家賃滞納発生!賃貸保証会社に分割で返済支払いをしたい場合の交渉術!!




wilhei / Pixabay

賃貸保証会社への保証加入!

しかし、

『家賃保証加入してから家賃滞納をしてしまった!』

こんな時?

賃貸保証会社は物件オーナーへ滞納分家賃を立替て、その後に家賃保証加入者へ家賃督促をしてきます。

当然、毎月の家賃を滞納していればお部屋に住み続ける以上、家賃は払わないといけません!

しかし

お金がないから家賃滞納するのであって、、、。

すぐに払えれば、そもそも大抵は家賃滞納すらしません。

賃貸保証会社も家賃滞納があればその都度、大家さんへ家賃を立替ていますので、すぐにでも家賃を回収したいと思っています。

恐らくは一括で滞納した分の家賃を請求されるでしょう!

『分割であれば何とか払えるのだが、、、。』

こんな時、賃貸保証会社へどう?交渉すれば分割で支払っていく意思含めてスムーズに話しを進めれるでしょうか?

今回は、奇しくも家賃滞納をしてしまた、何とか分割で払っていきたい場合の保証会社への交渉術ヒントを紐解きます!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

支払う意思さえあれば分割支払いは可能!

『賃貸保証会社へ何とか分割で家賃滞納分割を支払っていく事に了承してもらいたい!』

このような支払い意思があれば、分割で家賃滞納分を支払っていく事に原則は家賃保証会社も了承します。

しかし、

保証会社も保証会社で立場があるので、いきなり家賃保証会社から

『分割でも良いから何とか払ってください!お願いします!!』

とは、いきません。

あくまでも最初は一括で払うよう保証会社から促されます。

ですので、、、。

家賃滞納してしまった際は、最初はお詫びと相手の家賃保証会社の主張を充分に聞き入れていきましょう。

そうすれば、こちらから何もする事なく逆に保証会社から色々質問してきます。

『本当にお金がないのか?』

『お金を工面できる術は本当にないのか?』

などなど

そして最終的には

『では?どうやって家賃滞納分を支払っていこうと思っているのか?』

この質問がきた時に

『分割で支払いたいです!』

と主張しましょう。

保証会社もお金がない人から回収出来るような魔法つかいではありません(笑

ですから、家賃保証会社も最終的には家賃滞納された方からの分割案を飲み、家賃回収していくしかないのです。

決して難しい事ではありません。

賃貸保証会社へ支払う分割金額はいくらが良いのか?

渋々、家賃滞納分のお金を分割で支払っていく【分割案】を飲んでくれた家賃保証会社。

しかしまだまだ取り決めないといけない事項があります。

『毎月いくら?支払っていくか?』

ここが重要になってきます!

正直、いくらが葛藤か?なんて金額はありません。

と、言うのも

滞納金額にもよりますし、はたまた保証会社の担当者によっても様々です。

しかし、一つ言える事は分割金額で家賃滞納を支払っていくにしても、少額の金額では意味がありません。

わかりやすく例をあげると

50,000円の家賃を2ヶ月滞納。この時点で累計で10万円家賃滞納、、、。
さらには既に今月分の家賃5万円が発生!今月分の5万円はしっかり満額払い+滞納分家賃10万円があるので、さらに5千円上乗せして支払う事に。

どうでしょう?

上記の例からいくと

【10万円→毎月5千円を分割で支払う=解消するのに20回払い必要】

期間として約、1年と8ヶ月の期間を使って家賃滞納分10万円の解消になります。

はたから見ても結構長い期間に感じます。

『当然、毎月発生する家賃はしっかり払う前提の上で!!』

しかしこの金額では、、、。

恐らく保証会社も飲んでくれません。

理由はいくつかあります。

  • 長期的に家賃滞納者の家賃支払いを管理していくのは嫌だ!
  • そもそも、既に家賃滞納しているんだからさらに被害が広がる前に解決したい!
  • 会社の規定ルールで最低限の分割案金額が決まっている!

