審査

賃貸保証会社の審査を生活保護でも通す!業歴10年のプロが解説!!

スポンサーリンク

悩んでいる人
今度、生活保護を受けることになって、お部屋を探しているけど賃貸保証会社の審査は大丈夫かな?

 

このような悩みを解決します。

 

本記事内容

  • 賃貸保証会社の生活保護の方に対する審査方法
  • 生活保護の方でも通りやすい賃貸保証会社
  • 賃貸保証会社に入らない賃貸物件

 

 

本記事信憑性

レント君!!
賃貸保証業歴が10年以上になります。保証会社の審査全般について熟知しています!

 

生活保護を受給されている方、これから受給される方も、賃貸保証会社の審査には通りますのでご安心ください。

 

しかも、ほとんどの保証会社で審査に通るので、そこまで身構える必要もないでしょう!

メモ

さらには、連帯保証人を付けないでも審査に通る状況が今ではほとんどです。

 

今回は生活保護の方に対する賃貸保証会社の審査方法について詳しく解説していきます。

 

賃貸保証会社は審査で?生活保護の方にはここを重視して見ます!

 

賃貸保証会社は生活保護の方を審査する際に、ある1点を重視して見ていきます。

 

それは、『生活保護受給証明書』があるか?ないか?

 

詳しく解説していきましょう。

 

生活保護を本当に受給できる?

 

ようは、賃貸保証会社も生活保護の受給をしっかり受けれるのであれば、審査に通します!ってことです。

 

基本的に申込者の収入が毎月あるのであれば、保証会社は審査に通しますからね。

 

審査時に生活保護受給証明書を提出できるようにしておけはベスト!です。

 

生活保護受給証明書が提出できない場合

 

中には、生活保護受給証明書が、お部屋が決まらないと発行できない場合があります。

 

この場合でも大丈夫!

 

生活保護を受ける旨を保証会社の申込書へしっかり記入しておきましょう。

 

保証会社の中には仮承認になるケースもあるので注意!

 

生活保護の方が保証会社の審査に通すには生活保護受給証明書が一つの重要書類になってくることを理解しておいてください。

 

又、保証会社の中には生活保護受給証明書が申込時に提出されない場合は、仮承認として一旦、審査を通しておいて契約書(保証委託契約書)と一緒に提出を求めることがあります。

 

主に、保証業界の最大手である全保連さんは、このような審査方法をされている代表的な保証会社です。

 

生活保護の方が保証会社の審査で注意するポイント事項!

 

生活保護の方が保証会社の審査を通す上では、そこまで身構える必要はありませんが、注意事項がないわけではないので順を追って解説していきます。

 

ここさえ抑えておけば、賃貸保証会社の審査も怖くはありませんよ!

 

①:受給額に見合った賃貸物件を選ぶ

 

生活保護費は毎月の受給額が決まっています。

 

各市町村で異なるものの、平均37,000円〜43,000円くらいですね。

 

中には受給額を超えるお部屋を借りようとして、保証会社の審査に落ちるケースがあります。

 

注意ポイント

仮に毎月37,000円の受給額で家賃40,000円のお部屋を借りようとされる方がいらっしゃいます。

差額の3,000円を自身の生活費から捻出される考えですが、保証会社はここを嫌います。

 

スムーズに審査を通す上でも受給額に見合ったお部屋探しをおすすめします!

>>生活保護の方でも審査に通る!家賃20,000円台! 賃貸界の革命児のビレッジハウス!

 

②:曖昧な回答は避ける

 

賃貸保証会社の中には、審査時に電話連絡を入れるケースがあります。

 

この時に、『何故?生活保護を受けるのか?』を聞かれる場合があります。

 

中には曖昧な回答をしてしまい審査に落ちるケースもあるので注意しましょう!

 

注意ポイント

賃貸保証会社は『本当に申込者が生活保護を受給できるのか?』を注視しています。曖昧な回答で保証会社から不信がられないようにしましょう。

又、生活保護を受ける理由で『精神疾患』を出してしまうと審査に落とされます。わからないように審査を進めれるようであれば、決してキーワードとして出すのは厳禁です。

 

③:緊急連絡先は『誰を付けたら良いのか?』を事前に確認しておこう!

 

賃貸保証会社の生活保護者に対する審査方法は微妙に異なったりします。

 

例えば、賃貸保証会社の審査で必ず必要になってくる『緊急連絡先』の存在ですが、

  1. 知人でOK
  2. 身内の方を必須
  3. 役所の担当者さんでOK

 

これだけ審査を受ける保証会社でやり方が変わります。

 

事前に窓口である不動産会社さんに協力してもらい、保証会社へ問い合わせしてもらいましょう。

 

その方がスムーズに審査を勧められますよ!

 

生活保護の方でも審査が通りやすい保証会社ランキング!

 

基本的には、どの?保証会社でも生活保護の方は審査に通ります。

 

しかし、保証会社によって審査方法や考え方が微妙に異なったりもしています。

 

そうすると、そもそも審査を柔軟にしている・甘い保証会社が審査には通りやすいでしょう。

 

詳しくは、【2020年最新版!!】賃貸保証会社の審査が甘いランキング!をご参照ください!

 

賃貸保証会社に入らない賃貸物件をご紹介!

 

生活保護を受けるから!と、言って保証会社の審査にはそこまで考える必要はありません。

 

しかし、中には何らかの理由でや中々、『保証会社の審査に通らない!』って方もいらっしゃるのも事実。

 

賃貸保証会社の審査がお部屋を借りる為の弊害になっているのであれば、そもそも賃貸保証会社への加入を必要としない賃貸物件でお部屋を借りるのも一つの手です。

 

そこで、代表的なおすすめな賃貸物件が『ビレッジハウス』さんになります。



ビレッジハウスの賃貸物件では賃貸保証会社への加入が100%なし!

 

このご時世に賃貸保証会社への加入を入居条件にしていないのは非常に珍しいことではあるのですが、ビレッジハウスさんは生活弱者の方への入居をスムーズに実現するコンセプトを持ち合わせていますので、そう言った意味では安心です。

 

実際に生活保護を受給されている方がビレッジハウスさんの賃貸物件へ続々と入居もされています。

 

審査も非常にゆるいので、生活保護費を毎月受給できる旨を示せば、スムーズに入居できるでしょう!

注意ポイント

審査がゆるいビレッジハウスさんですが、『精神疾患』の方は審査に落とされています。このような方々が生活保護を受けていらっしゃる現状を私も理解していますが、まだまだ不動産業界の中でも受け入れに難色を示すケースが多いです。

 

他にもビレッジハウスの賃貸物件はこんな所がおすすめ!

 

生活保護の方がお部屋を借りる際におすすめなビレッジハウス!

 

他にもこんなメリットがあります。

  1. 初期費用が0円
  2. 家賃が2万円〜で低価格帯が多数
  3. 間取りも1Kのような狭いお部屋ではなく、2DK〜3DKが主流
  4. 3万円〜の引越しサポートも付帯

 

そして、個人的におすすめなのは、ビレッジハウスさんへ申込者が直接、問い合わせ〜賃貸借契約まで不動産会社を介さずにできる点です。

 

勿論、そうすれば仲介手数料も0円で契約できます。

 

不動産会社さんの中には生活保護者の方に対してのお部屋探しが疎かになる面があります。直接手続きすればご自身で納得いくお部屋探しができるので、おすすめです。

 

まずは、ビレッジハウスさんのお部屋を見てみたい!って方は下記から自身の希望エリアでさっそく探してみましょう♪


 

 

レント君!!

人気エリアでは空室がないお部屋もちらほら拝見しますが、メールなどで問い合わせしておけば、近隣の物件情報をくれたりしますので、おすすめですよ!

 

賃貸保証会社の審査は生活保護の方でも問題なし!

 

今回は、賃貸保証会社の審査で生活保護の方でも大丈夫な点を解説をさせていただきました。

 

いざ賃貸保証会社の審査を受ける!と決まったときに困らないよう、全体像と役割を再度おさらいしておきましょう。

 

まとめ

  1. 基本的にはどの賃貸保証会社でも審査に通る
  2. 生活保護受給額を超える家賃はなるべく避ける
  3. 審査が甘い賃貸保証会社で審査を受ければさらにスムーズ!

 

賃貸保証会社の審査で生活保護を受給する身であろうとも、そこまで審査に対して身構える必要性もないことをご理解いただけたのはないでしょうか?

 

事前に知っている?知ってない?とでは地味に差が出てきます

 

当記事が、少しでもお役に立てたら幸いです。

 

家賃が2万円〜!

お部屋タイプも2DK〜3DKと広めのお部屋が多数!



スポンサーリンク

-審査

Copyright© レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.