連帯保証人

家賃保証会社の審査で連帯保証人を求められる本当の理由を解決!

スポンサーリンク

悩んでいる人
家賃保証会社の審査を受けたら『連帯保証人』を付けてほしい回答が来た、、、。

 

家賃保証会社を利用するのに連帯保証人って必要なの?

このような悩みを解決します。

 

アドバイザー
家賃保証会社で15年以上在籍中!一般のユーザー様にもわかりやすく解説していきます!

 

家賃保証会社から連帯保証人を求められるのは何故?

Tumisu / Pixabay

 

家賃保証への加入=連帯保証人はいらない!

 

このようなイメージは決して間違いではありません。なぜなら、連帯保証人の代行をしてくれるのが、家賃保証会社と言うのは一般的にも賃貸市場で浸透しているからです。

 

しかし、連帯保証人を家賃保証会社から求められる理由としては、『連帯保証人無しでは不安だから』と言う家賃保証会社側の考えでしかありません。

 

はっきり言ってここが家賃保証会社の核となる業務でもありますからね!

 

【家賃保証会社=連帯保証人の代わり!】は間違い

 

『連帯保証人の代わり』保証人代行をしてくれるから、家賃保証会社に入居者はお金を払う。そりゃそうですよね。(笑

 

しかし、しかし、今、家賃保証会社への加入と、『さらに、さらに連帯保証人もつけてね!』と言う物件も少なからずあるのです。加入を勧められた入居者からしてみたら、「余分なお金を払ってさらに連帯保証人を用意しろなんて!ふざけるな!」って思いますよね?

 

でも、実際にこのような事案は多々あります。この不思議な現象?入居募集をしている物件オーナーや管理会社の思惑とはなんなのでしょう!?

 

人的保証を求める賃貸人や管理会社!!

 

お部屋を借りる人は複雑な気持ちですよね。だって、連帯保証人も必要だわ、家賃保証も加入しないといけないわ!保証加入によっての余分な出費だってあります。

 

しかし、これにはもちろん、お部屋を貸す側のはっきりとした理由があります。家賃保証会社が物件オーナーに保証するのは、家賃や退去精算費用にあたる原状回復費用といった、いわば金銭的な保証をします。

 

厳密に言えば、金銭(お金)面しか保証しません。これだけでも充分なんですが、物件オーナーにはもう一つ、お部屋を貸す際にリスクを軽減しておきたい事があるんです。

 

大家さんは家賃保証会社と連帯保証人で安心をしたい

 

それは、入居者が近隣迷惑やトラブルを何かしら起こした際に、即座に連絡や行動を起こしてくれる人員確保です。いわば、人的保証をしてくれる保証の事です。

 

連帯保証人がこの役割を担うんですね!

 

物件オーナーや管理会社の手間が、連帯保証人がいれば省かれる事は実は多々あります。確かに、連帯保証人がいない場合、入居者(契約者)が、物件内でトラブルを起こしてしまうと、賃貸人や管理会社は自分達で動かないといけませんからね。

 

連帯保証人がいることはお部屋を貸す側にとってはありがたい存在

 

マンションやアパートは人の集合場所ですから、他の入居者からのクレーム事は意外にあります。例えば、隣の部屋がうるさいなんて言う、騒音問題とか。又は、少なからずある物件内でのルールとか!ゴミ出しもそうですし、他の入居者と共有を図らないといけない事はあります。

 

でも、中には守れない人も、、、。

 

そんな時に連帯保証人へ連絡をし、事情を話して変わりに動いてくれるのは助かります。だって、連帯保証人になるくらいですから、契約者本人との関係性は基本、深いですからね。

 

  • 金銭面は家賃保証会社へ
  • 人的保証は連帯保証人へ

 

このような物件オーナーや管理会社の考えが、連帯保証人あり保証加入の最大の理由になってきます。

 

賃貸の契約で連帯保証人がいる事のメリットは大きい

 

又、家賃保証会社も金銭的な保証はしてくれるものの、何から何まで保証してくれる訳ではありません。

 

毎月の家賃の保証は別としても、その他の保証(原状回復費だとか)には原則、上限がついており、オーナーが希望する通りの金額を保証できないケースは多いです。原状回復費用のお金は中には何十万円かかってしまうなんて事はザラにありますからね!

