家賃保証会社の保証解約はできるか?

保証解約
qimono / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

賃貸物件への入居条件として

家賃保証会社への加入が増えてきている昨今。

賃貸物件に住もうと思ったら・・・

 

『そもそも家賃保証へ加入したくなかったのに半ば強制的に加入させられた!』

 

なんて方も多くなってきました。

しかし、これは仕方ありません。

と、言うのも

世の中の動向が『家賃保証会社に加入してもらうのが当たり前!!』

と言う動きになってきているからです。

今では、ほとんどの賃貸住宅の入居に関する契約条件としている状況です。

実際にお部屋を貸す側である、賃貸人(オーナー)も家賃保証会社に頼る傾向は強くなってきています。

このような中!

『何とか家賃保証会社の契約に対して保証解約ができないか?』

なんて考える方も出てくるのではないでしょうか?

『結論、ある?方法であれば家賃保証会社の保証解約は出来ます!』

今回は家賃保証会社の解約に迫ります!!

 

スポンサーリンク

家賃保証会社へ支払う保証料

最近は、契約途中ではあるものの、家賃保証会社の保証解約を求めている方が多くいらっしゃいます。

geralt / Pixabay

『何故?でしょうか?』

これには理由があります!

新しいお部屋に住む際に、保証加入した

『家賃保証会社!!』

入居前に保証委託料(保証会社へ払うお金)を払い、『これで一安心!!』と

お金のことに関しては落ち着いたと思ったら、、、。

 

家賃保証会社への更新料発生!!

ほとんどの家賃保証会社には『更新料』と言うものが必ず存在しています。

 

これは、家賃保証会社へ加入し保証自体が開始されてから1年後・・・

つまりは

『毎年お部屋に住み続けている限り、保証加入者から更新料を頂きますよ!』

と言う家賃保証会社なりのシステムになります。

この『更新料』について具体的にお話ししますと、、、。

 

①家賃6万円の物件に住む
    ⇓
②1年後に家賃保証会社より更新料の手紙?はがき?が届く
    
③期限通りお支払いをしないと、家賃保証会社より督促あり!
    
④拒めばお部屋を管理している管理会社からも督促が、、、。

大体、このようなイメージになります。

この更新料、金額負担としては平均1万~2万円位が相場ですが、保証会社によって料金は様々です。
*中には家賃の10%頂きますと!言うのもあります

 

まあ、そうは言っても

『毎年1回だけの支払いだから・・・』

 

なんて思われる方もいらっしゃると思いますが、結構ボディーブローのように後々、費用負担が効いてきます(笑

と、言うのも更新料と言うものは賃貸物件に住まわれている限り、家賃保証会社の更新料だけではないからです。

賃貸に住まわれると、火災保険の更新、又賃貸借契約そのもので更新料が発生するような契約物件であると、ここでもお金がとられてしまう、、、。

 

そう!

状況によって色々な請求が固まると、かなりの金額でびっくり!

なんてことも実際にありますので甘くは見れない重要なことなんです。

毎月の家賃を健全にお支払いしている中でも、保証加入者は毎年の更新料負担になりますので、支払いに対してバカバカしくなってくるのが家賃保証会社を解約したい理由にもつながっています。

 

今の家賃保証会社の加入を解約したい!

みなさんは、入居前にあれよあれよと加入を勧められた家賃保証会社の契約自体を解約できると思いますか?

答えは『出来ます』いや、出来ると思います(笑

家賃を健全に払っているのに、毎年、毎年取られる更新料の支払いに嫌気をさす方は多いです。

 

当然ですよね!

 

保証契約自体を解約出来ればこの『更新料』は当然にして家賃保証会社へ払わなくてもいいですからね!

 

でも、契約は契約。

そう簡単に思いつきで保証契約の解約はできません。

当然、物件オーナーにしてみれば、入居者にせっかく加入してもらっている家賃保証をみすみす解約はしたくないでしょう!

家賃保証会社からの保証は物件オーナーにとっては、メリットしかありませんからね。

 

例えば、入居者が家賃保証に加入している限り、物件オーナーにとっては家賃滞納もその他のリスクも軽減できます。

しかし、このような状況化で何とか解約へ向けての交渉ができるとしたら?

解約できる最低限の条件としては

 

・賃貸人(物件オーナー)が了承してくれる。
・家賃を毎月遅れずに支払っており信用性がある。(住んでから2~3年の実績)
・連帯保証人がいるのに家賃保証会社に加入している

 

ざっとでいけばこんなところでしょう。

具体的に説明していきます!

 

家賃保証会社の解約は賃貸人(家主)が了承しないと解約できない

仮に家賃保証会社の解約を入居者さんが直接、家賃保証会社へ打診したとしても、受け付けてはくれません。

家賃保証会社の解約はあくまでも、代理店になっている不動産会社からになります。

強いては、賃貸人である家主さんが了承しない限りは、不動産会社も勝手には解約届けを出してはくれないでしょう。

ですので、

賃貸人(家主)を口説いて家賃保証会社を解約しなければなりません。

住まわれている賃貸物件で異なると思いますが、例えば大谷さんが近くに居たり、日頃からコミュニケーションを取れているようであれば、直接打診してみても良いでしょう。

又、直接家主さんへの打診が難しいようであれば、物件の管理会社さんを通じて打診してみても良いと思います。

この管理会社は、お部屋へ入居する前に締結した賃貸借契約書に物件の管理会社として『社名』が記載されていると思うので、確認してみてください。

 

家賃保証会社を解約する為には家賃滞納が無いのは絶対条件!

家主さんや管理会社へ家賃保証会社の解約を打診する際の絶対条件として、

『家賃滞納がない』

これが、絶対条件になります。

さらに、長年(2年〜3年)に渡って家賃滞納がないのであれば尚更良いです。

何故なら、家賃滞納もなく健全にお住まいになっていれば、あなた自身の信用が付いています。

そもそも、家賃保証会社に加入してもらいたい家主さんの心境は、家賃滞納が怖いので入居者に加入してもらうのです。

それが、2年〜3年家賃滞納がなければ、家主さんも安心するでしょう。これは、管理会社の場合でも同じです。

これまでの実績をもとに家賃保証会社の解約を打診すれば、解約できる可能性は大です。

一応、保証加入する入居者にも事前に了承を取り付けて家賃保証への加入はすすめられます。

なので、基本的には一方的な保証解約をするのは、契約者にとっても難しい状況ですが、何事も前に進んでみないと何も変わらないです!

 

解約に伴う代替え案を提示していく

ただ、おもむろに解約したい旨を伝えた所で、了承してくれない家主さんや管理会社もあります。

その中でも、

『連帯保証人も付けているにも関わらず、家賃保証会社へ加入している』

このようなケースがあります。

特に、5年〜10年前の賃貸借契約で多くみられます。

この記事を読まれている方で該当されていない方もいらっしゃると思いますが、一度契約内容を確認してみてはどうでしょうか?

もし、賃貸借契約上で連帯保証人を付けているようであれば、これを理由に解約の打診がしやすくなると思います。

是非、家賃保証会社の保証解約をしたいと強く願っている人は、挑戦してみて下さい!

 

さらに制度高く保証解約を目指したい方は下記の記事は非常に参考になると思います!

それでは皆さん!成功を祈ります!!

コメント

  1. […] 参考記事:家賃保証会社の保証解約はできるか? […]

プロフィール

Rinp

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

Rinpをフォローする
タイトルとURLをコピーしました