賃貸保証会社の更新料相場はこれだ!各社の料金を比較してみよう!!

家賃保証
Greyerbaby / Pixabay
この記事は約8分で読めます。

まず最初に賃貸保証会社の

『更新料とはなんぞや?』

から説明させてください。

この『更新料』

賃貸保証会社のほとんどが家賃保証加入者である契約者に対して請求するものになります。

もっとわかりやすく言うと

『賃貸保証会社へ家賃保証加入すると、お部屋に住んでから1年後に既にご加入している賃貸保証会社から更新料の請求書が住んでいるお部屋に届く』

このようなものになります。

更新料は、賃貸保証会社に保証加入すると入居者にとって絶対的に支払わないといけないお金になるので注意が必要です。

そして今回は各賃貸保証会社それぞれの『更新料の金額!』

に着目しました。

家賃保証加入者は今回の更新料とは別に賃貸保証会社に支払わないといけないものがあります。

それは

『初回保証委託料』です。

この初回保証委託料に関しても、それぞれの賃貸保証会社で入居者が負担する金額は異なります。

初回保証委託が安い賃貸保証会社への家賃保証加入であれば、保証加入者である入居者の金額負担は多少で済みますが逆に高い金額であれば最悪です。

賃貸保証会社で初回保証委託料金が安い会社ランキング!
まだまだ、入居者が賃貸保証会社に加入する際は、そこに発生する初回保証委託料の支払いを入居者側で負担するのが当たり前になっています。 一部の物件では賃貸人(物件オーナー)が保証委託料金を負担すると言うのも見受けられますが、全体の...

では?

先ほどから申し上げている更新料の金額は?

『各社でどれだけの金額の差があるのか?』

今回はここを紐解いていきましょう!!

 

スポンサーリンク

全ての賃貸保証会社の更新料は年間1万円が相場!

家賃保証加入すると賃貸保証会社へ保証加入者が支払わないといけない

『更新料』

各保証会社で更新料の金額にも大きな差があると思いきや、、、。

実は、どの賃貸保証会社も

1年ごとに1万円と相場が決まっています。

大手賃貸保証会社である

  • 日本セーフティー
  • 全保連
  • casa
  • 日本賃貸保証(jid)
  • オリコフォレントインシュア
  • フォーシーズ
  • ジェイリース

なんかは、もちろん年間/1万円です。

又、中堅以降の

  • ほっと保証
  • ナップ
  • オーロラ
  • CIZ
  • 新日本保証
  • アーク

なども更新料は1万円です。

『1万円が高いか?安いか?』は別の話として、各社が各社同料金となっているんです。

 

もしかして?更新料が0円の場合もあり!

実は年間1万が各保証会社の更新料相場と言う中で、更新料が0円と言うパターンもあります。

『いわゆる更新料の負担が家賃保証加入者にとって無い!』って事です。

余分な費用がかかるより、かからない方が断然良いですよね。

『じゃあ!その賃貸保証会社はどこ?』

なんて声も聞こえてきそうですが、上記に挙げた大手賃貸保証会社を利用しても更新料が0円の場合があります。

なんだか混乱させてしまいそうな言い分ではあるのですが、、、。

実はこれ!

『分割保証料支払い型』を利用した場合になります。

この分割保証料支払い型については別記事で詳細をお話しするとして

賃貸保証会社の保証料!毎月型支払い方法のメリット・デメリット!!
賃貸物件に住む際に、入居者が家賃保証会社へ加入するのが一般的になってきました。どの物件に住むにしても、ほとんどが『保証加入要』の入居条件が付いている賃貸物件になっているのは否めません!このような状況から、賃貸物件に住む方はひと昔前より賃貸保

今着実に増えつつある支払い型です。

これは、各賃貸保証会社が積極的に案内している商品ではありません。

なので、各社のホームページを見ても

料金プラン説明で

『分割保証料支払い型』の詳細は掲載されていません。

このような商品が出来てきたのも、背景としては信販会社が賃貸保証業界に軒並み進出されてきた背景があります。

信販会社とはクレジットカードを発行している

  • オリコ
  • ジャックス
  • セディナ
  • アプラス
  • ライフ
  • エポス

などが名が通っていますよね。

信販会社の商品プランはおもに

『初回保証委託料0円!』

毎月家賃金額の約1.0%〜1.4%が保証加入者の家賃と一緒に口座から引き落としがかかる。

と言う商品構成です。

このような商品に上記で挙げた独立系と言われる大手賃貸保証会社も信販会社に対抗できるよう、分割型の保証料支払いができる商品を作ったって訳です。

このようなプランは主に各物件オーナーからマンションやアパートなどの管理を任されている大手の賃貸管理会社が利用しています。

賃貸のお部屋探しをするに当たって、探されたお部屋が大手の管理会社物件に該当した場合は、分割型の保証料支払いが利用出来る可能性大です。

しかし、入居者側からしてみたら利用出来るか?どうか?は運次第。

分割型の保証プランを不動産会社から提示されたらラッキー位の感覚でしかありません。

選んだお部屋次第って所ですね。

 

【更新料無し】プランを持っている賃貸保証会社!

賃貸保証会社の中には、そもそも『更新料無しプラン』を持ち合わせている賃貸保証会社があります。

  • 全保連
  • ジェイリース
  • 近畿保証

この3社のみは更新料無しプランがあるでしょう。

しかし、更新料が無い変わりに初回に支払う初回保証委託料が各保証会社の平均相場より高くなっています。

通常であれば、初回保証委託料はどの保証会社も一般的に

『月額賃料の50%が相場です。』

しかし、更新料無しプランになると

月額賃料の80%〜100%が相場です。

家賃保証加入して尚且つ費用負担する入居者にとって

『どちらが安いのか?』

は賃貸物件に住む居住年数次第です。

3年以上住む予定であれば、断然に更新料が無いプランがお得です。

*50,000円の家賃で3年住んだ場合の比較

更新あり

25,000円(初回50%)

30,000円(更新料年/1万円を3年間支払い)

合計費用負担:55,000円

更新なし

40,000円(初回80%)

0円(更新なし)

合計費用負担:40,000円

保証加入時に必要になる初回費用が高くなると言っても居住年数を加味すれば差は歴然です。

 

しかし、入居者側で保証加入したい賃貸保証会社を指定する事は出来ませんし、万が一、更新料無しプランを持ち合わせている賃貸保証会社でもプランを選ばせてくれなかったりもします。

あくまでもここは、住むお部屋によって賃貸人や管理会社、賃貸仲介会社から指定されます。

でも、相談してみるのは有りですね!

 

保証加入しているのに『更新料を支払いたくない!』はNG!!

ほとんどの賃貸保証会社が年間の更新料が1万円になっている中

中には

『更新料を支払いたくない!』

なんて方も実際にいらっしゃると思います。

しかし、賃貸保証会社に更新料を支払わないとどうでしょう?

『支払いが無ければ無いでいいや!』

とは、賃貸保証会社もさすがになりません(笑

契約者が更新料を賃貸保証会社に支払わないと、当然のごとく督促請求されます。

しかも、保証加入者が更新料を支払うまでです!

決して更新料支払いを賃貸保証会社から逃れる事は出来ないので注意しましょう。

気持ちはわかりますが、、、。

 

賃貸保証会社への更新料支払い方法!

賃貸保証会社へ保証加入された方が、1年後に更新料を支払うとして

その支払い方法はどのようなものでしょうか?

実は更新料の支払い方法は主に2パターンありまして

  • 銀行での振込
  • コンビニでの支払い

今は支払い方法が安易であるコンビニ払いが多いでしょう!

ほとんどの賃貸保証会社がコンビニ払いが出来る請求書を契約者へ直接発行しています。

更新料を支払わないといけない保証加入者にとって、コンビニ払いで気軽に出来る事は嬉しい事ではありますが、お金がかかる話しには変わりはありません!

保証加入している賃貸保証会社より請求書が手元に届いたら、速やかに支払いましょう。

 

更新料を何とか支払わなくても良い方法!

払わないといけない事はわかっているけど、、、。

更新料の支払いに関してこのような気持ちになる方も中にはいらっしゃるのでは?

実は、更新料を家賃保証加入している保証会社へ支払わないでも良い方法が、一つだけあります!

それは

更新料支払い期限までに住んでいるお部屋を退去する事です。

支払い期限到来までにお部屋の解約・退去してしまえば、保証会社へ更新料を支払う義務はありません。

支払い期限に関しては、

保証開始日(入居日)〜1年後です。

例えば

4/1が保証開始日であれば3月初旬位には更新料支払い請求書が手元に届いて、3/31までの支払い催告をされるでしょう。

ですから

極端な話し、3/30までにお部屋を退去していれば大丈夫って事です。

ギリギリまでお部屋に住んで、支払い時期がきたら退去しちゃう!

こんなのもありってことですね。

実際に保証会社の更新料を支払いたくないのでお部屋を退去される方はいらっしゃいます。

あくまで期限前に重点をおき、更新料の支払いをしたくない方はお部屋を退去してしまいましょう!

 

まとめ

賃貸保証会社の保証契約件数が軒並み伸びている現状の中

保証会社へ支払う更新料もピックアップされる機会が増えつつあります。

例えば、

事前に更新料を支払わないといけない旨を聞いた、聞いてないとか、、、。

このようなちょっとしたトラブルも出ているのが現状です。

しかし、賃貸保証会社も

『契約だから!』

と言って請求行為を止めることもないでしょう。

家賃保証加入する入居者は、しっかりとした認識をもっておく事も大切ですね。

そして、いくつかある注意点に関しても事前に防衛策をはっておきましょう!

家賃保証
rentokunをフォローする
スポンサーリンク
レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

コメント

プロフィール

rentokun

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

rentokunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました