今住んでいるお部屋の家賃を下げたい人へ!大家さんへの値下げ交渉術!!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

気づけば今住んでいる物件の家賃が安くなっていてびっくり!

今、賃貸物件に住んでいる方は何年くらい住んでいますでしょうか?

短い人では半年、長い人では何十年も既に住んでいるなんて事があると思います。

半年や1年未満でお部屋を退去した人は、別にして何十年住んでいる方なんかは、家賃が住み始めた頃から一切変わらない!

なんて事は多くあります。

あたり前と言えばあたり前なんですが、、、。

お部屋の募集は、いまではネットで探す機会が多くあります。そんなヒョンな事から、「もし同じ物件をインターネットで目にし、興味本位で見てみたら?」「そして、今では募集している家賃金額が自分が毎月支払っている家賃金額とかなりの差が出ていたら?」

「かなりショック!!です。」

高くなっていればラッキーでしょうけど、家賃が安くなっていたらショックですよね!

家賃が高くなっているのは、リノベーションなどのお部屋のグレードアップリフォーム変化がない以上はほとんどあり得ません。

もし、隣の部屋が入居募集をしていて、家賃金額に1万や2万位の差がでていたらどうでしょうか?

例えば、あなたの家賃が6万円として、隣の部屋が55,000円で募集をしていたら、その差は毎月/5,000円。

1年にしてみたらその差!6万円!!

旅行行けます!うまいもん食べれます!ちょっとした家電が買えちゃいます!(笑

結構大きいです。この差は。

では、このような状況に陥ってしまった場合は、どのように対処していったら良いのでしょう!

勇気を出して大家さんへの家賃交渉に挑戦!!

賃貸物件の家賃は年を越すごとに、金額は変動していきます。新築物件だって毎年建ってきます。

そのような状況化の中、既存の物件は価値が年々下がります。ですので、物件オーナーは価値が下がった事によって、見合った家賃設定を余儀なくされるのです。

そう!「家賃金額を下げるのです。」

だってそうですよね?強がって物件募集していたって、入居者なんて振り向いてくれません。特に今はお部屋を探される方の方が選びたい放題で、主導権を物件オーナーより強く持ってますからね。

でも、以前から住んでいると言う理由で、やっぱり同じ物件、同じ間取りの部屋なのに、家賃価格が隣の部屋と違うなんて腑に落ちません!特に長年住んでいる人は!

できれば

家賃値下げの交渉をオーナーにしたくありませんか?」

でも、どのように?と中々、こう言った交渉関係は足踏みしてしまう所でもあります。

しかも、間違った認識、考えだけで暴走してしまうと物件オーナーとの関係性が悪化してしまい、逆効果になってしまう事もしばしば。

ここでは、今住んでいる賃貸物件の家賃を下げたいと思っている方向けに、正しい認識で、家賃減額を実現できる方法を説明していきます!

何事もまずは相手や周りを知ること!

やみくもに現在住んでいる賃貸物件の家賃を下げようと、オーナーに交渉を持ちかけても、お互いの関係性が悪化するだけです。

しっかりとした事前準備をした上で、やるならやりましょう!

まずは自分が住んでいる物件の募集家賃を、不動産ポータルサイトなどで見てみましょう。

同物件内に空室があれば、ここで募集されている可能性は高いですし、詳細な情報も得られると思います。

今の自分といくら家賃に差があるのか?しっかり確認してみましょう!

気をつけたいのは、家賃ばかりに目が言ってしまって、月額賃料を見落としてしまう事です。

月額賃料とは月に支払う合算金額ですから、これがまさに毎月の出費につながります。

例えば、家賃が50,000円でその他に管理会社へのサポート料や口座振替手数料、又は家賃保証会社加入での毎月のコストなどが入居条件についているケースは多いです。

なんやかんだで毎月の支払いが50,000円だと思ってのが、実は55,000円位になってたなんてよくある事です。

まずは家賃ばかりを見ず、「毎月いくらかかるのか?」をしっかり見定めましょう!

参考:賃貸でお部屋を借りる人へ!不動産会社への初期費用減額交渉術を教えます!!

日々、入居募集の条件は変化していきます。

結局、減額交渉するまでもなかったなんて事になれば、時間と手間、又余計な物件オーナーとの溝が生まれてしまうかもしれません。

家賃をあまりとれなくなった昨今は、家主も管理会社も頭を使って何とか入居者よりお金を取ろうと必死です。

いわゆる一人頭の売上単価をあげたいのです!家賃が安くなる一方なので、、、。

表向きの家賃を高くしていては、入居募集に影響してしまうので、いわゆる付帯商品でお金を取ろうって考えですね!

後からあれやこれやと売りつける作戦!!

契約時なんて、契約者はもう気がゆるゆるでしょうし、引っ越しの事しか頭にないでしょうから意外に後で気づいて後悔なんて事は多いです。

新しくお部屋を借りられる方も注意してほしいですね!

まとめ

長く賃貸物件に住んでいる方が、同じ物件のお部屋が安くなっている事に気づいて、物件オーナーへ『他のお部屋の家賃が安くなっているので自分の部屋も家賃下げて〜!』っと交渉をする!

僕も、別に悪い事ではないと思ってますし、それこそ何も相談なしで、引っ越しの退去をされてしまったなんて事になれば、それこそお部屋を貸す側としては悲しいと思うのですが?

意外にもお互い話しあってみると、そこで気づきや、考えがわかってよりよい答えが導き出されるなんて事は、よくある事ですからね!

『言うだけ言ってみよう!』

なんて軽い考えでも良いと思いますよ!!

万が一、家賃値下げを実現できなくても、何か別のメリットをあなたにもたらせてくれるかもしれません!!

入居者に退去されれば物件オーナーも、また一から募集をかけてお部屋をリフォームしてなんて事で手間やお金がかかります。

この事から、あなたの一声で歩み寄ってくれるオーナーは意外に多いと思いますよ。

スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou