広告 賃貸保証会社

賃貸保証会社の審査での【信用情報】注意点!を業歴15年が解説!

スポンサーリンク

今回は、賃貸保証会社の審査と信用情報及び信頼性アップと成功の秘訣を皆様へお伝えしていきたいと思います。

 

信憑性

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社に15年以上従事。様々な保証会社の審査基準から経験・知見を生かした情報発信が得意です!又、賃貸保証会社の審査に不安を感じる方々に寄り添い、わかりやすいサポートを提供しています。

 

賃貸物件と信用情報の関連

「ブラック」状態の信用情報は、賃貸物件を借りる際に影響を及ぼします。具体的には、全ての物件で借りることができないわけではありませんが、一部の物件では借りることが難しくなります。

 

賃貸物件の申し込み時に信用情報は確認されるのか?

一般的に、不動産会社や物件のオーナーは賃貸契約の際に信用情報をチェックしませんし、できません。ただし、家賃保証会社との契約が必要な場合、その保証会社が信用情報を審査することがあります。

 

ですので、家賃保証会社との契約が不要な物件では、信用情報に問題があっても物件を借りることが可能です。

 

賃貸物件を借りる際に困難なケース

最近では、家賃保証会社との契約が物件借りる際の必須条件となる物件が増えています。特に都心部や新しい物件ではその傾向が顕著です。信用情報に問題があっても、すべての家賃保証会社の審査に落ちるわけではありません。

 

保証会社によって審査基準が異なり、中には信用情報をチェックしない会社もあります。ただし、物件ごとにオーナーが指定する保証会社を選択できないため、審査が厳しい場合に契約が難しくなることがあります。

 

賃貸保証会社の審査基準とは?信用情報の重要性を解説

もし?万が一、自身の信用情報に自信がない中で賃貸保証会社の審査を受けなければならない場合、不安は少なからずあるのではないでしょうか?

 

確かに、私の経験上でも自身の信用情報が著しく悪かった為になかなか保証会社の審査に通らない!なんて方は数多く見てきました。

 

場合によっては賃貸物件にすら住めない状況も考えられます。しかし、ご安心ください!信用情報が悪くとも賃貸保証会社の審査に通る方法があります。

 

審査プロセスの概要

メモ

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社は、入居者が家賃滞納や退去時の修繕費用などを滞納した場合に代わって、不動産オーナーや管理会社に代わって支払いを行うことで、オーナーや管理会社のリスクを軽減するサービスを提供する企業です。

 

入居者が保証会社に対して支払った保証料や保証金は、返金されませんので注意!

 

賃貸保証会社は、入居者の審査を行うことで、その人が信用力があるかどうかを判断しています。

 

この審査には、収入や職歴、前の家賃滞納の有無、クレジットヒストリーなどの情報が含まれます。

 

信用情報の役割とその重要性

信用情報は、

  • クレジットカード
  • ローンの返済履歴
  • 延滞や債務整理

 

上記のような情報が含まれます。

 

賃貸保証会社は、信用情報を参考にして入居者の信用力を判断することができます。ただし、信用情報は入居者自身が確認することもできますので、自分自身の信用情報に問題がある場合は、事前に改善することが必要です。

 

信用情報が賃貸審査に与える影響とその詳細な仕組み

賃貸物件の中で「信販系」保証会社に加入しなければならない物件が多々存在しています。クレジットスコアなどが著しく悪いと、この信販系保証会社では審査に通りません。

 

現在、賃貸市場の約3割は信販系保証会社に加入しないといけない物件があるかと思慮していますが、今後はもっと増える可能性もあります。

 

クレジットスコアの重要性

メモ

代表的な個人信用情報機関としてCIC(信用情報機構)は、日本における主要な信用情報機関の一つです。信用情報機構は、個人や法人の信用情報を収集・管理し、金融機関や企業に提供する役割を果たしています。

CICは、主に以下のような業務を行っています:

