賃貸保証会社

賃貸保証会社で安い保証料で加入できる!2021年まとめ!!

スポンサーリンク

悩んでいる人
賃貸保証会社で安い保証料のところに加入したい!

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事内容

  • 賃貸保証会社で安い保証料は10%
  • 保証料が安い賃貸保証会社へ加入する方法
  • 保証料が安ければ入居者のメリットは大きい

 

本記事信憑性

レント君!!
賃貸保証会社へ10年以上在籍しています。入居者目線で役立つ知識や情報を日々公開中!

 

賃貸保証会社へ加入する方にとって、入居者が負担する保証料は安ければ安い方が得をします。

 

なぜなら、保証会社への加入に対しては入居者側にメリットはなく、「高い保証料を支払えば良いサービスを受けることができる」なんて言うメリットはそもそもないからです。

 

今回は、賃貸保証会社の中で保証料がとにかく安い保証会社を2021年版でまとめました。

 

是非、参考にしてみてください!

 

賃貸保証会社で1番安い保証料は月額賃料の10%

 

例えば、賃貸保証会社の中で1番高い保証料設定は月額賃料の100%が主流です。

 

これは、家賃1ヶ月分相当額の保証料負担になり、入居者側からしてみれば、引越しをする際の初期費用がかなり高くなるのが想像できると思います。

 

つまり、入居者が保証会社に支払う保証料負担を軽減することによるメリットは十分にあると言うことです。

【最新版】賃貸保証会社の料金!安く利用出来る保証会社を徹底比較!!

 

業界最安値のラクーンレント

 

賃貸保証会社のラクーンレントが業界内でも低水準な保証料を打ちだしています。

詳しくはコチラ

 

入居者が加入時に負担する保証料は月額賃料の10%です。

 

仮に保証料が100%の保証会社に加入する場合と10%のラクーンレントに加入する場合の入居者が負担する保証料を比較してみてみましょう!家賃は6万円とします。

参考

初回保証料100%の場合

6万円✖️100%=60,000円

初回保証料10%の場合

6万円✖️10%=6,000円

 

比較してみるとお分かりだと思いますが、加入する保証会社によっては、費用負担にかなりの差が入居者さんには降りかかります。

 

つまり、保証会社への加入にメリットがない入居者さんにとっては、如何に保証料が安い賃貸保証会社に加入できるか?も大きなポイントになってくるでしょう!

 

ラクーンレントは関東のみの展開

 

業界最安値の保証料を打ち出しているラクーンレントですが、会社は東京のみになっており、全国展開されていないのがネックです。

 

商品自体は全国で利用できるようですが、そもそも地方の不動産会社さんはラクーンレントの存在さえ知らないので、もったいない所ですね。

 

賃貸保証会社で安くて全国展開している「全保連」

 

テレビCMを打ちだして一気に知名度アップしたのが全保連です。

 

初回保証料が30%と全国展開している保証会社の中では1番安い保証料設定になります。

 

そしてさらには、業界内でも1.2番を争う売上を誇っており、提携している代理店も多く存在しているので、お部屋探しをされる方にとって全保連へ加入する機会も多いと言えるでしょう!

 

全保連を利用するには

 

全国に全保連の代理店は約47,000社存在しています。

 

基本的にどのエリアの不動産会社も全保連を導入している可能性は高いですが、気になる方は事前に全保連との代理店提携があるか?ないか?を確認してからお部屋探しをお願いしてもいいでしょう。

 

全保連の保証料!【最新版】改定後の料金一覧を大公開!!

 

賃貸保証会社の平均初回保証料は50%

 

初回保証料が安い賃貸保証会社を紹介しましたが、基本的にはどの保証会社も初回保証料が50%になっています。

 

そして保証会社へ加入するには家賃の半分は保証会社への加入時に入居者が支払わないといけません。

 

つまり、あくまでも入居者が負担しないといけない費用になるので安ければ安い方が断然にしてお得になります。

 

入居者側では選べない保証会社

 

賃貸保証会社への加入について、入居者さんで入りたい保証会社をみずから選ぶことはできません。

 

なぜなら、あくまでも保証会社の加入は賃貸オーナーや管理会社が決めているからです。

 

つまり、賃貸オーナーや管理会社にとって十分な保証を提供してくれる保証会社を選んで利用しているので、ここには入居者に対しての思いは一切ないと認識しておきましょう。

賃貸保証会社は選べることができるか?業歴10年の僕が徹底解説!

 

 

賃貸保証会社で安い保証会社に加入させてもらう為の交渉方法

 

例えば、A社と言う保証会社に加入を促された場合、保証会社の変更をお願いしてみましょう。

 

なぜなら、不動産会社によっては2〜3社の保証会社と代理店提携しているケースもあるからです。

 

つまり、保証会社の変更打診を入居者さんでしてみたら変更してくれる可能性は大です。

 

不動産会社も仲介手数料をいただくのが最大目的

 

お部屋を紹介する仲介不動産会社も、入居者さんからのご希望賃貸物件をご紹介して最終的に仲介手数料をいただくのが最大目的です。

 

どの保証会社に加入してもらうか?なんて実は関係ないんです。しかし、賃貸オーナーや管理会社の存在で渋々利用している仲介不動産会社がほとんど!

 

だからこそ、仲介手数料の支払いをぶら下げて、安い保証料の保証会社への変更手続きに協力してもらいましょう。

 

物件情報の詳細などでしっかり確認

 

物件資料の詳細条件に今ではどの保証会社でどれくらいの保証料がかかるか?は記載されています。

注意ポイント

中には「保証会社加入必須」しか記載されてない場合もあり

 

事前に確認もできますので、お部屋を決める前にチェックしておくことをオススメします。

 

そして、気になる点があれば不動産会社へ確認しておきましょう。

 

賃貸保証会社で安い保証料で加入することはメリットしかない!

 

賃貸保証会社への加入は、入居者にとって何らメリットがないので、できるだけ安く加入しましょう!

 

なぜなら、加入する保証会社で費用負担は大きく変わり、それが入居者にとっては安いか?高いか?だけの話しだからです。

 

つまり、安い費用負担で保証会社へ加入できた方は、他の方より断然お得になっていると言うこと!

 

だからこそ、ここで今一度おさらいしておきますね。

 

まとめ

  1. 全保連は初回保証料30%でお得
  2. 時には保証会社の変更を交渉してみる
  3. 物件情報の詳細欄をチェック

 

どうせ賃貸保証会社に加入しないといけない状況に陥るようであれば、安い保証料負担でお得に加入しちゃいましょう!

 

今回の記事が皆様の参考になってもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

-賃貸保証会社

Copyright© レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.