広告 審査時間

賃貸保証会社の審査時間の早さが重要!15年の業歴がその理由です!

スポンサーリンク

悩んでいる人
賃貸保証会社の審査時間って早くする方法はあるのかな?

このような悩みを解決します。

 

本記事内容

・審査時間を短縮できる術

・審査に利用される本人確認書類

・不動産会社さんの上手な使い方

 

 

本記事信憑性

家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社歴15年以上!業界のことなら誰よりも熟知しています。

 

賃貸保証会社への加入は、現在の賃貸市場において一般的になっています。しかし、各保証会社の審査方法は異なるため、その審査時間も様々です。

 

今回注目するのは、審査時間の問題です。急いで物件を契約したい人にとって、保証会社の審査が遅いと焦りを感じるでしょう。特に保証会社加入が必須の物件では、審査が通らなければ契約に進むことができません。

 

そこで、今回は賃貸保証会社の審査時間を早くする方法について解説します。審査を受ける際に有効なアプローチやコツをご紹介していきます!

 

賃貸保証会社の申込書には抜けなく記載をして審査時間を早くする!

 

賃貸保証会社への審査を受けるにあたって、まずは保証会社専用の保証委託申込書に記載をします。

この保証会社の専用申込書!

 

賃貸保証会社専用とは言え、通常のお部屋を借りる際に書かされるであろう不動産会社の入居申込書と何ら変わりません。

 

具体的には

  • 自分の名前
  • 携帯及び固定電話の番号
  • 現住所
  • 勤め先
  • 勤続年数
  • 勤め先の住所
  • 勤め先の電話番号
  • 収入(年収)
  • 生年月日

ぐらいが基本的に入居者側で必要になる記載事項になります。

 

後は借りようとしている物件名、家賃、物件住所が必要になる位ですが、この辺は不動産会社が記載していくでしょう。

 

申込書への記載事項はしっかりと記入

 

実は、中には面倒くさがって申込書への記載を適切に行わない人もいます。しかし、これは賃貸保証会社の審査時間に大きな影響を与える可能性があります。

 

賃貸保証会社の審査時間を早めるためには、申込書の記載漏れを最小限に抑えることが重要です。なるべく丁寧に、正確に必要事項を記入するよう心がけましょう。

 

賃貸保証会社の審査では申込記載が重要視される!

 

賃貸保証会社の審査は、実際に入居者と面談するということはありません。審査は主に提出された申込書の内容をもとに行われます。

 

申込書には保証会社が必要とする情報が記載されており、その内容に漏れがあると審査が停止してしまいます。保証会社は申込書の記載内容を基に審査結果を判断するため、記載漏れには注意が必要です。

 

申込書には入居者に関する重要な情報が含まれているため、正確かつ完全に記入することが審査時間を早めるポイントとなります。

 

審査が迅速に進むよう、記載漏れには特に注意しましょう。

 

賃貸保証会社の審査で必要な本人確認書類は必ず持参しておこう!

 

賃貸保証会社の審査には、保証会社専用の『保証委託申込書』が必要です。入居者はこの申込書に必要事項を記入し、不動産会社を通じて保証会社にFAXで提出します。

 

しかしここで、入居者自身もう一つ準備しなければならないものがあります。

 

それが『本人確認書類』です。

 

例えば

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート

などが挙げられます。

 

だいたいの方は普段から携帯してますよね!

 

又、今ではマイナンバーカード(顔写真付き)でも本人確認書類として認めている賃貸保証会社が増えました。

 

必ず賃貸保証会社の審査を受ける時は本人確認書類は必須です。

 

常に出せれる状態でお部屋探しに望んだ方が無難です!これを怠ると審査時間は長くなり審査を早くする事が困難になるので注意しましょう!!

 

不動産業者をうまく利用して審査の優先順位をあげよう!

 

お部屋探しに欠かせない存在である不動産会社!

 

賃貸保証会社への加入についても、お部屋探しの窓口である不動産会社を通じて入居者は保証会社の審査を受ける事になります。

 

イメージとしては、入居者側で記入した賃貸保証会社専用申込書である保証委託申込書を窓口である不動産会社が賃貸保証会社へFAXを入れると言う流れです。

もっとわかりやすく流れを書くと!

 

  1. 保証委託申込書を記載する(*入居者)
  2. 保証委託申込書、本人確認書類(免許証コピーor健康保険書orパスポートetc)を窓口である不動産会社が保証会社へFAX
  3. 審査結果はもちろん、保証会社が入居者情報で特別に知り得たい何か?が発生した場合にも連絡は全て賃貸保証会社から不動産会社に連絡が入る

以上の流れになるので、入居者が賃貸保証会社と『直接何かをする!』って事はないので覚えておいてくださいね!

 

このような流れの中、不動産会社を利用して自身の審査時間を早くしてもらう方法があります。それは、不動産会社から賃貸保証会社へ連絡を入れてもらい『至急案件なんで急いで審査をお願いします!』とあくまでも不動産会社から言ってもらうのです。

 

賃貸保証会社の審査は原則、申込書がFAXで届いた順番に審査をしていきます。

 

ですから先に根回ししてもらう作戦ですね。

 

依頼を受けた賃貸保証会社も一応、受けざる追えないので言ったもん勝ちです。(笑

 

不動産会社を有効に利用して審査時間を短縮しちゃいましょう!

参考賃貸保証会社の審査期間!スピーディーな審査を実現する方法!

 

審査時の時間指定を有効活用!

 

賃貸保証会社の審査を受けるにあたって、保証会社より申込者へ審査の電話が入る事があります。保証会社から来る電話と言っても、自身で記載した『申込書の内容で間違いないか?』の確認だけなのでなんて事ないのですが、、、。

 

とは言え保証会社より唐突にくる電話!

 

いきなりかかってきても必ずその電話にでれるか?どうか?わかりませんよね!

 

仕事なんてしている最中に電話がきたって逆に困ってしまうと思います。賃貸保証会社の審査時間を早くさせるには、一回で簡潔に審査をすませるのが近道です。

 

そこで、重要なのが

 

『時間指定』です!

 

賃貸保証会社の申込書には時間指定をできる記入欄がもうけられています。審査時に賃貸保証会社からくる電話にて自分が電話に出やすい時間帯を指定しておけばスムーズに審査がすすみます。

 

審査時間を早くするには申込書への時間指定は欠かせないので利用しておきましょう!!

 

まとめ

 

賃貸保証会社の審査で意外につまずきやすいのが審査時間です。

 

送った申込書で審査結果を判断してくれる賃貸保証会社であればさほど心配ないかもしれません。

 

しかし、中には『架電審査』と言って電話連絡を入れる審査方法を取り入れている保証会社も多々あります。

大手と言われる賃貸保証会社はほぼこのやり方です。審査時間を短縮させるのはその後のお部屋契約の流れに多大に影響します。しっかりと対応して快適なお部屋探しを実現させましょう!!

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-審査時間