賃貸保証会社

家賃保証会社の保証内容を理解する上で押さえておきたい要注意ポイント!

レント君!

◎家賃保証業界で10年以上在籍中 ◎ここでは常にユーザーファーストで執筆(保証加入される方に向けて) ◎今まで1000社以上の不動産会社・管理会社・大家さんと接しています!又、業界の最新動向を誰よりも早く察知するのが好き ◎知識のスキルマーケット「ココナラ」に家賃保証会社を利用している・これから利用する方向けの相談解決サービスを出品中(【スマイル家族】で検索してね♪) ◎Twitterアカウント:@rentokun1231

スポンサーリンク

今の世の中?

 

知識がなかった為に知らぬ間に損していた!!

 

なんてことはないでしょうか?

 

家賃保証会社の利用にもこれは大きく影響しています。賃貸人にとってもあくまでも家賃保証ですから、何かあった時に助かる商品です。

 

特にお部屋を借りる人に加入を促す賃貸人(物件オーナー)は家賃保証会社の保証内容を知ってれば知っているほど金銭面的に大々的に得をするのが家賃保証会社の利用です。

 

レント君!!
ちなみに私は賃貸保証会社に10年以上在籍中!この業界のことなら誰にも負けない自信あり!!

 

保証会社を利用している賃貸人(家主)でさえ、保証内容をわかっていないのが現状!

物件オーナーにとって、家賃保証会社は『得』が得られる最高の会社であると思います!!

 

しかし、残念ながら賃貸人にとって家賃保証会社がどこまでの保証をしてくれるかを理解している人と、してない人の差は実に大きいと私自身感じています。

 

確かに、ここには家賃保証会社そのものの仕組みが関係してきます。

 

家賃保証会社は不動産会社に売り込みをかけている

家賃保証会社は全国に150社以上あると言われています。各社、自分の所である家賃保証を利用してもらおうと日々、営業をかけていますが、かけている先が『不動産会社さんである!』と言うのが一つのポイントになってきます。

 

基本的に家主、いわゆる賃貸人へ営業をかけているわけではないので、賃貸人(家主)さんもわからない?環境がある為です。

 

こうなると、不動産会社さんがしっかりと賃貸人(家主)さんへしっかりと説明できれば問題ないのですが、そうは中々いかない現実もあるのが正直な所です。

 

家賃保証会社の保証内容を把握することで得をする!

 

その中でも当然にして、家賃保証会社の保証内容を充分に理解しようと、真摯に向き合っている物件オーナーは『得』を必ずしていると思います。

 

今回は、賃貸人にとって知っておいた方が必ず得をする知識を説明していきましょう!!

 

家賃保証会社は賃貸人へどこまで?保証をしてくれるか?

 

『家賃保証会社=毎月の家賃を保証会社が立て替えてくれる!』

 

そんなイメージが一般化されていますが、保証会社によってその他の保証も色々付帯されています。

 

例えば・夜逃げされた場合の残置物撤去費用
・修繕費(原状回復費用)
・早期解約違約金
・解約予告違約金
・更新料
・ハウスクリーニング費用
・鍵交換費用

 

等が代表的です。

 

またさらにはこんなものも立て替えてくれる家賃保証会社もあります!

 

火災保険、口座振替手数料、水道・電気代etc

 

これだけでも賃貸人にとって結構にして保証内容が充実していると思いませんか?

 

『毎月の家賃以外でも上記のような項目も立替しますよ!』と言ってくれてる家賃保証会社は多いです。

 

むしろ今ではほとんどの家賃保証会社がこれ位の保証内容を当たり前化しています。

 

家賃保証会社が立替えてくれる保証費用は利用しないと損しかない!

 

『家賃だけを立て替えてくれればそれでいい』

 

そのような考えの物件オーナー様は良いかもしれませんが、後で知って悔しい思いをしてしまうオーナーもいるのが現実です。

 

しかも、良い意味でお金に「がめつい」方が多いのも物件オーナー(笑

 

自身でお金をかけずに家賃保証会社を利用しているわけですが(*現状は費用は入居者負担があたりまえ)利用しているからには最大限の保証を家賃保証会社へは求めたいもの。

 

家主業をしている方は、一見お金持ちに見られてしまうわけですが(*確かに大金持ちの方もいます!)皆さんが皆さんそのような事はありません。

 

なぜなら、借金をしている方がほとんどだからです。

 

本当に、1円も無駄にしたくないと言う、強い気持ちを感じる物件オーナーさんは世の中には多くいると、私自身も痛感しています。

 

賃貸物件をお建てになったときにできる『借金

 

この借金を、入居者から得る毎月の家賃で返済に回しているのが現状です。だから、毎月得られる家賃収入であるお金には、がめつくなってしまうんでしょうね!

 

この辺のお話は家賃保証会社利用に関してのお話とかけはなれていきますので、中略しますが大家さんでも大変な方が多いと言う事は断言できます。

 

家賃保証会社の契約書裏面は重要!!

 

『すべては契約書にあり!!』

 

これは、どこも同じではないでしょうか?

 

言った言わないのトラブルは世の中で多く存在しています。

 

その中で、『最終的には契約書に何が記載されているか?』が全てになってくると思います。

 

保証内容については・・・『何条の何項に記載されています』と言われれば賃貸人・賃借人双方とも納得するしかありません。

 

だってお互い、その内容で契約を締結してるんですからね!

 

署名、捺印もしていることでしょう。

 

見てなかったら、見てない人の責任です。

 

但し、保険屋さんの契約書もそうですが、保証会社の契約書裏面もかなり細かく(小さく)記載されているのも事実。

 

これを乗り越えた賃貸人さんにだけ”得”が待っているのかも知れません!!

 

又、情報収集もかかさず、行う事をお勧めします。

 

家賃保証会社の利用は不動産会社や管理会社が多い為に中々、保証内容自体が賃貸人(物件オーナー)へ届かない事があります。

 

もし?管理会社が家賃保証会社の保証内容を理解していなかったら?

 

しっかりと利用した家賃保証会社の保証内容くらいは、賃貸人(大家さん)も契約書に目を通して理解しておくべきです。

 

そうしておかないと、下手をするとせっかく保証会社が立替保証できるもので何十万円も賃貸人の方が損をしている事だって、正直あるのですから!

 

基本的には家賃保証会社は請求をしないとお金を出してもらえないシビアな面があるのも事実です!!

 

どの家賃保証会社がどこまで対応してくれ、どこまでの費用を負担してくれるのか?

 

しっかりと把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

レント君!

◎家賃保証業界で10年以上在籍中 ◎ここでは常にユーザーファーストで執筆(保証加入される方に向けて) ◎今まで1000社以上の不動産会社・管理会社・大家さんと接しています!又、業界の最新動向を誰よりも早く察知するのが好き ◎知識のスキルマーケット「ココナラ」に家賃保証会社を利用している・これから利用する方向けの相談解決サービスを出品中(【スマイル家族】で検索してね♪) ◎Twitterアカウント:@rentokun1231

-賃貸保証会社