連帯保証人も賃貸保証会社も不要な物件!メリット・デメリット!

家賃保証
geralt / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

巷では『賃貸保証会社加入必須』、『連帯保証人要』なんて物件が横行しています。

特に賃貸保証会社への加入必須は住居や事業用物件、はたまた賃貸で契約する入居者にとってなんら珍しくもない環境になっています。

しかし、そうは言ってもまだまだ賃貸保証会社へ保証加入しなくても良い物件もありますし、連帯保証人だって付けなくてもお部屋を借りられてしまう物件はあります!

現状では、このような物件を探すのが困難にはなっているものの、不動産会社に相談すれば一つや二つはまだまだ出てくるものです。

今回は、『条件をゆるゆるにするから何とか借りて頂戴!』

と、言わんばかりの賃貸物件にスポットを当て

その賃貸物件のメリット・デメリットを紐解いてみましょう!

 

スポンサーリンク

賃貸物件で『保証会社不要』物件の最大的な特徴!

まずは、それぞれの賃貸物件には物件を所有しているオーナーさんがいます。

大家さんと言えば分かりやすいと思います。

そもそも賃貸物件で、この物件オーナー(大家さん)が

『賃貸保証会社なんてわざわざ加入しなくて良いよ!』又は『連帯保証人なんて付けなくて良いよ!』って言えば保証加入や連帯保証人は不要なんです!

入居募集している賃貸物件で保証加入しなくても良い物件や連帯保証人不要は、根本的に物件オーナーによるこの考えから来てます。

では?

何故、物件オーナーは今流行りの賃貸保証会社へも加入しなくても良い思考になっているのか?

理由はいくつかありますが

  • 物件オーナーが賃貸保証会社を利用する事による手続きが手間だと思っている
  • ご高齢の大家さんで、そもそも賃貸保証会社のシステムを理解してない、しようとしない
  • 賃貸保証会社へ支払う金額が入居募集に影響するのでは?とネガティブ思考を持っている
  • 過去に賃貸保証会社を利用していたが何かしらのトラブルで保証会社を信用出来なくなっている

主にこのような理由になるでしょう。

上記のような考えをお持ちの物件オーナーさんは少なからずいらっしゃるので、賃貸保証会社への保証加入不要物件はまだまだなくならないでしょう。

 

人気のない賃貸物件は賃貸保証会社の加入は不要確率大です!

そもそも、賃貸物件で不人気な物件は大家さんも空室を埋めるのに難儀します。

誰も選ばないから不人気です。

そうなると、月額家賃の値下げは勿論のこと、他にも入居条件が緩和されているケースがほとんどです。

その他と言うのも、ここで言う連帯保証人を無しでも入居OKだったり賃貸保証への保証加入も必要ないと言うケースが多いでしょう!

連帯保証人も賃貸保証会社への加入不要物件を探すのであれば、周りの人が選ばない不人気物件は必然的に狙い目になってきます。

でも?

何かしらの理由があっての不人気物件、、、。

場合によっては中々、借りるのに躊躇したくもなるでしょう。

その場合は下記の記事を参考に交渉と言う選択肢を利用してみるのも一つの手です!

賃貸保証会社の解約をスムーズに実現したい!あまり教えたくない3つの方法!!
賃貸保証会社へ加入した場合、加入した入居者側で解約したくても出来ません。これは契約上、入居者からの一方的な解約ができないようになっているので仕方ありません。では?どうしたら解約できるか?そもそも保証会社へ加入した方が解約したいと思う原因は!

 

不要、不要と言いつつも、、、。後出しされる場合もあり!?

『この物件なら連帯保証人も賃貸保証会社への加入も不要ですよ!』

このような感じで

『いざ!申し込んでみたら!?』

中には後出しで、

『連帯保証人を付けてください!』

『賃貸保証会社に加入してください!』

なんて事を、言われてしまうケースがあります。

何故?こうなるかと言うと

実際に入居申込書に記載された内容を物件オーナーや不動産会社が見て後出しをしてしまうパターンです。

例えば

『収入が少ないな〜』

『勤続年数が短いな〜』

その他もろもろ『危なそうだな〜』

こうなると従うしか、その物件への入居の道は開けません。

しかし、しかし

どうしてもご納得いかない方は下記の記事を参考にしてもらっても良いかも?です。

賃貸保証会社の加入を不要にしたい方の正しいお部屋探し!
賃貸物件に住む際に今や必須で加入を求められる『賃貸保証会社』 中にはこの『賃貸保証を不要にしたい!』なんて方もいらっしゃるのでは? しかし、現実は甘くなく賃貸保証会社の加入を拒めば、せっかく気に入ったお部屋に住めなくなる可能性が...

