レント君が斬る!誰も知らない家賃保証会社の有効活用法!!

賃貸物件に住もうと言う人に、今や必須になった家賃保証会社!気になる審査や詳しい実態も?知って得する情報発信!!

賃貸保証会社は審査時に勤務先へ電話する!気になる在籍確認の対処方法!

   

賃貸保証会社の審査は申込者本人へ電話連絡を入れるケースと、書類(入居申込書)のみで行われる審査の二通りのパターンがあります。

各賃貸保証会社によって審査方法は異なりますし、基本的に電話連絡をいれない賃貸保証会社でも、時には審査電話を入れると言う、意外な行動に出たりしますので一概にも言い難い面が多々あります。

正直、書類審査のみの方が審査時間が早いので、入居者にとってはありがたいんですけどね。

こればかりは申込者側でなんとも調整が効かない話しになってしまうので、賃貸保証会社へどうなるか委ねるしかないでしょう!

今回は、賃貸保証会社の審査時に行われる『在籍確認』をピックアップしてみました。

意外にも審査を受けらる方で在籍確認の認識は薄いです。

お部屋探しをまかしている不動産賃貸業者でさえ考えが一緒です。

そう言う事から、どのようにして賃貸保証会社は気になる在籍確認をしているのか?

しっかりと紐解いていきたいと思います!

何故?賃貸保証会社は在籍確認を取りたがる?

ここで言う在籍確認とは?

ざっくり言うと、申込者の勤務先へ賃貸保証会社が電話連絡をいれて、その人が本当にそこで働いているか?どうか?を調べる審査行為です。

賃貸保証会社も無職の人を保証するのと、働いて毎月収入を得ている人を保証するのとでは、その後が全然違ってきますからね!

又、申込者の勤務先へ賃貸保証会社が在籍確認をしてみたら『申込者が既に退職している!』なんて事もまんざらではありません。

賃貸保証会社にとって、在籍確認はその後の保証を大きく左右させます。

審査の中でも最重要ポイントになっているのは間違いないでしょう!

賃貸保証会社の在籍確認方法は名前を名乗らない!

自分の勤務先に賃貸保証会社から審査の電話連絡が入ってきた!

なんとも、あまり嬉しくない事ですよね。

そして、賃貸保証会社から余計な事を言われて勤務先から嫌な目で見られるのも、、、。

そんな中、気になるのは賃貸保証会社が在籍確認時に何と言って勤務先に電話連絡をしてくるのか?ですよね!

いきなり、『賃貸保証会社ですけど○○さんいますか?』

と聞かれるのも何だか気が引けますよね。

しかし、ここは賃貸保証会社も多少なりとも気をきかせているのが現状です。

具体的な方法として基本的に賃貸保証会社は名前を名乗らない方法で連絡をしてきます。

『山田と言いますが、○○さんいますか?』

って感じのイメージですかね。

在籍確認時に電話連絡を本人がとらなくとも問題無し!

賃貸保証会社から自身の勤務先へ審査時にいきなりかかってくる電話連絡。

時間指定もできないので予測はできません!

そんな中、電話連絡に対して本人が電話に出れなくても問題ないのでしょうか?

答えは『大丈夫です!!』

賃貸保証会社の在籍確認はあくまでも申込者がその職場にいるか?どうか?の確認が取れれば問題ないのです。

こんな例があります、、、。

『○○は今、外出しております。』

と事務員さんが電話に出られて、賃貸保証会社へ伝えてくれるだけでOK!なんです!

 

賃貸保証会社より在籍確認を取られないようにする方法!

自分が働いている勤務先へいきなり賃貸保証会社から電話連絡が入るというのも、何だか気がひける方もいらっしゃいますよね!

電話に出てもらった方。仮にここでは事務員さんとしますが、『○○さんへ変な電話がかかってきた!』なんて不信感を抱かれるのも嫌です。

しかしながら、どうにか賃貸保証会社より電話連絡をかけさせない方法はあるのでしょうか?

『実は一つだけあるんです!!』

それは『社会保険証』を本人確認書類として審査時に提出する方法です。

社会保険証は言わずと知れた保険証で働いている勤務先からもらえます。

企業だって自分の社員でもなんでもない方へ社会保険証は発行しません!

そう言った意味では

『社会保険証を持っている=職場の社員』

と言う意味あいが成立しますので、賃貸保証会社はわざわざ在籍確認を入れなくとも、確認ができちゃうって流れです。

『賃貸保証会社から在籍確認を入れてほしくない!!』

って方は社会保険証を有効活用しましょう!

まとめ

賃貸保証会社の審査時で意外な落とし穴になりうる『在籍確認』

中には職場に連絡をされた事で、社内で肩身の狭い思いをした!なんて方が実際にたくさんいます。

しかし、賃貸保証会社からしてみれば勤務先への在籍確認は審査の生命線でもあります。

虚偽も多いからと、しっかりと勤務先の在籍確認を取るケースも増えています。

どうしても勤務先へ電話連絡をいれてほしくない場合は、『社会保険証』を常備しておき賃貸保証会社の審査時に有効活用しちゃいましょう!

 

 

カードローン

 - 家賃保証