広告 賃貸保証会社

賃貸保証のメリットとデメリットを業界経験15年が解説!

スポンサーリンク

賃貸保証は、入居者と家主の双方にとって便利な制度ですが、利用する際にはそのメリットとデメリットを事前に理解することも重要です。

 

家賃保証コンサルタント
賃貸保証と言われても、あまりピンとくる方はすくないかな?と。

 

以下では、賃貸保証の詳細なメリットとデメリットについて解説します。

 

信憑性

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社に15年以上在籍しています。今では当たり前に加入する賃貸保証について私がしっかりと解説させていただきます!

 

賃貸保証会社に加入するメリット

 

賃貸保証に加入するメリットについて、入居者側にもメリットはなくはありません。

 

実は賃貸保証会社に加入する事である程度の恩恵を受けている部分もあることを理解しておきましょう。

 

家賃の滞納リスク軽減

 

賃貸保証を利用することで、家主側の家賃滞納リスクを軽減できます。入居者が家賃を滞納した場合やトラブルが発生した際に、保証会社が家賃を代わりに支払ってくれるため、家主側は収入の安定性を確保できます。

 

家賃保証コンサルタント
一見、入居者側に何のメリットが?となりますが、家主側の家賃滞納リスクを軽減できることで、入居の入り口(審査)がゆるくなります。例えば、家主も「本来ならこう言う入居者にお部屋を借りてもらいたい!」と言うのが「賃貸保証会社が保証してくれならいいや!」となりやすいと言うこと。

 

入居者にとっても安心してお部屋を借りることができるため、実は意外にも賃貸契約の円滑な進行に賃貸保証会社は寄与しているものと考えます。

 

連帯保証人不要

 

通常、賃貸契約では連帯保証人を立てることが多々求められますが、賃貸保証を利用すると保証会社が入居者の保証人となるため、入居者側に連帯保証人を立てる必要がありません。特に、連帯保証人を見つけることが難しい場合に便利です。

 

家賃保証コンサルタント
現在は自分の親にも連帯保証人をお願いしたくない!って方は非常に多いです。賃貸保証会社の存在がなければ恐らく今も連帯保証人を求める家主は多く存在すると個人的にも思っています。

 

心理的安心感

 

賃貸保証があることで、入居者は家賃の滞納やトラブルに対する心配を軽減できます。安心感があると物件への入居意欲も高まります。

 

家賃保証コンサルタント
今は収入が安定している方でもいつ何時、離婚や交通事故、リストラ等々で家賃滞納をしてしまう可能性は誰にでもあるかと。そう言った意味では賃貸保証会社の存在は時には心強い存在になるでしょう。しかし、保証会社によって対応が様々なので一概には言えません。

 

賃貸保証会社に加入するデメリット

PCB-Tech / Pixabay

賃貸保証は、家主と入居者の双方にとってメリットがある一方で、費用や条件に関するデメリットも存在します。

 

入居を検討する際は、自身の状況や希望条件を考慮し、バランスの取れた判断を行うことが大切です。

 

保証料や手数料の負担

 

賃貸保証を利用する際には一定の料金が必要です。又、保証会社によって料金体系が異なるため、契約前にしっかりと確認することが大切です。結果的に初期費用が増えることを考慮しなければなりません。

 

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社の料金は基本、家賃の50%が基準になっています。又、保証会社によっては100%なんて言うのもあります。

 

条件や規約の厳しさ

 

保証会社によって保証の対象となる条件や規約が異なります。収入や保証期間、保証対象物件の条件などが制限される場合があります。そのため、希望する物件や条件に合わせて利用できるかを確認する必要があります。

 

家賃保証コンサルタント
特に保証会社の審査については様々です。審査が甘いところもあれば、一方で審査が厳しい保証会社も存在します。関連記事を参照にスムーズな審査通過を実現してください。

 

物件の選択制限

 

一部の物件や家主は賃貸保証を利用した入居を逆に認めないことがあります。特に、高級物件や一部地域の物件では、賃貸保証を利用することが制限される場合がありますので、入居予定の物件に対して制限がないかを確認しましょう。

 

家賃保証コンサルタント
今ではごく一部になりましたが、賃貸保証会社より「連帯保証人」を求める家主は一定数いらっしゃいます。(特に高齢の昔ながらの家主)。又、やっかいなのが【賃貸保証会社+連帯保証人】を求められるケースもありますので入居者も注意が必要ですね。

 

まとめ

 

賃貸保証を利用する際は、これらのメリットとデメリットを十分に理解し、自身の状況や希望条件に合わせて適切な判断を行うことが重要です。賃貸契約をより安心して進めるためにも、賃貸保証について慎重に検討してみてください。

 

賃貸保証の利用に関する全体像を把握し、皆様のより良い入居判断を行う手助けとなることを期待します。

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-賃貸保証会社