賃貸のサブスクサービスがここまで来た!厳選のおすすめ5つを紹介!

お部屋探し
この記事は約6分で読めます。

サブスク=サブスクリプションサービス!

今や名前もちらほら聞こえるようになり、多種多様なサブスクサービスが展開されています。

 

その中で、賃貸住宅におけるサブスクも台頭してきており、場合によっては普通に賃貸でお部屋を借りるより、費用面でもお得になるサービスが盛り沢山!

 

今回は、賃貸におけるサブスクを厳選して5つご紹介させて頂きます。

 

ご自身のライフスタイルに合わせて利用できるサービスが充実していますので、是非!ご参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

賃貸のサブスク!厳選して5つをご紹介!

  • Xross house(クロスハウス)

東京と大阪で賃貸住宅のサブスクを提供しているのがXross houseです。

相部屋の代わりに格安の「ドミトリー」、半個室の「セミプライベート」、プライベートが確保された「個室」、家具まで利用できる「家具付きアパートメント」という4つのタイプを用途にあわせて利用できます。

最も安価なドミトリータイプ(相部屋)のお部屋であれば、立地に関わらず月29,800円で利用可能です。

 

クロスハウスの評判

シェアハウス業界では急成長を遂げているクロスハウス!

立地が良い場所へ格安家賃で住める点は、若いユーザーをはじめ受け入れられています。

シェアハウスに住むのに適している人間はルールを守らない自己中心的な人だと思う。この人たちは一切ストレスはないだろう。逆にルールを守る、他人に気を遣う人は住んでいるだけでストレスになるから辞めた方がいいと思う。家賃が安くて大人数で住むシェアハウスの場合だけど。午後9:43 · 2018年7月15日
クロスハウスの賃貸物件はあくまでも多人数で一つの屋根に住むシェアハウスです。
少なからず、他の方との交流を一切したくない方には向いていません。
クロスハウスという東京の各地に増えてきてるシェアハウス、(家に物がない人にとっては)かなり良い。安くて綺麗なのはもちろんだけど、任意のタイミングで別のクロスハウスに無料で引っ越せる。昨日ふと調べたら今より良さそうな場所に、来週オープンの真に新築の物件があったので来週引っ越しする午後4:56 · 2018年9月27日
クロスハウス賃貸物件での特徴として、身軽な状態で引越しをされても生活に困らない必需品が予め揃っている点です。
例えば、家具・家電は勿論のこと、調味料や洗剤など鍋、包丁、トイレットペーパーまでも家賃に含まれて全て利用できます。
RT @xrosshouse: クロスハウスは【物件間の移動が無料】なんだ♪池袋~品川間の山手線沿線を中心に都内に20物件、すべて最寄り駅から徒歩圏内!追加料金なく引越できるんだ。今後も物件を増やして、より便利なハウスにしていくよ!(*^ー゚)午前9:33 · 2012年4月5日
クロスハウスは、今のお部屋に飽きたら別の場所へ0円で引越しを可能にしてくれます。その時、その時のライフスタイルで場所まで変えれるなんて、通常の賃貸物件では不可能ですね。しかも、賃貸物件の全てが立地が良好!この物件間移動が手軽に出来る点が正にサブスクサービスにピッタリはまるサービスですね。

クロスハウスの審査

クロスハウスの審査については、特段厳しいことはありません。
普通に仕事して毎月の収入があれば、極論どなたでも借りることができます。
しかし、シェアハウス特有の審査基準を設けられてもいますので、注意も必要です。
  1. 入居前に審査を行い、事前説明会で入居ルール説明を行なっている。
そのため、モラルがない方や、ルールを守らないとクロスハウス側に判断されると、審査に落ちます。

2.  年齢制限がある

クロスハウスの賃貸物件を借りレル方には、年齢制限が設けられています。具体的には18歳〜39歳までの方しか借りれません。この辺は、同じ屋根に住む住民同士で無用なトラブルを発生させない考えもあるのでしょう。

ADDress(アドレス)

全国にある空き家や別荘を有効活用する形で、空き家問題の解決と同時に多拠点居住というライフスタイルを提案しているのがADDressです。

40,000円という低額価格で入居ができます。しかも、契約から1週間は無料で利用することができます。カギ付きの個室もあれば、ホテルや旅館と違って、あくまでも「定額制で住む」サービスなので、事前に会員登録した人しか出入りできませんのでセキュリティの観点からみても安心です。

又、月額家賃には、光熱費とWi-Fi通信費が含まれているため、ほかに支払う必要がある経費はなし。

 

OYO LIFE(オヨライフ)

敷金・礼金・仲介手数料なし(無料)で1,400以上の部屋を提供しており、「住宅のAmazon」を目指しているのがOYO LIFEです。

スマホ1つで契約から退去まで一貫して手続きができるほか、水道光熱費や家具・家電まで料金にパックされているため、手ぶらでの引越しも可能にしています。

都内(東京24区)を中心に部屋を揃えており、月平均/100,000円〜から利用可能です。

 

HafH(ハフ)

月額3,000円からで全国の200か所を超える拠点に住むことができるようになるのがハフです。

日本のみならず、世界中に生活拠点を提供しています。海外旅行をよくする方にもオススメのサブスクです。

国内外で住居を住み替え可能な上、ワーキングスペースの提供も行っています。住宅の提供に留まらず、コミュニティの形成に注力している会社です。

全部屋にWi-Fiが完備されているため、世界中を旅したいという人の宿泊拠点としても利用できます。

 

Hostel house(ホステルハウス)

ホステルとは「低価格の宿泊施設」の事です。二段ベッドを利用した相部屋がメインであり、シャワーやトイレは共用です。都内であっても宿泊料金が安いため、費用を抑えたい旅行者にはメリットがあります。

このホステルに月15,000円で宿泊し放題になるのがHostel houseのサービスです。「残業で遅くなった時だけホステルを利用する」「長期旅行での拠点として利用する」等、柔軟な利用ができるのが魅力です。

 

まとめ

いつのまにか、続々と賃貸業界の中にも新サービスが生まれています。

以前のような『不動産会社さんへ赴いてお部屋探しをする!』と言うのも薄れてきている感は否めません。

お部屋を借りる側である入居者本人が自ら選んでお部屋の契約までも直接やる!なんてことが、今後は当たり前化してくる予感がしています。

➡︎賃貸時の初期費用を分割にして引越しを!手数料0円『スムーズ』

 

次世代のシェアドアパートメント

【クロスハウスのお金がかからないメリット】
●敷金・礼金がかからない
●物件移動無料
●家電・調味料付き
●光熱費無料

【その他のおススメポイント】
•とにかく安く都内の人気エリアに住みたい
•同居人と交流を深めたい
•外国人と会話してみたい
•色々なところに気軽に住んでみたい

コメント

プロフィール

Rinp

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

Rinpをフォローする
タイトルとURLをコピーしました