などなどが、主な理由に該当してくると思います。

こうなると?

やはり家賃滞納してしまった方の毎月の支払える限度額はあると思いますが、長期的な少額の分割支払いしかできない方はお部屋の退去を考えた方が良いでしょう。

どちらにしても、ここで折り合いがあわなければ保証会社から任意での退去を求められる事になります。

家賃滞納分を少額でしか支払えない!だけどお部屋には住み続けたい!!

congerdesign / Pixabay

『家賃滞納を反省して、今後は分割で何とか返済していきます!』

でも

金額によっては保証会社も納得してくれない、、、。

『住む場所は必要だからこのまま住み続けたいんだが・・・!』

支払う意思があれば頑張って欲しい所ですが、分割支払いが金額面にて双方で棄却になった場合は

保証会社も甘くはないのでお部屋を退去するか?家賃滞納分を一括で支払うか?

の2択を常に迫ってくるでしょう。

この場合は万事休す状態ではあるのですが、、、。

【たった一つの今のお部屋を住み続ける方法!!】

それは、家賃支払いの傷口を広げない事です。

例えば

10月分、11月分の家賃を滞納
しかし、12月分以降からはきちんと毎月家賃を支払っている!!

このような事です。

ここでは2ヶ月分の家賃を滞納している訳ですが、2ヶ月分であれば保証会社も強制退去などの無茶はしてきません!

家賃滞納3ヶ月分だと救いようは残念ながらありません。

これは、保証会社は最終的に家賃滞納者をお部屋から退去させる為に明け渡し訴訟をしていく為、裁判官が明け渡しを了承してくれる期間を指しています。

家賃滞納しているからと言って、入居者の人権は最低限守られています。

2ヶ月程の家賃滞納であれば、まだ大丈夫でしょう!

但し、お部屋を退去しなくてもよくなった!?

と、言っても家賃を立て替えている保証会社からの家賃督促は止まりませんので、勘違いしてはいけません。

賃貸保証会社との話し合いが最終手段!

なんだかんだで話し合いで結論を出していくしかありません。

家賃滞納分を分割で支払っていくにしても、金額にしても、保証会社とのすり合わせが最終手段です。

保証会社も少なからず毎月回収できるのであれば渋々でも最終的には了承していくしかありません。

回収出来るのが0円よりはマシでしょうからね。

但し、この間も保証会社によってはお部屋の退去を迫ってくるでしょう。

決して傷口を広げないように、粘り強く交渉していく事をお勧めします!

分割支払いにすると、その分代弁手数料が長期的にかかる!

各賃貸保証会社は、家賃を立て替えるたびに入居者から

『代弁手数料をとります!』

この代弁手数料は保証会社各々で金額は変わりますが

だいたい1,000円〜2,000円になります。

例えば

50,000円の家賃を一回、保証会社に立て替えてもらうと

代弁手数料が1,000円であれば

51,000円請求されるイメージです。

これが2回、3回と繰り返されれば、その都度って事です。

分割支払いにすると、家賃を継続して立て替えてもらってないのに、分割で保証会社へ支払う度にこの代弁手数料を取られる恐れがありますので気をつけましょう!

でも?

逆の発想で、『この代弁手数料を支払うから分割金額を○○にしてほしい!』

って言う交渉がいづれかの保証会社で充分に出来る余地があります。

まとめ

賃貸保証会社へ加入しての家賃滞納はしないに越した事はないですが

中にははたから聞いても同情するような事情も少なからずあるでしょう。

支払う意思があるか?ないか?

ここを保証会社は一番に見てきます。

当然、支払い意思がある人には相談にのるでしょうし、支払い意思がない人には見限っての話しをしてくるでしょう。

家賃滞納をしてしまった事には、賃貸のお部屋に住んでいる以上は

反省はしないといけませんが、分割でも支払う意思があれば大丈夫です。

この強い意思だけはブレずに是非、是非交渉に望んでいただけると幸いですね。



スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou