ネットカフェ難民の方でも初期費用0円で借りられる賃貸物件の探し方!!

お部屋探し
https://www.villagehouse.jp/
この記事は約8分で読めます。

政府の緊急事態宣言に基づき行われる東京都の緊急事態措置が出されました。

もし?仮にネットカフェに休業要請が出た場合、そこで生活する4000人が行き場を失うおそれがあると言われています。

https://mainichi.jp/articles/20200408/k00/00m/040/270000c

かなりの数に驚きますが、軽視できない問題です。

このような中、東京都は4月6日、補正予算12億円を計上しして住居を失った方への一時住宅等の提供を行うと発表しています。

ですが…

この予算で確保できる一時住宅は500戸だけと言われており、到底たりていない数になっています。さらには、ネットカフェ難民の方以外でも今後さらに、職と住まいを失った人が増加することが見込まれています。

住居確保給付金の申請方法!自宅で出来る用件チェックシートの活用方法!!
昨今の新型コロナウィルスの影響もあって、収入が減り、賃貸における家賃が払えなくなる方が増えてきそうな状況です。 このような中、今回は住居確保給付金のご紹介です。 ・家賃が払えない ・家賃が払えなくなる可能性あり ・休...

路上生活者や生活困窮者支援を行う現場では既に、500戸では「全然足りない」と懸念する声が上がっているほどです。

確かに、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、仕事と住まいを失う人が今後増えると警鐘を鳴らしている中で確保を予定している500戸だけでは、行き場を失うことが予想される4000人に対しても、まったくもって支援の受け皿が足りない状況だと私自身も思います。

都の担当者も「昨日の会見で発表された補正予算でできる対応では足りない。足りない部分は増やさざるを得ない」と認めているくらいですからね。

ネットカフェ難民の方もさることながら、日雇い労働や非正規雇用の方々、正規雇用で働いていた人の中から生活が困窮する人が出てくるのはこれからです。

ゴールデンウィーク明け頃にはさらに困り始める人が現れることが見込まれます。

この先、困窮する人が出るのは間違いない中で、それを見越して、今からでも対策を練っておく必要はあるのではないでしょうか?

 

\即入居可能な賃貸物件/

簡単メールで問い合わせ

 

スポンサーリンク

ネットカフェ難民から初期費用0円の賃貸物件に住む!

新型コロナの情勢問題で、住居を確保するのが難しい方達が増加していくのが予測されています。

今現在、賃貸物件に住んでいて、職をなくしてしまい『家賃が払えない』事によって、お部屋の退去を余儀なくされる方だっていらっしゃるかもしれません。

このような中、なるべく費用を抑えることができ、入居の審査もスムーズに通す事ができる賃貸物件はかなり重宝されると思います。

又、新型コロナの問題も、長期化するとは言え何年も続くわけではないので、一時的に凌げる場所としても利用できると思います。

そこで私がオススメするのが『ビレッジハウス

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

https://www.villagehouse.jp/

賃貸物件ではありますので、毎月の家賃は当然発生します。

ですので、国が用意するお部屋のご紹介ではありません。毎月の家賃を支払っていくのも困難な方はこの記事は参考になりませんので最初に申し上げておきます。

ですが、恐らく国が用意する一時住宅は不足されるのが予想されます。

ご参考の一つの情報として参考にして頂けると幸いです。

 

ビレッジハウスのメリット

まず、ビレッジハウスの何がよいのか?を突き詰めていきます。

初期費用が0円

敷金・礼金が0円で借りられます。又、ビレッジハウスの賃貸物件は不動産会社を介さないので仲介手数料も0円です。

引越しサポートサービス

物件自体の初期費用が安くても、引越し代はかかります。ご自身で行えば問題ありませんが…

しかし、ビレッジハウスには引越しサポートのサービスが付いています。

https://www.villagehouse.jp/

 

入居審査が緩い

入居審査が緩ければ良いって訳ではないですが、状況によっては非常に助かります。

例えば、無職の状態でお部屋を借りようと思ったら、いったい?どれだけの賃貸物件が受け入れてくれるのでしょうか?

残念ながら非常に厳しい現実を目の当たりにするのは間違いありません。

ビレッジハウスは、基本的には反社会勢力の方や犯罪者の方以外は審査に通ります。

それだけ、審査面でもかなり融通を聞いてくれる賃貸物件を提供してくれています。

 

ネットカフェ難民の方でも借りやすい『ビレッジハウス』の口コミ

ビレッジハウスは、30年ほど前に建てられた、雇用促進住宅をリノベーションして賃貸しています。

その為、初期費用0円、家賃も2万円〜とかなりの低価格帯を実現しています。

しかし、建物自体は古さを感じるのは否めません。

皆さんの口コミを引用してみました。

なみの@syatikuzyana
ビレッジハウスって昔の雇用促進住宅だよね?隙間風対策とか窓にプチプチであったない!とか見ると雇用促進住宅だもんなあ寒いよなぁってなる
やはり物件によっては老朽化は否めません。
ひろっけ@hirokke
ビレッジハウスって、強烈に安い家賃で目ん玉飛び出てたんだけど、よく見たら間取り図に風呂が無い…おぉ、共同風呂って何時代(笑)それと、同時に色々いやらしい想像をする自分…でも、ここに引っ越せば老後2000万円の貯蓄も夢じゃないな。
安いけど物件は古い…。
多少の妥協は必要になるでしょう。
でも、ここで貯蓄して凌いでから考えるのも一つの手になると思います。
便所サンダルマン@moe_p_powawa
ビレッジハウスとかいう団地が引っ越し初期費用クソ安いし引っ越そうかな
あまりの安さに心動かされる方は多々いらっしゃるようです。

@4XjDKREXQXsdiqK

審査を柔軟にしてくれているのはありがたいです。

ビレッジハウスの利用手順

ビレッジハウスは、入居者自らがサイト内で募集物件を見て、契約できます。

ですので、仲介手数料も0円です。

以下、具体的な流れになります。

①募集物件をエリア、間取りから選ぶ

ビレッジハウスの管理物件は全国に100,000戸あります。しかし、人気がある為に空室は少し寂しい感じです。

気に入ったお部屋があれば即座に押さえた方が良いでしょう。

②気に入ったお部屋が見つかったら『問い合わせ』をしてみる

https://www.villagehouse.jp/

専用フォームからか、電話でも問い合わせができます。好きな方で対応してみては?

しかし、電話で直接、問い合わせした方がスピーディーです。

③物件の概要を確認したら、お部屋の内覧日時を決める

ビレッジハウスのカスタマーセンターと打ち合わせをしておきます。候補日をいくつか用意しておきましょう!

④物件の内覧

お部屋の内覧については、現地の管理人さんがしてくれます。部屋の広さや日当たり、周辺環境、街の雰囲気をしっかりと確認しておきましょう。ここで注意しないといけないのが、予約時間から30分遅れてしまうと、管理人さんは別の案内の対応をすることになるので、改めて日時調整が必要となります。

大幅に遅れそうな場合は、事前に連絡を入れておきましょう。

⑤気に入れば、その場で申込書記入・申込

入居申込はその場で出来ます。この時、必要な書類としては

以下の書類等が必要です

① 印鑑:家賃支払が口座引き落としの為、銀行届出印

② 身分証:以下の2点が必要

– 公的身分証: 運転免許証、健康保険証、住基カード、在留カード(外国人)、外国人登録証(外国人)など

– 住民票の写し(発行から3ヶ月以内のもの) ※住民票の写しは契約時までに必須です。

③ 収入証明 所得証明書、直近1ヶ月分の給与明細

上記3点を内覧時に持参しておけば、その場でお申込みが可能です。なお、審査状況により、上記以外の書類を求められる事があります。いづれにしても、入居を早くしたい方は、なるべく事前に書類を用意して内覧に望みましょう。

⑥契約

記載、署名などの記入漏れがないようにしましょう。

⑦前家賃を入金、現地にて鍵の引き渡し

鍵の引き渡しは、物件に常駐されています管理人さんから頂く事になります。

⑧入居

晴れて入居になります。新しい生活が始まります!

ビレッジハウスの早期解約違約金に注意

初期費用0円、家賃も低価格で審査も緩い。

スムーズな入居を実現出来る点は非常に魅力的ですが、違約金の存在を忘れてはなりません。

2年以内に退去してしまうと、この違約金がかかります。

具体的には

短期解約違約金

1年未満のお部屋の解約は、家賃2か月分の違約金の支払い

1年以上2年未満のお部屋の解約は、家賃1か月分の違約金の支払い

が必要となります。

一時凌ぎとして住むにもビレッジハウスは十分に利用できると思いますが、違約金の存在は理解しておいた方が良いと思います。

まとめ

今回のコロナ問題で発生するのが予測される、ネットカフェ難民。

ネットカフェが休業要請されれば、休まざるおえません。

そうすると、どこに?行けば良いのか?

不安が募ります。

国も必死に対策を考えてはいますので、それに乗っかってしまうのが第一優先です。

しかし、必ずしも全員が溢れずに提供を受けれるか?となると否です。

事前に動ける所は動いておいて損はありません。このままいくとどうなるか?をしっかり考えた上でいち早く行動される方が恩恵を受けれると思います。



入居審査ゆるい!初期費用0円を実現できる『ビレッジハウス』

全国エリアに1,000棟100,000室を要している賃貸物件の『ビレッジハウス』圧倒的な安さで入居募集中!!

-■賃貸保証会社不要
-■入居審査ゆるい(基本的に誰でも可)
-■連帯保証人不要
-■初期費用0円
-■仲介手数料0円

今なら3万円〜引越しサポートキャンペーン実施中!!

※モデルケース※
【家賃:45,000円】
→入居初期費用すべて込み/16,500円で入居できる!

しかも、フリーレントも付いて入居してから最初の家賃支払いが翌々月(3ヶ月)と言う圧倒的安さ!!

コメント

プロフィール

Rinp

賃貸保証業界を知り尽くして10年以上!エンドユーザーには中々情報が入りにくい業界の最新情報をお届けする事を意識して発信していきます!!

Rinpをフォローする
タイトルとURLをコピーしました