広告 緊急連絡先

【最新版】賃貸保証会社の緊急連絡先が審査を受ける!要注意な3つの心構え!!

スポンサーリンク

悩んでいる人

  • 『賃貸保証会社の緊急連絡先になったけど不安だなぁ!』
  • 『賃貸保証会社の緊急連絡先の役目って何?』
  • 緊急連絡先にも賃貸保証会社からの審査はあるのか?

 

このような悩みを解決します。

 

家賃保証コンサルタント

なぜなら、私自身も15年以上にわたり賃貸保証会社で勤務しており、賃貸保証業界における緊急連絡先に関して豊富な知識を持っているからです。

私の経験と知識を活かして、万が一の場合にもスムーズな対応ができる自信があります。賃貸保証会社の緊急連絡先については、迅速な対応と適切なアドバイスを提供するために、熟知しています。

 

実際に、保証会社の緊急連絡先になった方の役目についての理解は間違っている場面も多々あるのが原状です。

 

記事を読んだ後でも冷静に対処できると確信しています。家賃滞納の問題を早期に解決し、円滑な関係を築くために、私の専門知識と経験を活用してお手伝いいたします。

 

記事を読み終えた後には、万が一、賃貸保証会社の緊急連絡先として身内・知人・友人からお願いされた時に安心して承諾してあげることができるでしょう。

 

最新情報は下記からも!

 

誰かの緊急連絡先になってあげた際に必ず認識しておくこと!

 

『賃貸保証会社の契約で、友人・家族・知人から緊急連絡先になって欲しいと頼まれた!』

 

家賃保証コンサルタント
このように緊急連絡先になって欲しいと頼まれて不安になっている方もいるのではないでしょうか?

 

結論、賃貸保証会社の緊急連絡先になることについては、特に不安になる必要はありません。

 

あくまでも緊急連絡先と言う立ち位置は、気軽になっても問題ないと私個人的にも思っています。

 

緊急連絡先と家賃の保証に関する会社・連帯保証人の違い

 

連帯保証人とは、入居者が家賃を支払えない状況のときに家賃を肩代わりする責任がある人を指し、保証会社はこの役割を担う会社を指します。

 

賃貸物件の契約には緊急連絡先のほかに、保証会社、あるいは連帯保証人のどちらかが必要です。家賃の支払い義務がある保証会社や連帯保証人と緊急連絡先に登録された人との違いは、責任の範囲が異なります。緊急連絡先に登録された人は、家賃を肩代わりする責任はなく、あくまで入居者と連絡がつながらない際の代理人という立場です。

 

たとえば家賃の催促のために大家さんや賃貸保証会社が緊急時の連絡先に連絡をしても、その人は家賃を支払う必要はありません。そのため、連帯保証人や保証会社と比べると責任の範囲はかなり狭いと言えます。

 

緊急連絡先の主な役目

 

賃貸保証会社の緊急連絡先になった場合、主な役割は契約者(本人)が家賃滞納してしまった際に、保証会社との連絡の架け橋となることです。

 

具体的な役割としては、保証会社からの連絡で「○○さんと連絡がつかないのですが、ご存知ではないでしょうか?」といった内容の連絡があった場合、契約者との連絡を取る役割を果たします。

 

保証会社は、契約者に対して家賃滞納の早急な解決を促すため、契約者に連絡を取ります。しかし、契約者との連絡が取れない場合や連絡が途絶えた場合には、緊急連絡先として指定された方に連絡が行きます。

 

緊急連絡先とはその役目を果たすことで、保証会社と契約者との間のスムーズなコミュニケーションを支援することになります。契約者への連絡や現状の確認を行い、保証会社との情報のやり取りを円滑に行うことで、家賃滞納の問題解決に向けたプロセスをサポートする役割を果たします。

 

家賃保証コンサルタント
勿論、知らなければ知らないでOK!そもそも保証会社も知っていたらラッキーくらいにしか思っていません。

 

家賃を契約者の代わりに支払う義務はないのでご安心を!

 

緊急連絡先になった方が抱える不安として、「連帯保証人」と同様の役割を果たさなければならないのではないかというイメージがあるかもしれませんが、ご安心ください。

 

実際に緊急連絡先となった契約者が家賃滞納した場合でも、その代わりに直接家賃を支払う必要は一切ありません。

 

緊急連絡先の役割は、主に保証会社とのコミュニケーションの架け橋となることです。保証会社からの連絡を受け、契約者との連絡を取ることが求められますが、実際の家賃の支払いは緊急連絡先が行うものではありません。

 

保証会社は、契約者に対して家賃滞納の解決を依頼するために連絡を行いますが、その解決方法や家賃の支払いはあくまでも契約者本人が責任を持って行う必要があります。

 

家賃保証コンサルタント
ですので、緊急連絡先として指定された方が家賃滞納に関連して直接的な責任を負うことはなく、ご安心ください。緊急連絡先の役割は連絡の伝達や情報の提供といったサポートを行うことになります。

 

賃貸保証会社の契約には緊急連絡先は必ず必要

 

連帯保証人をつけずに賃貸保証会社への保証加入を選択する場合でも、「緊急連絡先」の指定は必要です。

 

緊急連絡先の存在は、保証会社と契約者との円滑なコミュニケーションを確保するために重要です。保証会社は、家賃滞納や重要な連絡事項があった際に、緊急連絡先へ連絡を取ることで問題解決を迅速に進めることができます。

 

家賃保証コンサルタント
これはどの賃貸保証会社へ加入することになっても絶対必須事項です!

 

緊急連絡先の情報提供

 

賃貸保証会社への保証加入を申し込む際には、事前の審査が必要であり、その審査においても「緊急連絡先」の指定が必要とされます。

 

賃貸保証会社は、保証の対象となる契約者を審査することで、リスクの管理や信頼性の確保を図っています。そのため、審査を受ける際には、緊急連絡先の情報を提供する必要があります。

 

保証会社は契約者の信頼性や返済能力を評価するため、緊急連絡先になってくれる方への確認や連絡の取りやすさも重視します。ですので、賃貸保証会社への保証加入を検討している方は、自身の審査をスムーズに通過させるために、事前に信頼できる緊急連絡先をお願いする必要があります。

 

賃貸保証会社の審査で緊急連絡先の確認は必ず入る!

 

賃貸保証会社の審査を受けるには、各保証会社が用意している「保証委託申込書」に必要事項を記入する必要があります。

 

保証委託申込書は、保証会社が審査のために必要な情報を一元管理するための専用の申込書です。

 

この申込書には、緊急連絡先を記入する欄が必ずありますので、緊急連絡先になられる方の以下の項目を記入しないといけません。

  • 名前
  • 住所
  • 年齢
  • 電話番号(携帯もしくは固定)
  • 申込者本人との続柄(親とか知人とか友人とか)

 

連帯保証人になる方であれば、上記の内容+年収や勤続年数、勤め先など、さらに詳細情報を求められますが、緊急連絡先なら上記項目のみで大丈夫です。

 

家賃保証コンサルタント
ほとんどのケースでは申込者本人が保証会社の保証委託申込書へ代筆で緊急連絡先情報を記入する事が多いですね!

 

わざわざ緊急連絡先になる予定の方が申込書へ直筆で記入するのは現実的でもないですし、、、。

 

家賃保証コンサルタント
この辺は各賃貸保証会社も厳密に見てはいないので契約者本人が緊急連絡先の項目を記入する代筆は、まかり通っているのが現実です。

 

賃貸保証会社による緊急連絡先への電話連絡

 

賃貸保証会社からの緊急連絡先への電話連絡は、審査時に入ることもあれば入らないこともあります。この点については断定が難しい状況です。

 

賃貸保証会社は、審査申込内容に応じて個別の審査基準を設けています。そのため、緊急連絡先になる方に対しても、審査時に電話連絡が入るかどうかはケースバイケースで変化する可能性があります。

 

このような状況を考慮すると、自分自身の緊急連絡先になってくれる方に対しては、「賃貸保証会社から審査時に電話連絡が入る可能性がある」と言うことを事前に伝えておくことが重要です。

 

これにより、万が一連絡が入った際にスムーズに対応できるようになります。

 

電話連絡が入った場合の対処方法

 

賃貸保証会社から緊急連絡先へ電話連絡をした際に聞く内容は以下にらなります。

 

  • 賃貸保証会社より保証委託申込書に記載されている携帯、もしくは固定電話へランダムに連絡が入る。(時間指定は出来たり、出来なかったりで保証会社によってまちまち)
  • 聞かれる内容は主に名前や住所が申込の内容と相違ないか?又、申込者の緊急連絡先になっている意思を確認される

 

緊急連絡先として選ばれた場合、賃貸保証会社が行う審査内容は?

 

緊急連絡先になった方の立場から考えると、賃貸保証会社からの審査内容について疑問が生じるかもしれません。具体的にどのような審査が行われるのか、以下で説明します。

 

  1. 連絡先の確認: 賃貸保証会社は、提供された緊急連絡先の情報を確認します。これには、電話番号や住所の正確性や有効性の確認が含まれます。
  2. 可用性の確認: 緊急連絡先が実際に連絡に対応できるかどうかを確認しています。これは、保証会社が必要な場合に緊急事態への対応を迅速に行うための重要なステップとしています。
  3. 緊急事態への対応能力の評価: 賃貸保証会社は、緊急連絡先が緊急事態へ適切に対応できるかどうかを評価します。これには、連絡の迅速な応答、必要な情報の提供、必要な手続きや手配の実施などが含まれています。
  4. 緊急連絡先の信頼性の確認: 保証会社は、緊急連絡先の信頼性や責任感を評価しています。

緊急連絡先のここを見ている!

 

賃貸保証会社は緊急連絡先の適格性を判断しています。

 

気をつけなければならないのが賃貸保証会社による表向きにはない裏での審査です。

 

どう言う事かと言うと?

 

賃貸保証会社も『緊急連絡先』の情報をもらっている以上は自社での情報データ照会を入れている点です。

 

  1. 緊急連絡先の方が過去や現在で家賃滞納がないか?
  2. 複数の申込者の緊急連絡先になっていないか?
  3. 以前、誰かしらの連帯保証人になっており債務を抱えていないか?

