家賃保証会社の審査で落ちやすい人の特徴と対策!

家賃保証
Free-Photos / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

家賃保証の審査には、スムーズにスパッと通る方と

逆に落ちる方がいます。

この差は何でしょう?

皆さんの中で思う所は多々あると思いますが、意外な落とし穴がそこにはあります!

今回は、家賃保証会社の審査に落ちてしまう方の共通点を解説していきます。

 

スポンサーリンク

家賃保証審査が通らない方は過去の自分に問いだだす事!

【家賃保証審査が通らない=何かしらの原因がある】

当然です。

家賃保証会社も出来れば審査を通してその先にある保証委託料を申込者より頂戴したいと思っているはず。

家賃保証会社にとって、それが売り上げであり、利益になりますからね。

しかし、わざわざ家賃滞納しそうな危ない方を審査に通す程、優しくはありません。

家賃滞納しそうな危ない方とは?

どんな人になると思いますか?

それは、過去に家賃を滞納している方です!

このような方は審査がどれだけ甘いと言われている保証会社でも審査に通るのは難しいでしょう。

家賃保証会社が審査を通さない大半の理由はこのような家賃滞納歴がデーターにて見受けられる場合です。

家賃保証会社の審査に、中々通らない方はまずは

『自身の家賃支払いに今まで問題が無かったか?』

を見つめなおしてみましょう!

 

嘘の情報を申込書に記載していないか?

家賃保証会社からの審査を受けるにあたっては、まずは申込書を送らないといけません。

その届いた申込書を家賃保証会社が見て、可決か?否決か?を判断していきます。

中には、嘘の情報を記載して何とか審査を通してやろう!

なんて、考えを起こされる方もいないとも限りません。

では?

家賃保証会社はどこまでの嘘を見破る力があるのでしょうか?

ここまで言っておいて何ですが、家賃保証会社だからと言って、そこまでの能力は持ち合わせておりません。

もっと言えば、ある程度の嘘の情報を申込書に記載したとしても、バレません!!(笑

だって一度も会った事のない人の個人情報すべてなんてわかります?

無理です。

しかし、家賃保証会社の審査上で

『嘘の情報を記載している!』

として審査に落とされるケースは確実にあります。

一体何故でしょう?

これは、もし?

以前に家賃保証会社へ審査申込をした事がある!
もしくは、誰かの緊急連絡先か連帯保証人として家賃保証会社へ申込をした事がある!

こんな方は以前の自身の個人情報がしっかり家賃保証会社にて吸い取られていますので

当然、以前の個人情報と相違していれば疑われる事、間違いなしです。

しかし!

上記に該当しない方は、嘘もばれないお粗末な状態です。(笑

何だかふんわりした状態ですが、これが現実です。

 

家賃保証会社からの審査電話の対応悪いはNG!

家賃保証会社の審査では申込者に電話連絡を入れる審査方法があります。

詳しくは以下で!

この審査電話ですが、対応を悪くして家賃保証会社へ接すると審査に落ちます。

家賃保証会社の審査電話を入れる行為としては、申込者本人の保証加入に対する【意思確認】を取り付ける目的があるからです!

ですから

例えば、

『家賃保証会社なんかそもそも加入したくないんだよ!俺は!』

『答える義務なんてないんで答えれません!』

なんて、やってしまうとアウトっです!

中には、嫌々で家賃保証会社の審査を受ける方もいらたしゃるでしょう?

電話が来た際は冷静に対処するのが吉です!

 

緊急連絡先や連帯保証人になってあげた契約者本人が家賃滞納してないか?

家賃保証会社も審査する上では

緊急連絡先は必ず個人の方を必要としています。

緊急連絡先も付けれない方はそもそも家賃保証会社の審査を受ける事は出来ません。

審査を受ける方はどなたか緊急連絡先をお願いしておきましょう!

そして、もう一つ

家賃保証会社も申込者本人だけで審査基準を下回り、残念ながら審査を通せない場合は、連帯保証人を付けるように要請する場合があります。

又、物件オーナーさんによっては家賃保証会社へ加入してもらい、さらには連帯保証人を付けるのを入居条件にしているケースもありますので、賃貸物件によって様々です。

このように、連帯保証人をお願いされて仕方なくなった!

なんて?方もいらっしゃるのでは?

そして、本題です。

もし?緊急連絡先や連帯保証人になった方で、その契約者本人が家賃滞納をしてしまったら?

すべて、連帯責任で審査に響いてしまう事があります。

もっと簡単に言うと

 

Aさんの緊急連絡先になった、、、。
Aさんが、お部屋に入居して程なくしてから家賃滞納!
その時!自分に火の粉はかからなかったが、自分自身も賃貸物件に住む事になり、家賃保証会社の審査を受けた!審査NG

『何もやましい事なんてないのに、、、。』
『あ!Aの緊急連絡先になっていたのが関係しているのか!?』

こんな具合です。

連帯保証人は別として

緊急連絡先でも安心は出来ません!

なるべくならないのが一番ですが、このような事で審査に落とされるのは、審査に厳しい一部の家賃保証会社に限るので、そこまで危惧する必要性もないのですが、、、。

審査を受ける家賃保証会社によってはNGなので、あとは運です!

 

家賃保証会社の審査をスムーズに通すには?

結論!

審査に落ちる方は落ちます!

これはどうしようもない所です。

しかし、諦めてはいけません。

家賃保証会社だって会社が違えば審査が甘い、緩いはあるんです。

以下、参考にしてください!

 

審査が甘い、緩い保証会社であれば、今までなんだかんだ言ってきましたが、通る通過率は格段にあがります!

でも、

基本的に家賃保証会社は入居者自身が選ぶ事は不可能です。

悲しいかな!

家賃保証会社は指定されるので、賃貸のお部屋を借りられる入居者は、指定された家賃保証会社に加入する他ありません。

でも、ご安心を!!

不動産会社さんだって、お部屋を斡旋して、さらにはそこに仲介手数料と言う報酬が待っているんです。

一つの家賃保証会社の審査が仮に落ちたからと言って、不動産会社も2番手、3番手の家賃保証会社はは用意されていると思いますので、上記のような審査甘い、緩い家賃保証会社があれば通ります。

用意があればですが、、、、

 

家賃保証会社の審査について具体的流れを把握しておこう!

これから家賃保証会社に加入しないといけない人にとって、審査の具体的内容は気になる所でしょう!

中々、見えない部分もあるかと思いますので、以下の記事を参考にしてみてください。

家賃保証会社は今では一般化されつつあります。

賃貸物件に住もうと思って、家賃保証会社へ加入しなくても良い物件を探す方が困難です。

事前に

『どのような流れで審査は進むか?』

は、しっかり把握しておく事に損はありません。

スムーズな審査を目指しましょう!

 

家賃保証会社へ加入して家賃滞納!は今後、厳しい現実が?

例えば家賃保証会社へ加入して、万が一家賃滞納をしてしまうとどうでしょう?

今後はかなり、その後の家賃保証会社による審査に影響してしまうので、気をつけてもらいたいものです。

何故ならば

現在、家賃保証会社業界には2つの協会が存在しています。

家賃保証会社の各社はどちらかの協会に加盟し、横の繋がりを強化しています。

こうなると

審査情報も横の繋がりで

保証会社A.保証会社B.保証会社Cの各社がいづれも家賃滞納歴を含めた個人情報を拝見可能にしている面が今ではあるのです。

その為、一度の家賃滞納でも各社家賃保証会社へ情報は広がり、

『今後、賃貸物件に住めない!』

なんて事があるかもしれません。

物件オーナーや、大家さん、はたまた物件を管理している管理会社さんも

家賃保証会社の審査に通らない方はお部屋の入居を断る!

なんて考えが多くなっています。

家賃保証会社へ加入する方は是非、気をつけましょうね。

 

まとめ

如何でしたか?

家賃保証会社も奥が深いです。

そして、利用率も年々高まっており10年後には賃貸物件に住むにあたって100%家賃保証会社へ加入しないといけない状況が、生まれるかも?知れません。

もしかしたら?違うサービスが進出している可能性もありますが、、、。

いづれにしても、現在では家賃保証会社への保証加入割合は高いので、しっかりとした対策で望んでください!!

家賃保証
rentokunをフォローする
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

コメント

プロフィール

rentokun

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

rentokunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました