自己破産者は全保連の審査に通るか?隠された裏側の審査事情とは!?

家賃保証
doctor-a / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

賃貸物件に住むにあたっては、お部屋を貸す側である物件オーナーの事前の入居審査があります。

そして、ほとんどの賃貸物件の入居条件として『賃貸保証会社への保証加入』に伴い保証会社からの審査も受けなければなりません。

ここで言う賃貸保証会社の審査に関しては『厳しい、緩い、通りやすい!』がありますので、審査を受ける賃貸保証会社で審査に通る承認率は様々です。

 

中には、『家賃滞納を過去にしてしまった!』『クレジットカードで以前に事故してしまった。

このような理由がある中で審査をうけなければならない方だっていらっしゃいます。

そしてさらには?

『自己破産までいってしまった!』

なんて状態で賃貸保証会社の審査を受けるとなるとどうでしょう?

かなり不安だと思いますが、、、。

結論!!

『審査に通ります!』

賃貸保証会社の審査と聞くと、特に自己破産されている方は少なからず億劫(おっくう)になりますよね。

でも、大丈夫です(笑

そして、今回は賃貸保証会社の中でも大手保証会社として腰を据える

『全保連の審査で自己破産されている方が審査に通るか?』を紐解きます!

スポンサーリンク

自己破産していても全保連の審査には通ります!

『家賃滞納した事がある!』もさることながら『自己破産した事がある!』についても賃貸保証会社の審査を受けるにあたっては中々気が引けます。

しかも?

審査が厳しい!なんて言われている家賃保証業界のドンである『全保連』ならなおさらです!

しかし、安心してください。

全保連の審査を受ける方が自己破産してようが、クレジットカードで支払い事故があろうが、審査には通ります!

なんだか不思議な話しに聴こえてしまうかもしれませんね。

何故?自己破産していても全保連の審査に通るのか?

これは、、、。

全保連のような独立系賃貸保証会社は、そもそも『通す・通さない』の審査基準に申込者が自己破産しているか?クレジットカードの支払い事故を起こしてないか?の情報を取り入れていません。

この事から審査が厳しい全保連でも審査が通ってしまうんです。

しかし、家賃滞納を過去や現在含めて起こしてしまうと審査に通りませんのでご注意を!!

その他にも『自己破産していても審査に通る賃貸保証会社は以下になります。』

»日本セーフティー
»カーサ(casa)
»jid(日本賃貸保証会社)
»ジェイリース
»フォーシーズ
»エルズサポート
»ナップ
»ほっと保証
»アーク
»オーロラ
»カプコ(レンぽっぽ)

*その他、独立系と言われる賃貸保証会社

無職で自己破産、クレジット事故の方は審査に通りません!

先程、述べたように自己破産してようが安心して全保連の審査に望める事は理解して頂けたと思います。

しかし

気をつけて頂きたいのが、自己破産していても『誰でも審査に通るか?』と言われれば『否!』です。

勿論、全保連はその他にも申込者の情報を審査して、総合的判断として審査結果を出します。

例えば?

自己破産していて、申込時のお仕事も無職となれば審査に通りません!

全保連の審査では『無職』の方を審査に通す甘い審査基準は存在していません。

全保連の審査基準は他保証会社と比べても厳しい面をあくまでも持ち合わせていますので、ご勘違いのないように!

全保連からの審査電話への対応には気をつけよう!!

全保連の審査でも、自己破産をしてしまった方が審査に通るのはわかっていただけましたか?

しかし

本当は審査に通っていたのに、ある対応一つで全保連の審査に通らなくなってしまった!なんて事があります。

それは

『全保連からの審査電話の対応です!』

どういう事かと言うと、全保連は審査時に申込者へ架電審査(電話連絡)をしています。

具体的に言うと、申込者へ全保連から電話連絡を入れて審査をするスタイルです。

当然、この架電審査(電話連絡)を実施している保証会社もあれば、申込書の書類だけで簡単に審査回答を出してくれる保証会社もあります。

全保連は架電審査を徹底していますので、仮に自己破産をされている方の審査時に?