 

連帯保証人も賃貸保証への加入も全て不要物件のメリットは?

3dman_eu / Pixabay

メリットはいくつかあります!

  • 初期費用が断然抑えられる
  • わざわざ連帯保証人を誰かに頼む手間がない
  • 契約手続きが簡単になる
  • 保証会社からの事前審査を受ける必要なし!

などなど

金額面と手間がかなり違ってくるのがメリットになります。

特に、賃貸保証会社への加入に関しては初回保証委託料の支払い負担が入居者にのしかかってきます。

これは、月額賃料が60,000円の家賃だとすると

賃貸保証会社各社の保証料平均50%に照らし合わせて

60,000円✖️50%=合計:30,000円

入居者負担は3万円になり、保証加入不要で0円負担と比較すると、その差は歴然です。

【賃貸保証会社加入不要=費用負担が0円】

ここは大きなメリットになりそうです。

 

急な引っ越しにも対応できる!

自分自身が住む賃貸物件であれば、本当はじっくりゆっくり探して気に入ったお部屋に住むのがベストですよね!

しかし、

中には急な引っ越しを余儀なくされる事だってあります。

転勤や家族の事情でとか、、、。

こんな時に『連帯保証人付けてね!』とか『賃貸物保証会社に加入してね!』なんて言われてしまうと、

連帯保証人をお願いするのにも時間がかかり、賃貸保証会社加入に関しても審査や書類手続きで少なからず時間と手間を要します。

やはり不要物件はこう言った所もスピードディーに進められる為、急な引っ越しにも対応できるでしょう!

賃貸保証会社の審査をスピーディーに進めたい方は下記の記事を参考にしてください。

きっと早く審査を進められるでしょう!

賃貸保証会社の審査時間を早くさせる事で得られるメリットを知っておこう!!
お部屋探しの中で、今では多くなった賃貸保証会社への加入。 賃貸保証会社への加入では必ず事前の審査が発生します。 この審査についても各、賃貸保証会社によって様々な審査方法がとられています。 このような中、今回クローズアップし...

 

連帯保証人・賃貸保証会社加入不要物件のデメリットも理解しておこう!

メリットばかりでないのが不要物件の特徴でもあります。

デメリットもしっかり理解しておかないと痛い目にあうかも知れません!

特に大きな所で言うと

冒頭でもお話ししたように、連帯保証人も賃貸保証会社への加入も不要な物件は不人気物件が多いです。

例えば

物件が古かったり、設備も古い、立地条件最悪、過去にお部屋で何かがあった事故物件など、、、。

他にも色々な要因はあるでしょうが、主にこのようなケースが多いでしょう!

そもそも、物件のオーナーは連帯保証人も付けてもらいたければ賃貸保証会社にだって加入してもらいたいのが本音です。

ただただ、条件を厳しくすると『入居してもらえない』と思って不要にしているケースがほとんどです。

ですから結論!

『決して多数の方が選ぶような物件ではない!』

と言った所です。

要は妥協できるか?どうか?が一番重要です。

『あなたならどうしますか?』

 

家賃滞納すると、直ぐに追い出される可能性あり!

連帯保証人や賃貸保証会社への加入不要物件は、家賃滞納すると物件オーナーから直ぐに出ていくよう促される可能性が大です。

それはそうです!

オーナーである大家さんも、家賃滞納があったら自分自身で家賃滞納を解決していかなければなりません

連帯保証人が付いてなければ、請求できるのは契約者本人だけですし、賃貸保証会社だって、利用してなければ助けてくれません。

物件オーナーもある意味リスクを背負ってはいるんです。

物件オーナーにとって、家賃滞納があれば有り難みがわかる賃貸保証会社の存在!

今の賃貸保証会社は大手を筆頭に強引な督促はしなく、どちらかと言えばコンサル的なやり方で

『どう?家賃滞納を解消するか?』

を一緒になって親身になって考えてくれます。

意外にも、賃貸保証会社に加入していた方が万が一家賃滞納してしまっても、保証加入してない方より保証加入していた方の方が直ぐにお部屋の退去を勧められるケースだってあります!

 

まとめ

賃貸物件の募集で連帯保証人も付けなく、さらには賃貸保証会社へも加入不要なんて物件はメリットもあればデメリットもあります。

入居される方の考え方次第ですね。

それぞれのメリット、デメリットを考慮して皆さんには良い物件を探してもらえたらな!と思います。

でも、これからは賃貸保証会社への加入はより一層必須になってくると思うので、どちらにせよ賃貸物件に住む際の保証加入への覚悟は必要かも?ですね。

家賃保証
rentokunをフォローする
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

コメント

プロフィール

rentokun

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

rentokunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました