賃貸人は家賃保証会社の保証内容を理解している人が得をする!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

保証会社を利用している賃貸人でさえ保証内容をわかっていないのが現状!

物件オーナーにとって、家賃保証会社は『得』が得られる最高の会社であるとは思います。

しかし家賃保証会社がどこまで保証をしてくれるかを理解している人としてない人の差は大きいと思います。

当然にして、家賃保証会社の保証内容を充分に理解しようと、真摯に向き合っている物件オーナーは『』を必ずしていると思います。

家賃保証会社は何処まで保証してくれるか?

家賃保証会社=毎月の家賃を立て替えてくれる!

そんなイメージが一般化されていますが、保証会社によってその他の保証も色々付帯されています。
例えば

  • 夜逃げされた場合の残置物撤去費用
  • 修繕費
  • 早期解約違約金

等が代表的的です。

またさらにはこんなものも立て替えてくれる保証会社もあります!

ハウスクリーニング費用、火災保険、口座振替手数料、解約予告通知義務違反金、水道・電気代etc

これだけでも結構充実していると思いませんか?

立て替えてくれる費用は利用しないと損しかない!

『家賃だけを立て替えてくれればそれでいい』

そのような物件オーナー様は良いかもしれませんが、後で知って悔しい思いをしてしまうオーナーもいるのが現実です。しかも、良い意味でお金に「がめつい」方が多いのも物件オーナー(笑

自身でお金をかけずに家賃保証会社を利用しているわけですが(*現状は入居者負担があたりまえ)利用しているからには最大限の保証を家賃保証会社へは求めたいもの。

家主業をしている方は、一見お金持ちに見られてしまうわけですが(*確かに大金持ちの方もいます!)皆さんが皆さんそのような事はありません。なぜなら、借金をしている方がほとんどだからです。

本当、1円も無駄にしたくないと言う、強い気持ちを感じるオーナーさんは世の中に多くいると、私自身も痛感しています。

物件をお建てになったときにできる『借金

この借金を、入居者から得る家賃で返済に回しているのが現状です。

だから、空室を埋めたいし得られるお金には、がめつくなってしまうんでしょうね!

この辺のお話は家賃保証会社利用に関してのお話とかけはなれていきますので、中略しますが大変な方が多いと言う事は断言できます。

家賃保証会社の契約書裏面は重要!!

『すべては契約書にあり!!』

これは、どこも同じではないでしょうか?

言った言わないのトラブルは世の中で多く存在しています。その中で、最終的には契約書に何が記載されているねか?が全てになってくると思います。『何条の何項に記載されています』と言われれば賃貸人・賃借人双方とも納得するしかありません。

だってお互い、その内容で契約を締結してるんですからね!見てなかったら、見てない人の責任です。

但し、保険屋さんの契約書もそうですが、保証会社の契約書裏面もかなり細かく(小さく)記載されているのも事実。

これを乗り越えた賃貸人さんにだけ”得”が待っているのかも知れません!!

又は、情報収集もかかさず、行う事をお勧めします。家賃保証会社の利用は不動産会社や管理会社が多い為に中々、保証内容自体が賃貸人へ届かない事があります。

しっかりと利用した家賃保証会社の保証内容位は、理解しておくべきです。
そうしておかないと、下手をすると何十万も損をしている事だって、正直あるのですから!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou