フリマアプリでお部屋の貸し借り?そこに潜む危険な罠!!

引越し 料金

最近、賃貸市場の中にも変化が出始めてきました。

お部屋の貸し借りなんかがその例です。

個人向けに商品やサービスを提供し、直接取引を可能にするスマートフォン用アプリ『フリマアプリ』。

この場で賃貸住宅の借主が家主に無断で居室を転貸する事例が相次いでいるようです。

【転貸】

所有者(A)から目的物を借りた賃借人(B)が、それを第三者(転借人、(C))に使用収益させることをいう。

引用:http://www.rewords.net/description/0000002065.html

又貸しなんてことも言われますがこれは賃貸借契約上、完全NGです!!

法的にも発覚すれば、それを理由に契約解除なんて事にもなりかねない重大問題なんですね。

しかも、本名を明かさず匿名でサービスを利用できるため、提供者である人と利用者ともに本人確認がなされるまま取引されているようです。

いわゆる手軽感も受けてる様子、、、。

しかも若年層が転貸が違法行為とわからず活用する実態が多くあるようですね。

今回はこの問題について紐解いていきたいと思います!!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

フリマアプリ「アッテ」が無断転貸の温床になっている!

フリマアプリ大手のメルカリグループ(東京都港区)が提供している『アッテ』に登録された賃貸物件から無断転貸と思われる案件が続出しているようです。

http://www.mercariatte.com/jp/

1ヶ月の短期入居や1日単位の宿泊募集も掲載されている事から、運用案件も満たさない民泊案件を匂わせる募集もある始末、、、。

参考:民泊はどうなった?現状の民泊事情をまとめてみました!

民泊なんて言葉は今、ちょくちょく聞くようになりましたよね!

これに似た行為がフリマアプリで行われているなんて驚きです。

しかし、民泊を運営するには所定の細かい手続きが必要です。

手軽に利用できる点が受けている!

この『アッテ』での取引は入居に至るまでの契約手続きが手軽に出来てしまうという点です。

アプリの利用登録は偽名も認められてい名前の登録とメールアドレスを打ち込むだけで完了します。

そして、入居契約時に本人確認が義務付けられていないため、身分を明かさないまま利用することが可能なのです。

利用者の大半は若い日本人!

この無断転貸問題を引き起こしている多くが日本人の若い人との事。

そして転貸された物件を利用しているのも日本人が中心になっているようです。

これまでは米国のAirbnbなどの民泊サイト利用者が外国人観光客であり、トラブルへ発展するケースも外国人利用者が関わるものが大半でした。

このような状況から、かなり賃貸契約に関する様子が変わってきていると言う事がわかると思います。

『アッテ』は世間に受け入れられる入居募集方法となるか?

無駄金を使わずにメリットを他人と共有するシェアリングエコノミーを体現する姿は今後はもっと受け入れられるサービスになりそうですよね。

確かに、今の消費者ニーズに大きくあてはまる事も多いと思います。

入居希望者と直接取引できる新たな賃貸物件募集方法として拡大する可能性は大きく秘められているでしょう。

今後の新たなお部屋探しの一つになってくるかもしれません!!

要注目です!

参考:物件オーナーと直接賃貸借契約ができる「ウチコミ!」で不動産仲介手数料が0円に!!

スポンサーリンク
tainoukaisyou

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
tainoukaisyou