広告 審査

賃貸保証会社の審査落ち!再審査で承認を勝ち取る方法!業歴15年!

スポンサーリンク

悩んでいる人
悩んでいる人

『賃貸保証会社の審査を受けたが...落ちた…。』 『次の保証会社の審査を受けることになったが、一度審査落ちしているけど大丈夫かな?』

このような悩みを持たれている方もいらっしゃるでしょう。

 

私が解決します

家賃保証コンサルタント
家賃保証コンサルタント
賃貸保証会社へ15年以上在籍しています。この業界のことなら誰にも負けない知識があります!

気に入ったお部屋を見つけ、「いざ!入居しよう!」と思った矢先に賃貸保証会社への加入を求められることがあります。今ではこのようなやり取りが賃貸市場では一般化されています。

 

賃貸保証会社加入には事前の審査が必要ですが、この審査に落ちてしまうと、その後の計画が大きく変わります。お部屋への入居計画が狂ってしまうことも少なくありません。

 

賃貸保証会社の審査に落ちた場合、再度審査を受けることができるのでしょうか?そして、二回目の再審査で審査に通るのかどうかが気になるところです。

 

再審査を受けるためには、以下のポイントに注意する必要があります:

1. 再審査の申請:
再審査を受けるためには、再度申請手続きを行う必要があります。不動産賃貸業者に相談し、再審査の手続きを進めましょう。
2. 審査基準の見直し:
再審査に向けて、自分の収入や信用情報を見直し、不足している部分を補完する準備をしましょう。
3. 保証人の確保:
連帯保証人を追加することで、再審査の通過率が上がることがあります。信頼できる保証人を確保し、申請時に情報を提供しましょう。
4. 情報の正確な提供:
初回審査で提供した情報に不備があった場合、再度正確な情報を提供することが重要です。不動産賃貸業者と協力して、必要な情報を再確認しましょう。

 

賃貸保証会社への加入が必須の物件が増えている中、再審査を受けるための準備をしっかりと行い、スムーズに審査を通過できるようにしましょう。

 

今回の記事でわかる事

  • 賃貸保証会社の再審査を受ける際の注意点
  • 再審査を受けるに当たっての絶対に必要な心構え

 

記事を読み終えた後は、再審査を受ける際に必要な気をつけなければならない点がすべてわかると思います。

\賃貸保証会社への加入不要物件/

全ての物件で初期費用0円

 

賃貸保証会社の再審査は同じ保証会社だとNG!

 

仮にA社という賃貸保証会社の審査を受けて審査に落ちたとします。この時、審査に落ちた方が「そんなはずはない!もう一度審査にかけてくれ!」と再審査を要求した場合、審査結果は変わるでしょうか?

 

残念ながら、結果は同じです。賃貸保証会社が一度出した審査結果を覆すのは非常に厳しく、ほぼ不可能です。もちろん、賃貸保証会社は明確な理由があって審査に落としています。賃貸保証会社にとって審査を行うことは一つのサービスであり、信頼性を保つために「変な人は審査に通しません」という姿勢を持っています。

 

賃貸人や不動産会社にとっても、賃貸保証会社の審査は家賃滞納リスクを減らすための安全策です。そのため、多くの賃貸人や不動産管理会社は賃貸保証会社の審査を信用し、利用しています。自分自身の判断だけでなく、賃貸保証会社の豊富なデータを利用することで、的確な入居審査が可能になると考えています。

 

このような背景から、お部屋を借りる際に賃貸保証会社の審査に落ちることはシビアな問題となります。賃貸保証会社の審査を通過するためには、事前の準備と適切な情報提供が不可欠です。

 

最初の申込時から自身の内容はしっかりと記入しよう!

 

まず、賃貸保証会社の審査の流れを理解しましょう。賃貸保証会社の審査は、入居申込書や賃貸保証会社が用意している専用申込書を不動産会社からFAXで受け取り、審査を進めます。

 

この時、賃貸保証会社は届いた申込書の内容を詳細に確認します。入居者の勤務先、年収などの情報をチェックしますが、曖昧な内容を記入すると、それが原因で審査に落ちる可能性があります。正確かつ虚偽のないようにしっかりと記入することが重要です。

 

賃貸保証会社の審査に落ちた場合、申込内容を変更して再審査を受けようとする方もいます。例えば、収入が少ない場合にありもしない年収を記入し直すことなどです。不動産会社からのアドバイスがあるかもしれませんが、これをやって再審査を受けるのは無駄です。賃貸保証会社にとっては明らかに見え透いた手口です。

 

賃貸保証会社への入居申込書の記入は意外と雑になりがちですが、非常に重要な手続きです。これを怠ると賃貸保証会社の審査に確実に落ちてしまいます。

 

申込書を記入する際には、正確な情報を提供し、細心の注意を払うことが大切です。審査に通るためには、信頼性を示すことが不可欠です。

 

再審査を受けて審査が通るケースは限定されている!

