木造アパート賃貸物件での騒音対策は3つのポイントを押さえて解消!!

住まいの知識
Robert-Owen-Wahl / Pixabay
この記事は約5分で読めます。

賃貸のお部屋である建物構造は様々です。

鉄筋コンクリート造のマンションか、木造で作られているアパートが主になります。

賃貸物件での建物の構造よりは、立地やお部屋の作り、周りの環境、家賃etcがお部屋探しには優先されがちです。

それはそれで問題はないのですが、選んだお部屋のアパートである建物が仮に木造アパートだった場合に、実際に住んでいる方からは騒音の問題がよく聞かれます。

 

今回は、実際に住まわれようとしている建物本体の作りにも是非、着目してもらいたいのです。

その中で今回は賃貸物件の中でも木造で作られたアパート物件を引き合いにだし、その騒音問題の対策方法を解説します!

きっと、思ってもみなかった色々な気づきが発見出来ると思います。

これからのお部屋探しの一つの指標にして頂けると幸いです。

参考意外に知られていない!必ず知っておくべきアパートとマンションの違いのポイント!!

スポンサーリンク

木造アパート物件のメリットは?

まず、木造の物件はお部屋の通気性が抜群に良いです!

夏場なんて風がある所であれば、かなり快適に過ごせるでしょう。

こうなると逆に『冬はどうなのよ?』ってなりかねますが、お部屋の中での冬場の対策はいくらでもあります。

涼しいお部屋であることは、最大のメリットになりますね。

又、室内を広く使えるのも木造アパートならではです。

鉄筋鉄骨の物件になると、構造上の問題からでこぼこなお部屋になる可能性があります。

その点、木造はすっきりとした空間作りが出来る為、自分好みの家具などの配置を思い通りにレイアウト出来ますよ!

 

家賃価格が安いのは断然に木造アパート!

一言で言えば、木造アパートは安価で建てれます。なので、お部屋を貸す側も入居者さんに対して家賃も安く出来るのです!

しかも、共益費が0円物件も多々あります。

そもそも共益費ってエレベーターとかあるマンションとかになると高くつきます。

エレベーターも入居者が共有して利用しますからね。

アパートだと2階建てが主流ですからエレベーターなんて必要ありませんし、そもそも設置しません。

賃貸でお部屋を借りる時は、当然に家賃の予算がありますよね!

『毎月いくらまで』とか!

なので、安い家賃でお部屋を借りようとする場合は木造アパートで是非探してみましょう。

 

木造アパートのデメリットは下手すると結構深刻なものばかり!

賃貸物件における木造アパートのデメリットとして

『やっぱり音の問題は外せません!』

間取りやらなんやらで変わるとか?どうとか?色々言われていますが、そんな細かい事はどうでもよくて、多少の音は我慢しましょう。

音と言っても周りからの音や外からの音ですね。

やはりこの辺は鉄骨鉄筋コンクリート造の物件の方が音を塞いでくれます。

喋り声や車のエンジン音など、とにかく敏感な方はお部屋選びの際には木造アパートを避けた方が無難です。

 

火にはめっぽう弱い木造アパート!

『イメージできますよね?』

木造アパートは、とにかく火に弱いです。

そもそも作りが木ですから!

火災が起きたら当然ながら燃えるのが早いです。

ここまで気にしてお部屋探しする方がいるのか?疑問ではありますが、万が一の事を考え、気になる人は避けましょう。

 

強い地震がくると結構不安な木造アパート!

建物構造上、地震がきたらどこまで耐えれるか?

結構強い地震では、ペシャンコになる可能性あり。しかし、強い地震って言っても震度6で壊れる、又は倒壊するような物件は築年数がかなり経っているものでしょうね!

木造アパートでも築10年以内なら、そこまで心配しないで良いと思います!

 

木造アパートにありがちな気になる音の対策方法!

『住んでみたら周りの音が気になって仕方ない!』

そんな悩みを解消する方法を教しえしていきたいと思います。

お金をかけずにできる対策方法はいくつかありますので、是非騒音問題に活用しましょう!

1.部屋にある家具の配置を変えてみよう!

これ!意外に効果あります!家具って基本、壁側に配置しますよね?これが場所を変えるだけで音を遮音してくれるんです。

色々試してみると良いかも?

本棚に本をぎっしり入れておくのも効果があります。

やはり密度があればあるほど遮音効果は高くなります。壁側には是非、家具を隙間なく配置して音の対策を図りましょう!

お金をかけないで出来るのでオススメです。

2.カーテンも厚手の遮音性がある物を!

カーテンもバカにできません!今では色々なカーテンぎ世にでていますが、『遮音性のカーテンを探してます!』って言えば、店員さんがすぐ紹介してくれるでしょう。

木造アパートはほとんどが窓にシャッターが付いていません。又、二重のペアガラスを使っているケースも少ないです。

この窓から音は結構入ってきます!これを遮音するアイテムはカーテンが一番効果ありです!音に敏感な方はケチらずに費用をここにもかけましょう!!

3.防音テープや防音シートで対策!

かなり王道ですが効果はあります。しかも、手っ取り早い!でも、木造賃貸であれば勝手に工事は出来ません。

そんな時に便利なのが、隙間テープや防音シートです。例えば、ドアや窓の隙間に隙間テープ、壁や床には防音シートを張るだけで効果は全然違います。さらには、パネル型の防音壁というのも発売されています。

ホームセンターで売っているアイテムも多々あるので、身近で手に入りやすいのも魅力です!

まとめ

木造アパートを選ぶか?鉄筋コンクリートで出来ているマンションを選ぶか?

人それぞれの価値観で変わります!

当然、それぞれにはメリット、デメリットが存在します。どうしても木造アパートに住んでいて、音に耐えられない方は『鉄筋コンクリート造の物件』に引っ越しましょう!

上記内容をふまえた上で、是非快適な賃貸ライフを送ってくださいね!!

参考LINEを使った『モバホ不動産』を徹底解剖!新しいお部屋探しサービスに迫る!!

コメント

プロフィール

Rinp

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

Rinpをフォローする
リクルート「SUUMO引越し見積もり」

①カンタン!予定日や荷物を選ぶだけ
②業界初!見積もりがその場で分かる
③便利!最大30社見積もり一括依頼
④特典!SUUMOだけのお得なプランも

タイトルとURLをコピーしました