家賃保証を解約したい人に絶対的必要な3つの条件!!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

家賃保証を解約したい人が年々増えている

家賃保証に加入されている方で、「家賃保証を解約したい!」と思われている方は多いのでは?

家賃保証に加入して、賃貸に住み続ける限りほとんどが更新料が発生し、これをお部屋の退去まで払い続けなければなりません!

これは意外にきついです。

参考:家賃保証会社の更新料を払いたくない人に注意してほしい条件とは?

お金に余裕がある方は、何て事ない話しなんですが、、、。

お部屋を借りる前は、なんとも思わなかった家賃保証への加入。

家賃を健全に、しかも遅れもなく毎月支払っている方は何でこんな保証をかけられないといけないのか?

更新料だって、何故?自分が払わないといけないのか?

色々と考えてしまいますよね!

家賃保証は、連帯保証人の代わりというのが一般的な考えではあるものの、もとをたどれば家賃滞納された時の大家さんのリスク回避の意味あいも強くあります。

こんな家賃保証について、《何とか家賃保証の解約ができないものか?』

と考えてしまうのもわかります。

『特に家賃をきちんと支払っている方は!!』

ここでは、家賃保証を実際に解約出来るのか?どうなのか?を考えていきたいと思います。

参考記事:家賃保証会社の保証解約はできるか?

決して入居者の安易な考えで解約出来ない家賃保証

そもそも、家賃保証加入者はお部屋の契約時に家賃保証加入に同意をしていますから、契約者本人の意思一つでどうにかなる問題でもありません!

お部屋を貸す側である大家さんも、「家賃保証に加入してくれるからお部屋を貸すんだ!」という考えを持っているのが基本です。

何故なら、保証加入を契約者がしてくれる事によって、大家さんの損は一切ないのはもちろんの事、リスクがないから契約者の為に家賃を下げるや初期費用を下げるという大家さん自身の努力もあります。

そして、わざわざ契約者に保証加入を解約されると言う事は大家さんにとってはリスクが増大する事しかないんです。

ですから、大家さんにとっては保証に加入してもらっていた方が安心しますし、退去されるまでは継続して加入してもらいたいと思っています。

このような背景から、唐突に大家さんへ「家賃保証を解約してくれ!」

と言っても取り次いでは頂けないでしょう。

では、どうするか?

家賃保証を解約したい人が考えなければならない3つの条件

まず、家賃保証を解約したいと思われている方に大切な絶対条件3つ!!を挙げます。

  1. 毎月家賃の遅れはないか?
  2. 連帯保証人になってくれる人が周りにいるか?
  3. 物件内でトラブルを起こした事はないか?

この上記3点に当てはまらない方には、解約できるチャンスはあります。

あくまでもチャンスです!

では、具体的にどのようにゴールである保証解約に向けて走ればいいのか?

お部屋を貸している賃貸人(物件オーナー)が了承してくれるか?が一番のカギ!

家賃保証は物件オーナーが断然にして得をする保証になるので、オーナーにとっては家賃保証を外す行為に対してのメリットはありません。

ですので、入居者の勝手な都合で解約なんてしてくれる訳はないのです。

それこそ、過去にこのオーナーが入居者による家賃滞納などで痛い思いをしていればなおさらでしょうね!

「家賃保証を解約したいならお部屋を退去してくれ!」なんて物件オーナーから言われてもおかしくないでしょう。

確かに、入居者とっては退去しちゃえば家賃保証も終了して入居者はその後の余分なお金を払わなくても良いので、良いと言えば良いんですが、、、。

『退去はしたくない!』

となると困っちゃいますよね。

賃貸人(物件オーナー)への直接交渉は避けるべし!

契約者の方から物件オーナーへ家賃保証の解約申し入れは避けた方が無難です。

当事者同士のお話しですから、直接の方がスビーディーに話しが進んで結論が出やすいのですが、今回はあくまでもお互いの円満解決策です。

保証を解約したい

契約者vs保証を解約して欲しくない物件オーナー!

あまりにも直接対決にしては、お互いの主張が強すぎて困難を極めます。

では?どうすれば?

不動産管理会社及び仲介会社を巻き込もう!

『家賃保証を何とか解約したい!』

こう願っている方は、少なからずいらっしゃると思いますが、その時は賃貸人への直接交渉は避け、不動産管理会社に相談しましょう。

物件によっては、不動産管理会社がついていないケースもあるので、その場合はお部屋を紹介してくれた不動産会社の担当者になります。

何故?不動産会社を間に入れた方が良いかというと、このような交渉時にはお互いがどこかをゆずらなければ解決には至りません。

その調整と提案をしてくれるのが不動産会社なんです。

お互いの主張を充分に聞いた上で

『では、このようにしましょう!』

と第三者から言われた方が、お互い納得します。

不動産会社もプロです。まずは任せてしまいましょう!

不動産会社の方が賃貸人の性格も知り尽くしている!

特に物件管理をしている不動産管理会社は、賃貸人である、オーナーさんとの関係性は深いです。

お互いがお互いを知り、関係性も良好なのが多いです。

お部屋を借りる際に賃貸人(貸主)と賃借人(借主)にて賃貸借契約書を巻きますが、そこにきちんと管理会社が入っていればきちんと契約書に記載がなされています。

例)管理会社:レント不動産

だいたい、契約書後方のページに記載されているので確認してみましょう。

連絡先も記載されているので、誰にでもわかると思います。

どうしてもわからない場合は、お部屋を紹介してくれた不動産会社に相談すれば教えてくれます!

物件管理をしている不動産会社は、オーナーよりその物件のすべての面倒をみています。

時にはオーナーの相談役にもなって、その関係性は強いでしょう。

このような管理会社を通じて相談すれば、入居者直接では難しい交渉もスムーズに進むケースが多いのです。

『○○号室の方が家賃保証を解約したいようなんですが!』

物件オーナーも『あんたが言うなら好きにして』

なんて言葉が出やすいのです。

まとめ

①まずは、家賃滞納をしていない事を前提に家賃の解約をしたいと願っている方は、管理会社を通じて相談しよう!

②又、お互いが譲らなければいけないケースも多々あるので、連帯保証人を付けていない人は、連帯保証人になってくれる人を念の為あたっておこう!

③又、家賃保証を解約したいからと言って、簡単に出来る事ではないので、時間に余裕をもって望む事が大切です。

スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou

コメント