  1. 信用情報の収集・管理: CICは個人や法人の信用情報を収集し、信用情報データベースを構築・管理しています。このデータベースには、個人の貸借履歴、返済履歴、遅延情報、債務残高などの情報が含まれます。
  2. 信用情報の提供: CICは金融機関やクレジットカード会社、消費者金融などの顧客に対して、信用情報を提供しています。これにより、融資や貸し出しの際に信用リスクを評価するための参考情報として活用されます。
  3. 信用情報の参照: 金融機関や企業は、CICを通じて顧客の信用情報を参照することができます。これにより、貸付判断や審査の際に信用性を判断するための基礎情報を得ることができます。

CICは、信用情報機関としての信頼性と広範なデータベースを持っており、日本の金融業界において重要な存在です。個人の信用情報に関しては、適切な法的手続きや保護策が取られており、情報の取り扱いは厳重に管理されています。

 

賃貸保証会社の審査は何を調べる?

geralt / Pixabay

賃貸保証会社の審査では、入居者の信用力や返済能力、過去の賃料滞納の有無、前の賃貸物件でのトラブルの有無などを調べます。以下に、賃貸保証会社の審査で一般的に調べられる項目をいくつか挙げてみます。

 

参考

  • 収入:入居者の収入源とその金額を確認します。
  • 職歴:入居者の職歴を確認し、安定した収入があるかどうかを判断します。
  • 前の賃貸物件でのトラブル:前の賃貸物件でトラブルがあったかどうかを調べます。
  • 前の家賃滞納の有無:入居者が過去に家賃滞納をしたことがあるかどうかを確認します。
  • 信用情報:クレジットヒストリーなどから入居者の信用力を判断します。
  • 滞納履歴:クレジットヒストリーから入居者の債務不履行履歴を確認します。
  • 雇用形態:正社員、アルバイト、派遣社員、自営業などの雇用形態を確認します。

 

以上のような項目を基に、賃貸保証会社は入居者の審査を行います。ただし、賃貸保証会社によって審査基準が異なる場合がありますので、事前に確認することをお勧めします。

 

収入面

賃貸保証会社の審査では、入居者の収入が安定しているかどうかが重要なポイントの一つとなります。収入が安定していることが確認されると、家賃やその他の生活費を支払う能力が高いと判断されるため、審査の合格率が上がる可能性があります。

 

一般的には、入居者の収入が家賃の3倍以上であることが求められます。また、アルバイトや派遣社員の場合は、継続的な雇用が見込めるかどうかも判断されます。自営業者の場合は、事業収支の安定性や将来性なども評価されます。

 

収入に加えて、貯蓄額や将来の収入見込み、家族構成なども審査のポイントとなることがあります。入居者自身が審査基準を確認し、必要な書類や情報を用意することが重要です。また、審査に通らなかった場合には、審査結果について保証会社を利用している不動産会社さん等へ質問することで改善のためのヒントを得ることもできます。

 

職歴

賃貸保証会社の審査では、入居者の職歴が安定しているかどうかが評価されることがあります。安定した職歴がある場合、収入が安定している可能性が高くなるため、審査の合格率が上がることがあります。

 

一般的には、前職と現職の雇用期間が1年以上であることが求められる場合があります。また、アルバイトや派遣社員の場合は、継続的な雇用が見込めるかどうかも判断されます。自営業者の場合は、事業経営の安定性や将来性なども評価されることがあります。

 

職歴の詳細については、勤務先や雇用形態、職務内容、年収などが確認されることがあります。そのため、入居者は審査前に自身の職歴についてしっかりと把握しておくことが重要です。また、職歴が安定していない場合は、保証人や保証会社を利用することで審査の通過率を上げることができる場合があります。

 

前の賃貸物件でのトラブル

過去に滞納や家賃の未払い、賃貸借契約違反などがあったかどうかが調査されます。また、前の賃貸物件でのトラブルがあった場合には、その解決状況や今後の対策なども詳しく調べられることがあります。

 

もし過去にトラブルがあった場合でも、その原因や解決方法が明確になっていれば、審査に通過することができる可能性があります。ただし、過去に複数のトラブルがあった場合や、解決が不透明な場合は、賃貸保証会社の審査に通過することが難しくなることがあります。

 