『すいません、、、。私、以前自己破産しているんですが、審査通りますかね〜』

なんて、この架電審査である全保連からの電話越しに言ってしまった日には?

『そりゃあ!審査に通りませんよ〜(笑』

さすがに申込者が自己破産している事実を知った上で審査に通すのは、どの賃貸保証会社も嫌がります。

あくまでも、審査の過程の中で

『申込者が自己破産しているか?どうか?』の情報自体がわからないだけです。

みずから相手が知らない事を伝えていては、元も子もありません!

全保連の審査で代表的な審査落ちパターン!

数ある審査案件の中で、全保連が必ず審査を落としてくる案件は多々あります。

あくまでも通常多い、緊急連絡先のみ付けての審査を仮定してますが、その代表的なパターンを列記してましょう!

①水商売の方
②未成年の方
③個人事業主の方
④高齢者の方(年金受給者)
⑤生活保護受給者の方
⑥外国籍の方
⑦無職の方
⑧母子家庭の方
⑨収入が低い方
⑩学生の方

ズラッと並べてもこれだけあります!

①〜⑩に当てはまる方で全保連の審査を受ける場合は『連帯保証人』を最初から付けての審査をオススメします。

連帯保証人を付ければ申込内容にもよりますが審査に通ります。

転職するタイミングでの全保連審査には要注意!

『無職』の方は全保連の審査に通りません!

しかし、他保証会社では審査に通る余地はあります。

 

このような中、例えば

『転職予定で引っ越しを余儀なくされた!全保連の審査を受けるタイミングが丁度、前職を退職した後だった!』

このケースで審査を受ける方は恐らく、審査を受けるための申込書上には『無職』と記載せざる終えないですよね?

前職を退社して次の会社が決まっているものの、1ヶ月先!もしくは2〜3ヶ月先って事もあると思います。

重複してしまいますが、全保連は無職の方を審査に通しません!

万事休すに思われる場面ですが、、、。

この場合は、次の転職先になる会社から『内定通知書』をもらっておいて、全保連の審査時に提出しましょう。

こうしておけば、審査承認率を一気にあげる事ができます。

逆に適当な事を書いて嘘の情報を流してしまうと、『否決』回答を出されて、もう二度と全保連の審査に通す事ができなくなります。

『次の勤め先になる内定通知書での対応!』

覚えておいて下さい!!

そして、追加で申し上げると

万が一、仕事を既に退職しているものの、全保連の審査申込書上に虚偽の内容記載で審査を受けてしまうと、、、。

『審査否決です!』

全保連から審査回答で『否決』が出てしまった場合は、何をしても審査結果を覆す事は出来ないでしょう!

何故?バレちゃうかと言うと

全保連は審査時に『在職確認』を徹底しています。

 

申込書に記載されている会社に本当に?本人が勤めているか?の確認です。

嘘を書いてもバレてしまうと言う事です。

あわせて気をつけましょう!!

全保連の審査に通りやすい人は?

厳しい審査基準の全保連ですが、逆に審査に通りやすい人ってどんな人?でしょうか?

一言で言えば

仕事をしていて毎月の収入が見込める、会社員の人です。

あくまでも正社員の勤め人です。

上記であげたように、会社員の方よりどれだけ毎月の収入が多くとも『個人事業主の方』は全保連の審査に逆に通りにくいです。

ここは全保連だけに限らず、どの家賃保証会社も基本的には審査時にはシビアに見てきます。

又、気をつけてもらいたいのは、毎月キチンとした収入のある会社員の方でも、収入に見合ってない家賃のお部屋を借りようもんなら全保連の審査には落ちます。

目安としては

『家賃の4倍の収入が毎月あるか?ないか?』が、大きな線引きになりますので、欲を出したお部屋選びで全保連の審査を受けると痛い思いをします!

一つの目安にとして捉えておいて下さい!!

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

『全保連の審査でも自己破産している人も通る!』

何とも気が抜ける感じですよね。

まあ、審査に通してくれるんだから良しとしても

対応一つで逆に痛い目にもあいますから気をつけてください!!

 

 

家賃保証
rentokunをフォローする
スポンサーリンク
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

コメント

プロフィール

rentokun

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

rentokunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました