家賃滞納で強制執行!家賃保証会社加入でのその恐怖をわかってほしい!

By: Vic

スポンサーリンク
tainoukaisyou

家賃滞納の結末は法的処置で決まり!!

家賃滞納を繰り返し、支払いも怠るような事があれば、住んでいるお部屋を追い出されます。

当たり前です(笑

家賃はしっかり払わないといけません!

しかし、部屋から家賃滞納者を追い出すと言ってもこれは、大家さんが滞納者の胸ぐらつかんで追い出す乱暴なやり方ではありません。

今では賃貸人である物件オーナーもしっかりとした手順で法的に対応すると言う事です。

日本は法治国家です。全ては法律で守られており、もちろん物件を貸す側になる賃貸大家さんにも、法律を守れば家賃滞納者を速やかに退去させる事ができます。

いわゆる裁判沙汰です。

はっきり言って、家賃を払わずにお部屋に住み続ける事は不可能!

家賃滞納はしたくないものです。

参考:家賃を滞納した人が大家さんへ言い訳できる交渉トーク集!!

家賃保証会社の手にかかれば退去処理が早くなる

そして、家賃保証会社に加入していれば、この手続きは速やかに行われ、退去も早まるので、注意です。

保証会社はプロです。しかも、このような案件自体を何件もこなしています。

訴訟に関する経験は、物件オーナーや不動産会社より群を抜いてますからね。

それでは、強制執行手続きに入られる具体的な流れを説明します。

そもそも、『強制執行とは?』とお思いの方は多いとお思いますが、私は法律家でもないですし、難しい表現での説明はできないので、お堅い系が好きな方は、別のサイトをみてもらった方が良いと思います。

あくまでも、家賃保証会社としての実務目線でしか説明はできませんので、、、。

まあ、やる事は皆一緒です。

強制執行を理解しよう!

強制執行は簡単に言うと、法律の力で家賃滞納者を部屋から追い出す、最後のカードです。

このカードを切るまでには、準備が必要で内容証明を家賃滞納者に送ったり、裁判所に提出する訴状を作成したり、はたまた出廷したりとなかなか時間がかかります。

又、時間もそうですが、手間や費用もかかるので、賃貸人すなわち物件オーナーは家賃保証会社を利用するんですね!

強制執行は、断行日と言うものが裁判所で設定され、執行官と警察OBの人が2人1組で部屋に訪れます。

物件の管理会社やオーナー、家賃保証会社も立ち会ったりもします。

そして、最終通告として部屋からの退去を促します。だいたい『いつ頃、退去出来るか?』を滞納者は促されると思いますが、おおよそ1週間後位には退去するように言われます。

断っても無駄です!

気持ちはわかるが、、、。

次回、執行官が訪れた時には部屋の鍵を変えられます。

居留守使っても、鍵を開けられて部屋に入られます。もう、この時点で逃げ場はないです。

外出していたもんなら、部屋に戻ると入れません!だって鍵変わってますから!

完全アウトです!

どうでしょうか?なかなか想像していなかった事も少なからずなかったですか?

これが強制執行です。

最悪な結末を迎える前にやるべき事!!

オーナーによっては、手間が発生する分、弁護士や、司法書士に手続きを依頼するケースもあります。

家賃滞納を余儀なくされた入居者は、黙って逃げてばかりでは解決策0です。

家賃滞納が出てしまった時には、やはり賃貸人へ相談するのが一番!

まったく払う気がないのであれば、相談に乗ってもくれないと思いますが、いついつまでに?どのように?と支払い意欲を出せば、そんなに悪い話しにはならないと思いますよ!

どっちにしても、家賃滞納をしたまま部屋に住む事はできないので、住みたいのであれば、改善策は必須です。

そして、どうしても難しいようであれば自ら退去した方が無難です。

前もって余裕をもっての退去と、いきなり執行官が来て出て行きなさい!と言われるのとでは、その時の状況ではかなりの差があると思うので、、、。

逃げても無駄な強制力

強制執行をやられるにしても、いきなり1回目の訪問で『出て行きなさい!』とはなりませんが、2回目はそうはいきません!

お部屋の鍵を変えられて、終わりです。

よっぽどの事がない限り、3回目はないと思った方が無難です。

時間を無駄に伸ばそうなんて発送はしない方が良いでしょうね!

でも、裁判から強制執行まで4〜6ヶ月位はかかる事から、いやらしい話し、この期間までは部屋に住めると言う事です。

のらりくらりしていれば、、、。

参考:「住宅確保給付金」知らぬは損!家賃滞納はこの制度で乗り切ろう!

無視をとことん決め込んだらの話しですが!

良い子は真似しないように!!

まとめ

家賃が遅れたからと言って、何もまったく主張が出来ないと言った事ではありません。

滞納した当事者も、言いたい事があれば裁判所で主張しましょう!

もしかしたら、家賃滞納したくてやっている方ばかりでもないと思うので、、、。

別の理由があって、払いたくても払えないその根拠を示すのが一番大切です。

同じ人間同士、話せば分かり合える事だって多くありますよ!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou

コメント