前の家賃滞納の有無

賃貸保証会社が審査する際には、前の家賃滞納の有無も確認されます。これは、借主が過去に家賃を滞納した場合、今後も同様のトラブルが発生する可能性があるため、保証会社がそのリスクを負うことが難しくなるためです。

 

家賃保証コンサルタント
ただし、家賃滞納の有無だけで判断されるわけではありません。

 

賃貸保証会社は、借主の収入や雇用状況、前の賃貸契約の遵守状況、その他の審査項目も総合的に判断することがあります。

 

また、家賃滞納があった場合でも、その理由や解決した経緯などが説明できる場合には、審査に通過することも可能です。しかし、何らかの理由で滞納が続いている場合には、審査に落ちることが多いと言えます。

 

信用情報

賃貸保証会社が審査する際には、借主の信用情報も確認されます。信用情報は、クレジットカードやローンの返済履歴など、借入や返済の履歴をまとめたものであり、借主の信用力を評価する指標として重要な情報源となります。

 

家賃保証コンサルタント
主に信販系と言われる賃貸保証会社は、『信用情報』は必ずと言って良い程、審査で見られます。

 

滞納履歴

賃貸保証会社が審査する際には、借主の滞納履歴も確認されます。これは、借主が過去に家賃を滞納したことがある場合、今後も同様のトラブルが発生する可能性があるため、保証会社がそのリスクを負うことが難しくなるためです。

 

具体的には、借主が過去に家賃滞納による債務整理や、遅延損害金の支払いを求められた経験がある場合、審査に落ちることがあります。ただし、滞納履歴があっても、滞納の回数や期間によっては審査に通過することができる場合もあります。

 

また、滞納があった場合でも、その理由や解決した経緯などが説明できる場合には、審査に通過することも可能です。例えば、偶発的な収入の減少や、家賃滞納の原因となった家の瑕疵の修理など、特別な事情があった場合には、説明することで保証会社の審査を通過することができる場合があります。

 

雇用形態

賃貸保証会社が審査する際には、借主の雇用形態も確認されます。これは、借主が安定した収入を得ているかどうかを評価するためです。

 

具体的には、正社員や公務員といった安定した雇用形態の場合には、審査に通過しやすくなります。一方、アルバイトやパートタイマー、自営業者など、収入が不安定な雇用形態の場合は、審査に落ちることが多いです。また、無職の場合には、ほとんどの場合で審査に落ちることになります。

 

ただし、雇用形態だけでなく、借主の収入や勤続年数、職業なども総合的に評価されます。例えば、アルバイトやパートタイマーでも、安定した収入を得ている場合には、審査に通過することができる場合もあります。また、自営業者の場合には、確定申告書や事業計画書などを提出することで、審査に通過することができる場合もあります。

 

家賃保証コンサルタント
無職の方でも、『預金通帳コピー』の残高で審査に通る事があります。目安としては家賃の半年分〜1年分!

 

賃貸保証会社で審査が厳しいランキング

 

賃貸保証会社の中にも審査が厳しい・甘いはあります。当然、審査が甘い方が審査に通りやすいのは当たり前です。

 

その中でも『信販系の保証会社』は信用情報をバッチリと見ますので、自分に自信がない方は『独立系』と言われる保証会社になるべく加入できるお部屋探しを実現してください。

 

審査が厳しい保証会社

審査が厳しい保証会社では、収入や雇用形態、前の家賃滞納の有無、信用情報、滞納履歴などが厳しくチェックされることが多いです。そのため、これらの条件に該当する人は、他の保証会社よりも審査に落ちやすい可能性が高くなります。

 

ただし、審査が厳しい保証会社であっても、必ずしも全ての人が審査に落ちるわけではありません。個人の収入や雇用形態、信用情報の状況によっては、審査に通過することができる場合もあります。また、審査基準が厳しいことが、保証会社の信頼性や安全性につながる場合もあります。

 

賃貸保証会社の審査!ブラックリストの存在

賃貸保証会社の審査において、ブラックリストと呼ばれるリストが存在する場合があります。

 

家賃保証コンサルタント
ブラックリストとは、過去に家賃滞納や保証金未返還などのトラブルを起こした借主の情報を集めたリストのことです。

 

保証会社は、ブラックリストに登録された借主については、審査において特に慎重に判断することがあります。つまり、ブラックリストに登録されている場合、保証会社から保証を受けることが難しくなる可能性があります。

 

ただし、保証会社によってブラックリストの扱い方は異なります。一部の保証会社は、ブラックリストに登録された借主については、保証を受けることができないとしている場合もありますが、別の保証会社では、審査基準を満たせばブラックリストに登録された借主でも保証を受けることができる場合があります。

 

また、ブラックリストに登録された借主であっても、家賃滞納や保証金未返還などのトラブルがなかった場合、保証会社の審査に通過することができる可能性があります。したがって、借主は、家賃や保証金の支払いを遅らせないようにすることが重要です。

 

ブラックリストでも借りれる賃貸

自己破産や過払い金返還請求などでブラックリストに載っている人でも、過去に賃貸借契約を守っていた実績がある場合は、不動産業者や賃貸会社が借り手としての信用を評価することができる場合があります。

 

そのため、過去に借りた賃貸物件の管理会社やオーナーからの推薦状を持参すると、賃貸借契約を結ぶ上でのアピールになるかもしれません。

 

ただし、ブラックリストに載っていることが障害となって賃貸借契約を結ぶことができない場合は、住宅支援制度などの公的な支援を利用することも検討してみると良いでしょう。

 

賃貸保証会社へ加入しない賃貸物件を借りる!

ブラックリストになっていると、どうしても賃貸保証会社の審査が大きな障壁になってしまいます。その為、『賃貸保証会社へ加入しない』お部屋を借りると言う選択肢も入れてみると良いでしょう。

 

現状ではなかなか、そんな賃貸物件がある訳ではありませんが、まったくない!と言う事でもありません。

 

家賃保証コンサルタント
下記にまとめた記事がありますので、是非!ご参照ください!

 

賃貸保証会社の審査結果に基づく成功事例のケーススタディ

私が別で提供をさせていただいております「ココナラ」にて、成功事例のケースを皆様へ共有させていただきます。

 

主に審査面でご相談をいただく機会が多くありますが、実際の事例でのお話しでイメージがつきやすいと思います。是非、ご参考にしてみてください。

 

  - 成功したケースの事例紹介

悩んでいる人

仲介業者には過去に金融事故ありと伝えたのですが、本当は近々自己破産予定です。
弁護士との相談で、賃貸を借りてから自己破産した方が良いとのことで必死になって探しています。

ちなみに家賃滞納は一切ありません。今回が初めての一人暮らしとなります。

 

家賃保証コンサルタント

お世話になります。
ご変更ありがとうございます。

まずは日本セーフティーさんで審査が通っている旨をお聞きでき、胸を撫で下ろしております。
本当に良かったです。

 

どのように審査を突破したかの詳細

今回のケースは実は決して難しい案件ではございません。(諸所、細かい事はありましたが、、、。)

 

結論から申せば、金融事故・自己破産があっても独立系保証会社(今回の場合は日本セーフティー)あれば審査に通ると言う事です?

 

ちなみに独立系の保証会社で現在、よく加入を勧められる保証会社は、

 

  • 日本セーフティー
  • 全保連
  • JID
  •  casa
  • ジェイリース
  • フォーシーズ

 

賃貸物件ごとで加入しなければならない保証会社が決まっています。場合によっては物件選びも慎重に選ばないといけないでしょう。

 

是非、ご参考にしてください。

 

まとめ

賃貸保証会社の審査や信用情報についてご説明しました。賃貸保証会社は、賃貸借契約を安心して結ぶために有用なサービスであり、時には信頼性の高い保証人として扱われることができます。

 

逆に信用情報が弱くても賃貸保証会社の審査が通れば賃貸人であるオーナーさんも快くお部屋を貸してくれる事もあります。

 

しかし、保証金や手数料などの費用が必要な場合があるため、契約前にしっかりと確認することが重要です。

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-賃貸保証会社