 

一度審査落ちした方が賃貸保証会社の再審査を受けて、審査に通ると言うケースは以下になります。

  • 連帯保証人を付ける
  • 連帯保証人を追加する
  • 連帯保証人を変更する
  • 賃貸保証会社が追加で求めた書類を速やかに提出する
  • 入居申込書で記載不備があり訂正したのちに再審査を受ける(記入漏れ)
  • 住む予定だったお部屋で一度、審査が通っていたがお部屋の号室変更等があり再度申込をする

などなど、細かい事を言えばまだまだあるのですが代表的なものを並べてみました。

 

以上の内容であれば再審査を受けて無事、審査に通るなんて言う状況は作れるかもしれません。

 

お部屋探しの窓口である不動産賃貸業者を変えても意味がない!

 

例えば、以下のようなケースがあります。

 

賃貸のお部屋を探す際にB不動産にお部屋探しを依頼し、賃貸保証会社への保証加入を告げられ、仕方なく審査を受けたが結果として審査に通らない、いわゆる審査落ちとなる。その後、B社とは縁がなくなり、C不動産にお部屋探しを依頼して再度賃貸保証会社の審査を受けたが、再び審査に通らない。

 

ここで何を伝えたいかというと、不動産会社の窓口を変えただけでは、同じ賃貸保証会社の再審査に通ることはないということです。

 

賃貸保証会社自体を変えて審査を受ける場合は話が別です。例えば、A社の賃貸保証会社で審査に落ちても、B社の賃貸保証会社で審査が通ることはよくあります。

 

つまり、不動産会社の窓口を変えただけで、一度審査に落ちた同じ賃貸保証会社の再審査に通ることはないので、注意が必要です。

 

 再審査ができない賃貸保証会社も多々ある!

 

賃貸保証会社の中で審査を通すとOKかNGを一発回答でガツンと出してくる保証会社があります。

 

代表的な賃貸保証会社でいうと

  • Casa(カーサ)
  • フォーシーズ
  • JID(日本賃貸保証)

 

あたりはそもそも連帯保証人をつける概念がないのでOKかNGかのどちらかです。

 

再審査はできません。

 

逆に

  • 全保連
  • 日本セーフティ

 

最初の審査がNGでも連滞保証人を追加してくれたら再審査をしますよ!と促してくれたりします。

 

この場合、再度審査にチャレンジすることは当然可能です。しかし、連帯保証人の概念がない賃貸保証会社については、審査自体が一発勝負ですから、慎重に審査を受けなければなりません。審査に落ちると、もう後がありません。

 

残念ながら、審査に落ちるケースの多くは「過去の家賃滞納歴」が原因です。審査落ちする理由の過半数がこの「過去の家賃滞納歴」によるものです。過去に家賃滞納をしてしまった方が賃貸保証会社の審査を通すのは非常に難しいことです。

 

このような背景を理解し、慎重に対応することが重要です。家賃滞納歴がある場合は特に、他の方法や保証人を探すなど、事前の準備をしっかり行うことが求められます。

 

まとめ

 

賃貸保証会社の審査は、入居者にとって避けて通れない重要なステップです。審査に落ちてしまった場合、不動産会社の窓口を変えただけでは同じ保証会社の再審査に通ることはありません。審査に落ちる主な原因は過去の家賃滞納歴であり、これが審査に大きく影響します。

 

再審査に挑戦する際には、正確な情報提供と十分な準備が必要です。賃貸保証会社によって審査基準が異なるため、別の保証会社を利用することも一つの方法です。また、連帯保証人を追加することで審査通過の可能性を高めることができます。

 

最後に、賃貸保証会社の審査は慎重に受けることが重要です。審査に通るためには、過去の滞納歴を避け、正確な情報を提供することが鍵となります。適切な準備と戦略で、スムーズに新しい住まいを見つけることができるでしょう。

 

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

当ブログでは、15年以上の家賃保証業界での経験を持つ専門家が、常にユーザーファーストの視点で情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を把握することに自信を持っています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供しています。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-審査