住まいの知識

クレカリ賃貸の評判!家賃を振り込みからクレジット払いへ!メリット・デメリット!!

レント君!

◎家賃保証業界で10年以上在籍中 ◎ここでは常にユーザーファーストで執筆(保証加入される方に向けて) ◎今まで1000社以上の不動産会社・管理会社・大家さんと接しています!又、業界の最新動向を誰よりも早く察知するのが好き ◎知識のスキルマーケット「ココナラ」に家賃保証会社を利用している・これから利用する方向けの相談解決サービスを出品中(【スマイル家族】で検索してね♪) ◎Twitterアカウント:@rentokun1231

賃貸物件に住んでいる方、これから住む方で

 

悩んでいる人
『毎月の家賃がクレジットカード払いに出来れば良いのに…』

 

と、思われている方は多々いらっしゃいます。

このような悩みを解決します。

 

レント君!!
何故なら、今回ご紹介する『クレカリ賃貸』を利用すれば、家賃支払いをカード払いに切り替えることは勿論、既に入居されている方でも途中からの利用も可能にしているからです。ちなみに私は賃貸保証業歴10年以上です。

 

実際に私自身も試してみましたが、かなり簡単に手続きができてしまい、拍子抜けしてしまいました。

 

この記事を読み終えた後には『クレカリ賃貸』のメリット・デメリットもわかって頂けると思います!

 

 

家賃を振り込みからクレジットカード払いにしたい方の心境として

メモ

例えば

  • 毎月、銀行に行って振込をするのが面倒だと思っている方
  • クレジットカードでポイントやマイルを貯めている方
  • キャッシュレス時代に家賃がクレジットカードで支払えないことに不満がある人
  • 急な出費があり、現金がなく振込が出来そうにない人
  • 今月の売り上げが悪く、現金が調達できないテナント様

このように様々です。

 

しかし、これら全てを解消してくれるのが今回ご紹介する【クレカリ賃貸】

https://crecari.com/

クレカリ賃貸の特徴は

  • 日本全国の賃貸物件でクレジットカード払いを実現
  • クレジットカード払いになるので、毎月のポイントやマイルがザクザク溜まる

今回はクレカリ賃貸の評判及びサービス概要とメリット・デメリットもあわせてご紹介していきます!

家賃支払いのあたらしい選択【クレカリ賃貸】

クレカリ賃貸の評判

 

中々、賃貸業界の中に浸透していない毎月家賃のクレジットカード払い。

 

まだまだ多いのは銀行振替が主流です。

 

この理由は

まず、家賃がクレジットカード払い出来ない理由、それは家主(物件オーナー)さんがクレジットカード会社に対して手数料を払いたくないからです。

 

何故ならば通常、家賃に限らずすべてのクレジットカードが使えるお店では、みなさんがクレジットカード払いをすると、加盟店手数料と呼ばれる費用をクレジットカード会社に対して払っています。

 

この費用は利用金額に応じて◯%といった形で定まっているため、少額だから高いとか、高額だから安いということはありません。

 

しかし、家賃の支払いに関しては、この手数料を家主さんが負担しなければなりません。

 

そこで入居者が支払う家賃を仮にクレジットカード払いOKにするためには、平均で5%程度の手数料が必要になる状況で、これを家主さんは支払いたくないのです。

 

『たかが5%で?何言ってるの!!』ってなりそうですが・・・

 

1部屋/10万円の家賃でクレジットカード払い(5%)の場合

毎月、家主さんへ入ってくるのは

100,000円×0.05=95,000円になります。

 

入居者の家賃支払いをクレジットカード払いにした事で、本来得れる金額から手数料を負担して5,000円も低くなってしまうんです。

 

しかも、仮に10部屋全てこのようにすれば、50,000円も毎月の収入からダウンです。

 

確かに、家主さんが消極的になるのもわかります。

 

このような背景もあって賃貸市場へ中々普及してこなかった家賃のクレジットカード払い。

 

これを賃貸物件の全物件対象に家賃支払いをクレジットカード払いに出来るクレカ賃貸はユーザーにとっても非常に画期的なサービスと言えます。

 

クレカリ賃貸の仕組み

 

家賃支払いをクレジットカード払いに出来るクレカ賃貸の仕組みは至ってシンプルです。

 

ユーザーはクレカリ賃貸を通して無料会員登録をします。そうすることで毎月の家賃はクレカリ賃貸が管理会社や家主さんへ送金してくれます。

https://crecari.com/service/

しかも、送金の名義は本人の名前で送金されますので、安心です。

 

こうなる事でお振込名は入居者(借主様)のお名前となりますので、支払先の不動産管理会社や大家さんも困りません。

 

しかし、今住んでいる賃貸にて毎月の家賃支払いを口座振替にしている場合は、対応不可になってしまいます。

 

今ではほとんどの賃貸が家賃は口座振替が主流ですが…。

 

『毎月の家賃が振込で面倒臭い!』なんて方は、検討してみてはどうでしょうか?

 

好きなタイミングで切替が可能です。

 

クレカリ賃貸のメリット

 

クレカリ賃貸を利用して得られるユーザー側のメリットをまとめました。

 

限定されない全物件対応

https://crecari.com/service/

全物件対応できる点は大いにメリットがあります。月額家賃を毎月クレジットカード払いにすると、カード会社のポイントやマイルがどんどん貯まります!

 

スムーズな家賃支払いを実現

クレジットカード払いにする事で、実際の現金お支払いを遅らせて無理なく家賃を支払える

 

大きな出費になる初期費用も対応

賃貸契約時の初期費用(敷金・礼金etc)や、更新料をクレジットカード払いにして負担を軽減できます。

 

紛らわしい手続き不要

クレカリ賃貸ならスマホで簡単手続き、更に銀行への振込手数料もかかりません!

 

クレカリ賃貸の評判の中でデメリットもあり!

 

クレカリ賃貸を利用するにあたっては、注意しないといけないポイントもいくつかあります。

 

①JCBカードは利用できない

 

クレカリ賃貸で使えるクレジットカードは

・VISA
・mastercard

だけになります。

 

JCBカードは使えません!

 

残念ながらアメックスとかも使えないです。VISAとマスターカード以外のクレジットカードは使えないので注意しましょう!

 

②契約者本人名義のカードしか駄目

 

クレカリ賃貸は、物件の契約者及びクレカリ賃貸登録者と同一人物のクレジットカードでしか、決済をすることができませんので注意しましょう。

 

例えば、同棲をしているカップルがいた場合、契約者は彼女だけれども、彼氏のクレジットカードで支払いたいといったケースでは、クレカリ賃貸は利用できません。

 

③支払い金額に制限あり

 

クレカリ賃貸の支払い金額には上限と下限が決められており、3万円〜200万円の範囲に限定されています。

 

個人契約の方で家賃が3万円以下の場合は、クレカリ賃貸を利用してクレジットカード払いに変更!なんてことはできません。

 

④毎月の家賃が引き落としの場合は利用できない

 

今のお家賃を口座振替利用の場合は、『クレカリ賃貸』を利用できませんので注意が必要です。

 

現在の賃貸物件って家賃保証会社への加入必須になっている物件がほとんどです。

 

あわせて、家賃保証会社も収納代行会社をもっており、口座振替とセットで利用されるケースも増えてきました。

 

つまり、そもそも毎月の家賃を振込で対応する機会も減っている状況です。こうなると、どこまで需要があるか?疑問ですが、あくまでも現在、お部屋の家賃を振り込み対応されている方だけが『クレカリ賃貸』を利用できます。

 

クレカリ賃貸の利用料金

 

毎月の家賃をクレジットカード払いにしたい方

一度手続きしておけば毎月自動でご登録のクレジットカードから自動で支払いになるのでATMに行く必要もなくなります。

月末に海外出張で振込に行けない場合でも、スマホから簡単に家賃のお支払いが可能なので安心です。

 

サービス利用料

家賃に対して3.6%

 

カード決済日

初回分は手続き時、翌月以降は毎月15日に決済

 

振込日

初回分は3営業日後・翌月以降は毎月25日(ご指定の口座に家賃が振り込まれる日)

 

初期費用や更新料を分割払いにしたい方

賃貸契約時の費用や更新料に利用できるプラン。

家賃の数ヶ月分が必要となる初期費用は、クレカリ賃貸で「一度払い」でお支払い後、クレジットカード会社の「リボ切り替えサービス」などをご利用いただくことで無理なく分割払いも可能となります。

 

サービス利用料

ご利用金額に対して4.6%

 

カード決済日

手続き時(即時決済)

 

振込日

3営業日後

 

クレカリ賃貸の利用手順(かんたん操作!)

 

利用にあたっては、簡単な手続きで利用できます。

 

step
1
新規登録

 

スマホ、またはパソコンで新規登録を行います。

>>家賃支払いのあたらしい選択【クレカリ賃貸】

 

 

メールアドレスを送信後に自動送信されるメールに記載のURLからお名前、パスワードの設定などを行って下さい。

 

 

レント君!!
万が一、メールが届かない場合は、受信設定を確認して「@crecari.com」を受信できるようにしてくださいね。

 

step
2
基本情報登録 

 

基本情報を入力していきます。

 

 

基本情報の入力が完了したら『マイページログイン』

 

step
3
振り込み先の登録

ログインするとマイページが表示されます。

家賃の振込や初期費用の支払いなどは、すべて「お支払い」のページで設定します。

 

 

家賃・初期費用のお振込先となる口座情報を指定します。

 

 

毎月家賃を自動で支払う場合は「家賃自動払い」を、初期費用や更新料の場合は「一度払い」を選択して下さい。

 

step
3
内容確認

 

内容を確認した後は、同意事項にチェックマークを入れ、次に「カード番号入力へ」をタップ!

 

step
4
カード情報の入力

 

クレジットカード情報をご入力の上、お支払いを行います。本人認証サービスの画面が表示されますのでカード会社にて設定のIDやパスワードで本人認証を行なって下さい。

 

 

パスワードを入力して「送信」をタップします。

 

レント君!!
パスワードは、クレジットカードの管理画面で使用するログインパスワードを入力しましょう!パスワードが分からない人は、各カード会社に問い合わせてみましょう。

 

対応カードはVISA・Master Cardとなります。(JCBカードはご利用出来ません。)

 

step
5
 完了

 

「家賃自動払い」の場合は毎月25日に指定の口座へ家賃が振り込まれます。(土日祝の場合は翌営業日)

「一度払い」の場合は3営業日後にお振込みとなります。

 

クレカリ賃貸の運営元

 

クレカリ賃貸の運営会社は、『株式会社アイランド』と言う会社です。

 

調べてみると『株式会社アイランドプロパティマネジメント』と言う不動産管理事業も運営しており、ここで養った経験を同サービスに繋げていると思います。

 

クレカリ賃貸のサービスは、基本的には家賃を立替ているサービスです。

 

すなわち、クレカリ賃貸が先に家主さんや管理会社さんへ家賃を送金して、後でユーザーのクレジットカード決済で回収をしている構図です。

 

口コミが少ないので何とも言えませんが、万が一、クレジットカード支払いを怠るような事があると、厳しめの督促にはあいそうです。

 

何と言ってもクレカリ賃貸が立替てしまっているので…

 

この辺は情報が増えてくれば、逐一更新していきます。

 

まとめ:毎月の家賃をクレジットカード払いに拘りたい方にはおすすめ!

  • お金が足りなくて家賃や初期費用を分割にしたい
  • キャッシュレスにこだわっている
  • カードのポイントやマイレージを貯めている
  • 毎月の振込がめんどくさい

 

このような方はクレカリ賃貸の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

格安の賃貸物件探し!!

 

  1. 家賃2万円〜(2DK・3DK多数)
  2. 最大30,000円の引越しサポートやフリーレント
  3. 連帯保証人・保証会社加入不要

 

\メールで無料問い合わせ/

 

家賃が払えない!そんな時はこの方法!!

家賃を支払うお金を用意できない!

保証会社からの督促請求は家賃を支払うまで止まりません! 家賃を払いたいけど払えない・・・。家族や知人には借りられない・・・。 滞納が続いていてお金を借りたくても借りれない・・・。 給料日まで待ってもらえれば・・・。

家賃を支払えない時に使える裏技!

家賃滞納が続いていたけど「家賃の支払いがその日のうちに」支払うことができたその方法とは?

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

レント君!

◎家賃保証業界で10年以上在籍中 ◎ここでは常にユーザーファーストで執筆(保証加入される方に向けて) ◎今まで1000社以上の不動産会社・管理会社・大家さんと接しています!又、業界の最新動向を誰よりも早く察知するのが好き ◎知識のスキルマーケット「ココナラ」に家賃保証会社を利用している・これから利用する方向けの相談解決サービスを出品中(【スマイル家族】で検索してね♪) ◎Twitterアカウント:@rentokun1231

-住まいの知識