 

上記のような内容を見られています。

 

これらの内容に引っかかっているようでは、緊急連絡先として賃貸保証会社は認めてくれず『緊急連絡先の変更』を求められるでしょう。ちなみに求められるのは申込者本人になります。

 

家賃保証コンサルタント
『なんで、緊急連絡先の変更を求められるのだろう?』なんて、思われて申込者本人との関係性が悪くなるのも本末転倒です。上記のような内容に引っかかっているのであれば、予め誰かの緊急連絡先になってはいけません!

 

基本的には誰でもなれる『緊急連絡先』!!

 

賃貸保証会社の審査を受ける際に、緊急連絡先となる条件についてはいくつかの要素が考慮されます。一般的には以下のような条件が存在しますが、各賃貸保証会社の方針によって異なる場合もあります。

 

賃貸保証会社は、原則的に申込者の身内や親族を緊急連絡先として希望します。例えば親族や配偶者である

 

親、子、旦那様、奥様、兄弟、親戚

 

ですが、最近では

 

友人、知人

 

上記でも、OKな賃貸保証会社が増えました。

 

ですから、身内の方へ

『緊急連絡先ですら頼みづらいな〜』

 

なんて思われる方には、自身の友人や知人の方にお願いしてみても良いかもしれません。

 

家賃保証コンサルタント
又、ワンポイントアドバイスとして!

 

自分の奥さんや旦那さんを緊急連絡にするケースがあります。

 

確かに、一番気軽にお願いしやすいですよね。

 

しかし、一緒に住むであろう奥さんや旦那さんでは緊急連絡先として認めない賃貸保証会社も多いので気をつけましょう!

 

『一緒に住むんでいるのに、そもそも緊急連絡先として機能しない!』なんて思われています。この概念からいくと

 

親であろうが子であろうが兄弟であろうが一緒に住む予定である!

 

と、なると同様に緊急連絡先として認められない可能性があります。覚えておいて損はないでしょう!

 

賃貸保証会社の契約時に求められる緊急連絡先の役割

 

案外、賃貸保証会社の保証委託契約にともない、ほとんどの方がなれてしまう『緊急連絡先』

 

しかしながら、なったらなったで具体的に何の意味があるのか?疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。

 

基本的には緊急連絡先になったからと言って特段やる事はありません。

 

緊急連絡先は契約書に署名・捺印も不要です。

 

緊急連絡先として注意してほしい心構え!

 

最後に賃貸保証会社の保証委託契約に対する緊急連絡先になる方へ注意してほしい心構えです。

 

緊急連絡先は連帯保証人ではないので、家賃滞納など何かしらの金銭的な問題が発生しても、その債務を背負う事は一切ありません!

 

しかし

緊急連絡先として、注意してほしい事が一つだけあります。

 

それは、緊急連絡先になった方の個人情報も賃貸保証会社にしっかりと吸い取られることです!

 

賃貸保証会社の審査を受けるには申込書の提出が必須です。当然、緊急連絡先になられる方の情報も賃貸保証会社の申込書には必要です。

 

賃貸保証会社の情報に登録されると言う事は、その賃貸保証会社が存在する限り残ります。

 

個人情報が取られてしまう点では、仕方ないと言えば仕方ないのですが、、、。

 

認識だけはしておいた方が良さそうです!

 

賃貸保証会社の緊急連絡先変更は安易にできる!

 

万が一、緊急連絡先を変更したい場合は保証会社の代理店になっている不動産会社(契約窓口)か、管理会社へ連絡しましょう。

 

緊急連絡先の変更について、保証会社はあくまでも代理店からの申請でしか受付できませんので、注意が必要です。

 

緊急連絡先の変更はどの保証会社も柔軟に対応しますので、そこまで心配しないでも大丈夫です。

 

しかし、中には「緊急連絡先はあくまでも身内を要する」賃貸保証会社もありますので、事前に相談しましょう!

 

まとめ

 

現在の各社賃貸保証会社は、緊急連絡先の条件が緩和されているのは事実です。

 

『基本的には誰でもなれる!』と、言えば大袈裟かもしれませんがほぼぶれてない話しでもあります。

 

気軽に自身の緊急連絡先をお願いも出来れば、誰かの緊急連絡先になってあげるのも容易な話しです。

 

しかし、容易であるが為に思わぬ落とし穴もあるので、細かい諸注意には気をつけておきましょう!

ab

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

家賃保証コンサルタント

15年以上の家賃保証業界経験(複数社での経験あり)を有する専門家。当ブログでは、常にユーザーファーストの視点で執筆し、保証加入者に向けて情報を提供しています。これまでに1000社以上の不動産会社、管理会社、大家さんと連携し、業界の最新動向を迅速に把握することを得意としています。また、知識のスキルマーケット「ココナラ」では、家賃保証会社を利用する既存および将来の利用者向けの相談解決サービスを提供中です。【スマイル家族】で検索してぜひご利用ください。

-緊急連絡先