レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

賃貸物件に住もうと言う人に、今や必須になった家賃保証会社!気になる審査や詳しい実態も?知って得する情報発信!!

ウチコミ!を利用した大家さんとの直接契約のメリット!デメリット!

      2016/05/01

賃貸でお部屋を借りようと思うと、ほとんどの方は不動産賃貸業者にお部屋を案内してもらい契約をすると言うのが一般的です。

しかし、しかし

今では物件を所有している大家さんとお部屋を探している入居者を結び付けるいわゆる『直付けサイト』が人気を博しています!

代表的なのは『ウチコミ!

広告もバンバン打って知名度は一番あると思います。

*過去記事も参考に♪

uchicomi

https://uchicomi.com/

参考物件オーナーと直接賃貸借契約ができる「ウチコミ!」で不動産仲介手数料が0円に!!

 

そんな中、この大家さんと直接賃貸借契約ができる事はメリットもあれば当然デメリットもあります。

賃貸借契約を『不動産賃貸業者に頼むか?』『大家さんと直接で自分自身ですべてやるのか?』参考にして頂けると幸いです。

 

ウチコミ!のような大家さんと直接賃貸契約をする直付けサイトは仲介手数料が無料!!

賃貸でお部屋探しを不動産賃貸業者にお願いすると必ず必要となる費用として、仲介手数料というのがあります。

簡単に言うと『お部屋を紹介してくれてありがとう!』と、入居者さんが不動産賃貸業者に支払う謝礼的な手数料です。

各、不動産賃貸業者さんはこの手数料で会社に利益を得ているのですが、入居希望の方が直付けサイトで直接大家さんと賃貸借契約を結べばこの仲介手数料が0円になります。

やっぱりこれが一番大きいメリットになりますね!!

意外にバカにできないのがこの仲介手数料!

例えば

家賃6万円、敷金1ヶ月(6万円)、礼金1ヶ月(6万円)のお部屋を借りようと思うと、入居の際の初期費用で6×3で合計18万円必要になります

ここに不動産賃貸業者に支払う仲介手数料が入ってきますので家賃の1ヶ月分をプラスして、合計24万円になってきます。

「結構な金額に膨れ上がるこの仲介手数料が0円ってだけで初期費用に与える影響は大きいですからね〜。」

参考仲介手数料の計算方法は不動産賃貸業者で違う!お部屋を借りる前に必ず知っておく事!

やはり大家さんとの直接契約はこの仲介手数料無料が一番のメリットになりますね!

初期費用が安く済めば、お部屋に住んでからの賃貸ライフに大きく影響します。例えば、インテリアの購入やその他生活必需品とかね。

 

物件の特徴が隅々までわかる!近隣情報もバッチリ!!

お部屋を案内してもらう際に不動産会社だと物件の細かい所まで把握出来ていないケースが出てきてしまいます。特に対象物件を初めて案内する不動産賃貸業者のスタッフが物件全てを把握するには困難を極めます。

例えば、お部屋の設備や住んでからの月々のおおよその光熱費、はたまた近くのお店情報などなど、細かい質問に対応できない事も多く発生してしまいます。

色々と『確認します』なんて言われてしまうとイラっときてしまう事もあるでしょう(笑

『即答で答えてよ!!』なんてね。

逆に直付けサイトは物件案内も大家さん自らが紹介してくれるので、物件オーナーだからこそわかる細かな情報をすぐに得れやすい所もメリットですね!

又、大家さんから入居前に『ここに入居している人達は皆んないい人達ですよ』なんて言われれば何だか安心しますしね!

 

大家さんと直接会って話しを出来るのは性格もわかって安心!

不動産会社にお部屋探しをお願いすると、入居するまで全て不動産会社を窓口に勧められます。大家さんと面談してなんて事もごく稀にあるかもしれませんが基本はないでしょうね。

自分が入居するお部屋の大家さんと入居前に会っておくのは意外にメリットがあります。コミュニケーションを取っておけば入居してからでも色々と相談に乗ってくれると思いますよ!

例えば、入居したお部屋に万が一、瑕疵があったとしても迅速に対応してくれるでしょう。やっぱり、顔と顔とを一度でも合わせておくと人間、何だか親近感がわきませんか?

 

大家さんとの直接賃貸契約はデメリットもあるので注意!

何だか、『お部屋探しは大家さんと直接賃貸契約した方がお得だな〜』なんて思ってもしまいますが、実は大きな落とし穴もあるので注意!

大家さんとの直接契約では、当然にして賃貸借契約書を結びますが契約上の『重要事項の説明』はありません。

重要事項の説明とは?

宅地建物取引業者が不動産の取引に際して、契約の成立前にその不動産に関する権利関係や法令上の制限、取引条件などの重要事項について、取引にかかわる人に 書面を交付し説明すること。宅地建物取引主任者は、説明時に宅地建物取引主任者証を提示し、重要事項説明書に記名・押印しなければならない。

参考引用:コトバンク

 

物件に対する重要な部分の説明を受ける事なく入居する事になるので、住んでからトラブルになってしまうケースも考えられます。

逆にプロの不動産賃貸業者を間に挟んでおくと不動産会社はお部屋を借りられる入居者にこの『重要事項の説明』が宅建業法で義務ずけられているのでしっかりと対応、説明してくれます。

大家さんとの直接契約ではこの重要事項の説明が大家さんには義務づけられてはいません。

そうすると入居者から大家さんに物件の契約上重要な事を聞き出す力がないと、住んでから『聞いた!聞いてない!』のトラブルになってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ちなみにウチコミ!を利用すればエージェントと呼ばれる不動産賃貸業者がいますので、内見及び契約はこの不動産会社が間に入ってやってくれます。

入居審査時の考え方が大家さんによってまちまちになってしまう!

お部屋を借りる際には当然、大家さんが入居希望者の審査をします。直接契約で大家さんと近い距離でやり取り出来るのも魅力的ではありますが、これが災いしてあれやこれやと色々と詳細を聞かれるデメリットもあります。

例えば、職種などが大家さんには理解しがたいものであるとマイナスのイメージをもたれると思いますし、収入や仕事内容なんかは細かく聞かれるでしょう。

例えば、昼と夜が逆転しているお仕事とか、フリーランスのお仕事とか。

この辺は不動産賃貸業者が間に入った方が契約までの手続きは断然に早くなるので、自分の職種によってはよく考えた方が良いでしょうね!

 

まとめ

  • お金を極力かけたくない方は断然に直接契約が良い!(仲介手数料が0円)
  • 不動産賃貸業者と言うプロに任せると入居するまでの流れがスムーズ!
  • 無職や職種に自信がない方は不動産賃貸業者に頼むべし!
カードローン

 - お部屋探し