広告 賃貸保証会社

初めての家賃保証契約と会社の選び方 - プロが教えるポイント

スポンサーリンク

これから新しい賃貸での住まいを探す際には、初めての家賃保証契約にも目を向けることが重要だと思います。

 

家賃保証契約は、入居者と家主にとって安心感を提供し、円滑な賃貸契約を進めるためのサービスになります。

 

しかし、初めて家賃保証会社を利用する場合は契約内容や選ぶべき会社についての知識が不足している方がほとんどです。ここでは、業界プロの視点から初めての家賃保証契約を検討する際のポイントと会社の選び方を解説します。

 

信憑性

家賃保証コンサルタント
家賃保証業界へ15年以上在籍中。複数の保証会社を経験し保証加入する入居者の方へ最新情報を発信しています♪

 

 

家賃保証契約とは?

 

家賃保証契約は、本来は家主と入居者の双方にとってメリットがあるサービス制度です。入居者が家賃を滞納した際に、保証会社が代わりに家賃を支払うことで、家主の収入の安定やリスク軽減を図ります。

 

また、入居者にとっても家賃の滞納リスクを軽減し、安心して賃貸のお部屋に住むことができるメリットがあります。

 

家賃保証契約の検討ポイント

 

実は家賃保証の契約のほとんどが、入居者側で選ぶことができません。基本的には借りるお部屋には既に決まった保証会社が存在しています。

 

つまりは、指定された家賃保証会社に強制的に加入しないといけないと言うことです。しかし、このような状況でもやれることはあります!ポイントを押さえて後悔のない保証加入を目指しましょう。

 

1. 契約内容の理解

 

家賃保証契約の内容を理解することが重要です。契約の対象となる物件、保証期間、保証料金、対応範囲などを把握しましょう。

 

家賃保証会社によって条件や内容が異なるため、自分に合った契約を選ぶためにも事前に加入しなければならない保証会社を理解しておく必要があります。

 

家賃保証コンサルタント
特に審査面は重要です。ご自身に合った保証会社を選定していかないと「審査落ち」と言う悲劇に見舞われます。

 

 

 

2. 保証会社の評判と信頼性

 

家賃保証契約を提供する会社の評判や信頼性を確認することも大事です。インターネット上の口コミサイトやレビューサイトを活用して、他の利用者の評価を見てみることで事前に情報を入手しておきましょう。

 

また、家賃保証会社のウェブサイトや公式情報をチェックすることで、会社の信頼性を自分自身で評価することもできます。

 

3. 契約の柔軟性

 

家賃保証契約には、契約の柔軟性が重要です。将来の万が一のご自身の変化に備えて、解約や条件変更の際のルールや手数料を確認しておきましょう。

 

契約内容が柔軟であれば、変更や解約がスムーズに行えるため、より利便性の高い契約を選ぶことができます。

 

家賃保証会社の選び方

 

基本的に家賃保証会社の加入に際しては指定をされます。しかし、中には2社〜3社の保証会社より選択をさせてもらえるケースも増えています。

 

具体的には家賃保証会社の代理店になっている不動産会社が、必ずどこかの保証会社に加入してもらおうと言う苦肉の策とも言えます。この背景としては家主が「家賃保証会社に加入できない方には入居を断りたい」と言う背景からきています。

 

しかし、実際に費用負担する入居者さんに選択の余地はなくはないと個人的には思っています。あくまでも選ぶ権利はあると言う認識だけは持っておいてください。

 

 

 

1. 複数の会社を比較

 

家賃保証会社は複数存在しますので、複数の会社を比較検討しましょう。各社のサービス内容、契約条件、料金などを詳細にチェックすることで、自分に合った会社を見つけることができます。

 

逆に詳細にチェックをすることによって、別のお部屋を選択することも考えられるかと思います。

 

 

 

2. お問い合わせ・相談

 

気になる会社には直接お問い合わせをして、疑問点や不明な点を解消しましょう。対応の丁寧さや迅速さも会社の評価に影響します。親身に対応してくれる会社を選ぶことで、不安を解消することができるかもしれません。

 

家賃保証会社への加入まではかなりタイトな流れで進みますので現実には「問い合わせをしている時間さえないかも?」ですが、できる限り行うことで必ずプラスに働きかけてくれると思います。

 

 

 

3. 口コミや評価を確認

 

インターネット上の口コミサイトやレビューサイトで、利用者の評価を確認しましょう。利用者の声から実際のサービス内容を知ることができます。

 

ただし、一つの評価だけで判断せず、複数の情報を総合的に判断することが重要です。又、家賃保証会社の口コミはネガティブな内容しか基本的にはないので判断軸を間違えないよう、注意も必要です。

 

家賃保証契約のメリットとデメリット

 

家賃保証契約には、メリットだけでなくデメリットもあります。しっかりと把握しておきましょう。

 

メリット

 

家主の収入の安定:家賃滞納時に保証会社が代わりに家賃を支払うことで、家主の収入の安定化が図られます。

 

入居者にとっては一見関係ない内容にも捉えられますが、家主が安心を得ている保証会社の存在は審査面でも露骨にでているかと。基本的に家主は家賃保証会社の審査に通ればOKの方が多く、裏を返せば保証会社の審査に通ればスムーズな入居が可能と言うこと。

 

入居者の安心感:入居者にとっては、家賃保証があることで入居に対する不安が軽減されます。

 

こちらも審査に置き換えれば、家主によってはそもそも厳しい入居審査をしていたのが、家賃保証会社の存在で緊急連絡先のみで入居できる賃貸物件が増えました。家賃保証会社も商売上、審査に落としてばかりではビジネスになりませんので、家主さんにくらべれば審査基準は大分下がっていると思います。

 

デメリット

 

費用負担:家賃保証には一定の費用がかかりますので、初期費用に対する負担が増えることがあります。

 

家賃保証会社の費用に関しては入居者は通常、家賃の50%〜100%の費用を負担しないといけません。「なぜ?入居者側が負担しないといけないの?」と言う疑問を持たれる方は多くいらっしゃいますが、家主が負担することは、まだまだないと個人的にも思っています。

 

契約条件の制約:家賃保証契約には契約条件が設定されていることがあります。一部の保証会社では対象物件や保証期間などが制約される場合もありますので、自分のニーズに合う条件をよく確認しましょう。

 

基本的に保証期間は自動更新になるのが通常です。お部屋を退去するまで保証は継続し、さらにその期間内には「更新料」の支払いも求められます。

 

解約手続きの複雑さ:契約の解約手続きが煩雑な場合もあります。将来的な変更や退去の可能性を考え、解約手続きの条件を理解しておくことで、スムーズに対応できます。

 

家賃保証会社の解約は入居者側で一方的な手続きはできません。基本的には代理店になっている不動産会社等を窓口に行われます。又、解約手続きをしっかりと行わないと「お部屋を既に退去しているのに更新料を請求された!と言うトラブルにもなるので注意が必要です。

 

以上のメリットとデメリットを十分に理解し、自身の状況やニーズに合わせて家賃保証契約を検討しましょう。

 

まとめ

 

初めての家賃保証契約を検討する際には、家賃保証契約の内容を理解し、保証会社の評判と信頼性を確認することが大切です。

 

柔軟性のある契約や対応の親身な会社を選ぶことで、安心して賃貸生活を始めることができます。メリットとデメリットをよく理解し、自身の状況に合った家賃保証契約を選択することで、快適で安心な住まいを見つけることができるでしょう。

 

賃貸契約を進める際には、家賃保証契約の他にも契約内容や物件の条件を検討することも重要です。又、不動産業界のプロとして、一人ひとりに合った最適な住まい探しのお手伝いをしてくれる不動産会社を選ぶことも忘れずにしましょう。新しい住まいでの新生活が素晴らしいものになることを願っています。

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-賃貸保証会社