍵交換:0円

当月日割り:1500円

翌月賃料 :15,000円

翌翌月賃料:0円

----------------------------------

合計:16,500円

しかも、お部屋に住んでからの最初の家賃支払いが翌々月の3ヶ月後になります。

初期費用が安く住むだけでなく、家賃支払いまでの3ヶ月間で蓄えもできますので、生活じたいも楽になりますね。

ビレッジハウスは他社と比較しても93%カットの初期費用としており、とにかく費用を抑えた引越しを実現したい方には、打ってつけの賃貸物件です。

又、家賃も2万円〜と低価格な家賃帯の物件も多々そろっているのも特徴的です。

今なら3万円の引越しサポートを実施していますので、お早目に問い合わせしてみましょう。

(エリアによっては適用外の物件もあり)

又、ビレッジハウスの賃貸物件はエリアによっては空室が出たとたんに埋まってしまうほど、、、。

早い者勝ちな所もあるので、早目に物件の詳細資料をもらって検討してみましょう!

家賃2万円〜、初期費用も0円!

ビレッジハウスは不動産会社を介さずに直接契約ができるので、仲介手数料も0円になります。

問い合わせもメールで簡単に問い合わせが可能なので、物件資料をもらってじっくり検討してみましょう。

『とにかく、費用負担をかなりお得に抑えて引越ししたい!』なんて方はビレッジハウスに早速、問い合わせしてみましょう。

▶︎▶︎ 家賃20,000円台! 賃貸界の革命児

『ビレッジハウス』単身者、ファミリー、高齢者、外国人など、どなたでもお住まいいただける低賃料の住宅!

ビレッジハウスマネジメント

北海道から九州まで全国7カ所の支社と住まい相談センター、契約事務センターを展開し、入居募集から受付、審査、物件管理まで一貫したサポート体制で、入居希望者や入居者の安心を支えてくれています。

  1. 不動産会社さんを介さない『お問い合わせ』で仲介手数料0円。
  2. 最大30,000円の引越しサポートやフリーレント
  3. 抽選なしでの入居、保証人・保証会社不要

 

スポンサーリンク

-信販系

Copyright© レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.