 

そうすると、オーナーや管理会社みずからが、家賃保証会社が立替てくれなかった差額分を契約者へ請求していかなければならないので、この時に連帯保証人がいるのは大きいです。

 

アドバイザー
このように、大家さんにとって連帯保証人の存在意義がかなり大きな影響を及ぼしているのがわかると思います。

 

新築や人気物件は当然にして強気な募集条件が当たり前!!

 

こんな強気な入居募集をしていて、そんなお部屋を借りる人がいるのか?こんな疑問も出てきますが、物件の特徴としては、新築の物件か、お得な格安物件にこのような条件で募集しているケースが多いですね!

 

いわば、ある程度は物件に強みを持っていると言うこと。又は、お部屋を貸すオーナーが以前、よほど痛い思いをしているか?(笑

 

いずれにせよ、部屋を借りる入居者も納得してしまう物件に多いと言うことですね。このような場合は、有無を言わさず家賃保証会社加入を絶対条件として募集しているので、連帯保証人がいるとかいないとか関係ありません!

 

とにかく加入必須です。

 

家賃保証会社の審査で連帯保証人を付けないと通らない方もいるのは事実

 

但し、このような例ばかりではなく、連帯保証人がいないならいないで良いけど、『家賃保証には絶対に加入してね!』って所も当然あります。

 

このような場合は、まずは契約者本人を審査するものの審査によって連帯保証人を付けないと、家賃保証会社の審査自体が通らないという状況で発生します。これはこれで、仕方ないかも?

参考:家賃保証会社の審査に通りやすい人の条件!

 

素直に受け入れてしまいましょう!選んだ物件によって、入居条件は変わります。現状では、その条件に納得できないなら違う物件を探すしかありません。

 

アドバイザー
まだまだ、貸す側の方が強い状況は少なからずありますからね。

 

連帯保証人を付けないと審査に通らない!家賃保証加入を避ける方法!

 

せっかく連帯保証人を付けるのだから、何とか家賃保証への加入だけは避けて入居できる方法は本当にないのか?『家賃保証への加入で保証料と言う金額も払わないといけないんだし、何とかしたい!!』ありきたりな答えになりますが、本気で考えてみました。

 

強いて言うなれば、あなた自身ではどうにもなりません!ここは、あなたが部屋探しをお願いした不動産会社の担当者に頼ります。不動産会社は賃貸人(貸す側)と賃借人(借りる側)の間に入って、最高の答えを導き出す立場です。

 

いや、そうする事ができる営業マンがすばらしい営業ではないでしょうか?これをやるから仲介手数料と言うお金を入居者から頂く事ができるんです。

 

ですので、不動産会社の担当者にお願い、相談をして、賃貸人への交渉をお願いしてしまいましょう!はっきり言うんです!『連帯保証人を付けるんだから家賃保証加入だけは何とかして!って!』別に恥ずかしくも何ともありません!

 

お部屋探しをする不動産会社の心理をくすぐる

 

このような段階では、もう『お部屋を借りる寸前!』もっと言えば、不動産会社からしてみたら『仲介手数料を入居者からもらえる寸前!』このタイミングで、強くお願いしちゃいましょう!

 

『できるか、できないかはやってみないとわからない!』案外、簡単に事がすすめばラッキーだと思いませんか?

 

不動産会社の営業マンをうまく活用しよう!

 

簡単な壁では決してないのですが、何とかこじ開ける気持ちでガンガン相談しちゃいましょう!もし、不動産会社の営業担当が粘りに粘り、根気よく賃貸人へ交渉を勧められる交渉が出来たら?

 

物件オーナーによっては、空室を埋める為の入居優先且つ毎月の家賃を発生させるのが第一優先です。お部屋を貸す側である賃貸人によっては家賃保証加入を取り消してくれる可能性大です!!

 

ただ、ある程度の内容が良い連帯保証人ではないと物件オーナーへの交渉が難しくなると思うので、ここも大事な事なので、覚えておいて下さいね。

 

まとめ

 

ちなみになんですがやはり、まだまだ家主さんは身内の方を連帯保証人に付ける事にこだわります。いわゆる、親もしくは兄弟とか!

 

又、親でも年金生活ではなく、まだまだお仕事されている方、又は持家なんかが家主や家賃保証会社の審査では好まれますので、合わせて覚えておいて下さい!

 

ab

スポンサーリンク

-連帯保証人